プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[画像を見る]
 雪?毛玉?ケサランパサラン? いいえ違います。これ石なんです。
 その形状から「ラビットテール(ウサギの尻尾)」とも呼ばれているオケナイトは、正真正銘の鉱物である。なのでうっかりモフろうとすると、ふんわり感は味わえないかもしれないが、硬めのビロードっぽい感覚が味わえるという。
 オケナイトの名前の由来は、ドイツの自然研究家ローレンツ・オケンL.Ocken(1779-1851)にちなんだものだ。細いガラス状の繊維が放射状に伸びたオケナイトは、まるでウサギの尻尾のような、毛玉のような、綿のボールのようなクラスターを作る。これは「コットンボール・クラスター」と呼ばれている。
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
 オケナイトは火山性の小型の晶洞(空洞)の内側を覆うように密集しクラスターを形成する。その為、玄武岩の産地であるインドのデカン高原など、一定の条件が整っている場所でしか産出されない。また、産出されるときは、魚眼石、ギロル石、沸石などが一緒にくっついている。
 貝にはいった真珠みたいだ。しかもたくさん入っててふわっふわした感じ?
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
 産業用に利用されることはないが、装飾用あるいはパワーストーンとして珍重されているという。ネット上では様々なタイプのオケナイトが販売されている。どうせ買うなら真ん丸のやつがいいよな。
 いったいどんな触感なのかすごく触ってみたいのだが、オケナイトは汚れを吸収しやすいため、あまり触ると黄色く変色したり、つやがなくなったりするという。なのでモフリたい衝動は控えめにした方がよさそうだ。
[画像を見る]オケナイト・パフ32
[動画を見る]
6" FineWhite GOOSECREEKITE Crystals w/Cottonball OKENITE in GEODE India for sale

【でもこれ石なんです。ケサランパサランみたいなモッフモフな鉱物「オケナイト」】を全て見るfullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8643-e909e158

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。