プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[画像を見る]
 
 2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロの報復として開始されたアフガニスタン紛争は、その後13年以上の長きに渡って繰り広げられた。公式には2014年12月28日に終結したとはいえ、それまでにあまりにも多くの血が流された。戦死者の数は米軍では2200名、他国でも3500名に上っている。
 だが、悲しいことに最も大きな影響を受けたのはアフガニスタンで暮らす一般の人々で、21000名もの命が戦闘で失われたと推定されている。
 こうした戦争の恐怖と暴虐の最中にあって、人々の心に美と人間らしさと希望を与えてくれた存在がある。臨戦態勢にある兵士たちが心の拠り所としたのは、アフガニスタンに生きる野良犬たちだった。ここで紹介する米軍の兵士と子犬たちの写真は、人間らしい優しさで溢れている。
 
1. 子犬のアーリア
[画像を見る]
 この子犬は、貨物トラックの上で震えているところを発見された。怯えた声犬を見つけた兵士たちはウール製の帽子に入れて、面倒を見ることにした。アーリヤと名付けられたこの子は、たちまち兵士たちを魅了することになる。
 「みんなに笑顔を取り戻してくれたんだ」とある兵士は語る。彼はアーリヤを残して帰国した寂しさから、「美人をアメリカに連れ帰るため」に支援団体パピー・レスキュー・ミッションを頼った。そして、2012年、ニューヨークにて無事再会を果たすことになる。
2. 子犬のスモーク
[画像を見る]
 ドニー・エスリンガー上等兵は、2011年8月にタバコ数本でスモークを”購入”した。しかし、同年9月24日に迫撃砲によって重傷を負ってしまい、これが元で帰国を余儀なくされる。彼の上司は、パピー・レスキュー・ミッションに連絡し、エスリンガー上等兵をはじめとする兵士と犬との絆を訴えた。「スモークは部下たちに自分たちの状況を忘れさてくれたんだ」と。エスリンガー上等兵とスモークはメリーランド州で再会を果たした。
3. 子犬に水を与える兵士
[画像を見る]
 ブライス・ターナー工兵が喉の乾いた2匹の犬に水を与えるこの場面は、2011年4月に撮影された。2匹はジャラーラーバード付近の監視基地で飼われていた。
4. バッグの中の子犬
[画像を見る]
 この可愛らしい子犬はマルジャの街でアメリカ海兵隊と出会い、そこから長い道のりを歩いてきた。放っておけなくなった兵士は、その後ずっとバッグの中に入れて移動した。…fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8584-bec23650

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。