プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 4月29日、アメリカ食品医薬局が外科手術を受けなくとも二重顎を解消してくれる新薬を承認した。この新薬はカイベラ(Kybella)といい、注射することで顎下の脂肪を分解するものだ。開発した製薬会社によれば、6月から販売する予定だそうだ。
 現時点で二重アゴを解消しようと思えば、手術で切除するか、吸い出すしか方法がない。しかし、このカイベラなら、皮膚科の診察室で注射をしてもらうだけで、素晴らしい成果を上げることができる。
 カイベラはデオキシコール酸という、食事脂肪の分解を助けるために体内で自然に生成される胆汁酸の一種から作られている。これは脂肪細胞の膜を破壊し、破裂させる。破壊された脂肪細胞の残骸は体内に吸収されてしまうため、一度分解された脂肪が再び元に戻ることはない。
[画像を見る]

via:二重アゴ治療薬カイベラ(Kybella)

 新薬の効果を示すために、開発に携わったスーザン・ウェインクル博士は、患者の顎の下の最も脂肪が付着している部分に格子状の小さな点を描き、各点毎に0.2cm3のカイベラを注射した。施術の前にあらかじめ氷で軽く冷やす必要があるが、注射はわずか5分程度で終わる作業だ。その後、回復までに2、3日かかるが、包帯などを巻く必要はない。
[画像を見る]
 新薬の開発にあたっては、2600人の被験者を対象に19回の治験が行われた。そのため、業界では数年前から注目されていたらしいが、ようやく発売までこぎ着けたというわけだ。
[画像を見る]
 二重顎で悩む人にとっては非常に有望な選択肢となるだろ。だが、これは万人にとっての特効薬というわけではない。顎や首の下に過剰な皮膚がある人には効果を発揮しない。なぜならそれは脂肪ではなく、皮膚のたるみの問題だからだ。また、副作用として、一時的にあざ、腫れ、一時的な痺れが現れることもあるが、いずれは消えるという。
 アメリカでは保険の対象とならないので、費用面も気になるところだ。治験では、十分な効果を上げるまで1ヶ月に1回の注射を6ヶ月間続ける患者もおり、費用も人によって大きな差が出るかもしれない。
 二重アゴ以外にも三段腹、二の腕など、他の部位に試してみたい方も当然いるだろう。だが、その場合、大量のカイベラが必要となるため、従来の、脂肪吸引法をはじめとする美容外科法の方が効率的なのだという。
[動画を見る]
FDA Approves Double-Chin Eliminator Injection

via:abcnews・原文翻訳:hiroching

 皴とりならボトックス、法令線や目の下のくぼみを隠すにはヒアルロン酸など、美容整形業界においては注射だけで治療するプチ整形なるものがもはや一般化しているが、カイベラもそのラインナップに加わることとなるようだ。
 若返りの施術に関していえば、幹細胞注射などの再生医療技術も期待されている。もうしばらくしたら注射だけで見た目27歳、実年齢は54歳とかいう荒木飛呂彦先生のような人が続出するのかもしれない。

【注射だけで二重アゴがすっきり一重に!二重アゴ治療薬「カイベラ」をアメリカ食品医薬局が承認】を全て見るfullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8593-352cea83

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。