プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 今月28日、ネパールを襲った大地震は、甚大なる被害をもたらしており死者は10,000人を超える可能性があり、懸命なる救助活動が続いている。別の側面で見ると、この地震は、地球上の陸塊が今まさにこの瞬間、新たなる超大陸を形成中であることを浮き彫りにしているのだという。ネパール大地震はプレートの移動が破壊的になる例だと研究者は語る。
 これは被災地へ飛んでインド・プレートとユーラシア・プレートが一緒に移動する様子を調査した研究者の発言で明らかになったものだ。研究者たちは新技術を利用して、これまでとは様相が全く異なっているであろう今後数千万年単位の変化を調査し始めている。
 アメイジア大陸と呼ばれる超大陸が形成中であるという学説は新しいものではない。だが、カーティン大学の地質学者、李正祥博士は、インド・プレートがすでにユーラシア・プレートに接触しているにも関わらず、毎年数cmほど北へ移動を続け、地殻活動を起こしているという事実を現地で確認した。
[画像を見る]
 そして、他の大陸もまたお互いに接近しつつある。太平洋は毎年数cmずつ狭くなり、やがてアメリカ大陸はユーラシア大陸に衝突するだろうし、オーストラリア大陸もアジアへ向かって毎年7cmずつ移動しており、最終的にはアメイジア大陸の一部となる。
[画像を見る]
 「新超大陸が完成するには、少なくとも数千万年か、ひょっとしたら数億年がかかるでしょう」と李博士。
 高解像度断層撮像法および地理情報システムという新技法と、演算能力の向上したコンピューターが、この大陸の変化を前代未聞の方法で追跡することを可能とした。例えば、こうした変化とかつて存在した超大陸、ロディニア大陸やパンゲア大陸との比較など、地球表面の現在のプレート理論とマントル深奥のプロセスや太古の地質データを結びつけることができる。
 新超大陸が形成される正確な場所については、いくつかの説が提唱されている。アフリカの周辺とする説がある一方で、2012年にはイェール大学の研究者が北極が中心とする説を発表している。この研究によれば、南北アメリカは1つに融合し、カリブ海と北極海が消失する。さらに、アジアがこの融合したアメリカに加わるという。こうした変化は5千万~2億年のうちに起こるようだ。
[画像を見る]
 下の地図からはネパールがインドとアジアの境界に位置することが分かる。ここでは2つのプレートが衝突し、一方の中へめり込み続けている。…fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8565-1c2d1cd0

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。