プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 この度発表されたイギリス国民保健サービス(NHS)の新ガイドラインにより、75歳以上の高齢者や癌、認知症、心疾患、深刻な肺疾患などの末期患者に対して、病院側があらかじめ終末期のプランを用意するよう促された。
 そこには、”蘇生措置” が必要なのか、不要なのか、事前に医師が同意確認することも盛り込まれている。NHSによれば、新ガイドラインは患者の終末期ケアを向上することを目的としているそうだが、医療の専門家の話では「ずうずうしいまでの誤り」であり、高齢者の患者に自分が「消される」との印象を与える恐れがあるという。
 ある専門家は、同ガイドラインについて「自殺幇助を促しているようなものだ」。と述べている。
 「何がずうずうしいかと言えば、高齢者に対し、病気になる前からすでに ”蘇生措置不要” 指示への同意を求めようとしていることです。まったく健康な人や軽い病気でしかない人には、不適当なことこの上ありません」。このガイドラインに反対するパトリック・プリチーノ教授は語る。
 保健政策アナリストで、NHSトラストの元議長でもあったロイ・リリー氏は、「高齢者の人々に自分たちにかかずらわっている暇などないとの印象を与えかねません。まるで、『老い先短いのだから、死にたい方法を考えておけよ』。とでも言っているかのようです」と話している。
 ペイシェント・コンサーンのロジャー・ゴス氏は、「最高の医療は受けられないのかと意気消沈する人だって出てきますよ。そうした人には、これがNHSのコストカットにしか映らないでしょう」と語る。
[画像を見る]
 “蘇生措置不要” 指示は、延命をしてもほとんど効果が望めない患者の不要な苦痛を終わらせることが本来の目的だ。蘇生措置は身体への負担が大きく、肋骨や内臓に損傷を与えることもある。医師の推定では、10~15パーセントの患者が息を吹き返すが、中には恒久的な脳障害を負う者もいる。
 しかし、まだ数年は生きれる可能性があるのにそのような決断を求めれば、NHSが患者を消そうとしているという懸念が生じるのも致し方ない。
 
 現在、イギリスの一部の地域では、75歳以上の患者、あるいは長期的な病を患う患者に対して、看護師が事前に電話で ”蘇生についての意向” を確認することがある。だが、機械的に実施される意思確認にショックを受ける患者もいるようだ。
[画像を見る]
 サウス・イーストで看護師をするある女性が、心疾患のある義兄が病院の予約をした直後に連絡をうけた状況について、次のように語ってくれた。…fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8606-889971a2

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。