プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 また虫の話をしちゃうよ。
 ペルーのアマゾンでユーモラスな動きをする謎の虫が発見された。4本の触手状の付属器を背中からキシャーン!と突き出すのだ。ホーンド・スパンワームの仲間と思わしきこのイモムシは、大きな音に反応して糸状の突起を突き出す。「きゃあもうやめて~!」と主張しているようでかわいくって面白いんだから。
[動画を見る]
Crazy Tentacled Caterpillar in Tambopata, Peru
 発見したのはレインフォレスト・エクスペディションズ社に勤務する昆虫学者、アーロン・ポメランツ氏で、ペルー東部のタンボパタ研究センター付近の30mの木の上でこのクリーチャーと出会った。最初は小枝のように見えたという。通常時は危険に備えるかのように”触手”をバネのように巻いている。だが、振動を感知すると外へ向かって4本のフィラメントを一気に広げる。
 振動を感知すると
[画像を見る]
 キシャーンと4本の触手めいたものを伸ばす
[画像を見る]
 昆虫の研究に生涯を捧げてきたというポメランツ氏だが、このようなクリーチャーを見たのは初めてだという。 このイモムシの反応を初めてみたとき、「おいおい、マジかよ!こいつ、背中に触手が生えてやがるぜ!」、とそりゃもう胸が高鳴ったそうだ。
 音や振動が、触手を様々な方向に広げるトリガーであり、発射後はゆっくりと元のバネ状の”準備”位置へと戻って、次の危険信号に備える。
[画像を見る]
 
 「まったくもって奇妙なことこの上ない。『おい見てくれ!』と、仲間を呼ぼうと叫ぶと、その声音で、突然このちっちゃいのがピューってやるんですよ」。と、うれしそなポメランツ氏。
 イモムシには耳がないが、敏感な体毛で空気の振動を感知することができる。この音に対する反応は実に目新しく、ポメランツ氏の仲間は交互に叫びながら1時間もビデオ撮影を続けたそうだ。
 防衛反応である可能性も高いが、捕食者をギョッとさせる以外にどんな効果があるのか?その行動原理を解明するのは難しい。
 ポメランツ氏自身は、イモムシ芋虫の正体が北アメリカや新熱帯区で見られるシャクガ科ネマトカムパ属(Nematocampa)のホーンド・スパンワームの一種ではないかと睨んでいる。
[画像を見る]
発見された場所はペルー東部のタンボパタ研究センター付近だ
 アメリカへの帰国後に行った調査の結果、イモムシのこうした行動は既知のものであることが判明した。…fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8576-3d3d5c3a

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。