プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 心理学や医学を専門に学んだことのない人間の多くは、双極性障害や統合失調症、うつ病などの精神疾患に関する知識を、テレビや新聞、映画などのマスメディアを主な情報源としていることが研究によって明らかになった。
 そこで問題となってくるのは、多くの場合、マスメディアによる精神疾患の描写がネガティブであったり、型にはまっていたり、ひどい場合は完全に間違っていたりする点である。
  この問題の研究にあたった、米カリフォルニア大学バークレー校心理学科のスティーブン・ヒンショー教授は、「最も悪いステレオタイプは、精神疾患を持つ人間は無能でだらしない、危険である、評価に値しないといったものである。こうした描写が、“彼ら”と“我ら”は違うのだという意識を潜在的に人々に植え付けているのだ」。と話す。
 時とともに、メディアの側も間違った精神疾患の描写に留意するようになってきている。例えば2013年には、AP通信の「スタイルブック」(用語ハンドブック)に、精神疾患に関するページが追加された。
 また、近年の映画やドラマの脚本家は、正しい知識に基づき、人間味あふれる精神疾患患者のキャラクターを作り上げる努力をしている。その良い例が、映画『世界にひとつのプレイブック』でブラッドリー・クーパーが演じ、アカデミー主演男優賞にノミネートされた双極性障害のパットや、ドラマシリーズ『HOMELAND』でクレア・デーンズ扮する同じく双極性障害のキャリーなどだ。
[画像を見る]
 とはいえ、まだまだ精神疾患患者のリアルな苦闘や困難に関する描写は十分に足りないとヒンショー教授はいう。さらに、現実の精神医学は日々進歩しているにもかかわらず、メディアでは相変わらず昔からの偏見に満ちた精神病のイメージが横行していると、米ハートフォード大学心理学教授のオットー・ワール博士は指摘する。
 メディアが伝える精神疾患の誤ったステレオタイプには次のようなものがある。
1. 精神疾患を持つ者の多くは犯罪者または暴力的である
 研究によれば、精神疾患患者が犯罪を犯す確率は健常者よりも低いうえに、実際はむしろ犯罪の被害者になりやすいという。しかし、「罪のない一般人が精神を病む犯人の暴力犯罪の犠牲になる」といった事件は、ことさらセンセーショナルかつ過剰に報道される傾向がある。
 この傾向はフィクションでも同様で、米ノースカロライナ大学のドン・ディーフェンバック教授によれば、アメリカのプライムタイムのテレビドラマにおいては、精神疾患を持つキャラクターが犯罪を犯す確率は、そうでないキャラクターの10倍にのぼるが、これは、実際の精神疾患患者が暴力犯罪を犯す確率の10~20倍の高い数字になるという。…fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8577-c73c36e8

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。