プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 エンバーミングとは、遺体の各部をプラスチックやほかの物質と取り換えて、防腐処理をすることだ。かつてのソ連の指導者であったウラジーミル・レーニン(1870年4月22日 – 1924年1月21日)に施された、驚くべききめ細やかな防腐処理及び保存方法の詳細が、科学者たちによって公表された。
[画像を見る]
死後直後のレーニン
 ウラジミール・レーニンが没後、今年で91年になる。しかし、これだけ長い年月がたっているというのに、彼の遺体はまるで生きているように見える。
 これは、ロシアが研究に研究を重ねたエンバーミング技術のおかげだ。100年にも渡る試行錯誤の結果、実社会の医学の応用にも貢献できる技術を生むことができたと、科学者たちは誇らしげに語る。
[画像を見る]
1918年に撮影されたレーニン
 レーニンは、1924年1月21日、脳梗塞により亡くなったとされている。享年53歳。レーニンの遺体は、死後ほどなく保存処理された後、モスクワのレーニン廟に永久展示されていた。その遺体保存手段については長らく不明のままで、「剥製である」という説や「蝋人形ではないか」という説も語られていた。
 この作業を行ったのは、マウソロス(霊廟)として知られるチームで、ピーク時には、200人もの科学者がレーニンの遺体保存に関わっていた。雑誌『サイエンティフィック・アメリカン』の詳細報告によると、ロシア人は、遺体の生物学的組織というより、形状や体重、色、弾力性に重きを置くことを好むらしい。
[画像を見る]
まるで眠っているかのように見えるレーニンの遺体
 カリフォルニア大バークレー校の社会人類学教授アレクセイ・ユルチャクは、皮膚など体の各部分をプラスチックやほかの物質に取り換える必要があるが、昔のミイラ作りとは劇的に違うという。
 レーニンの遺体は、ソ連崩壊後、モスクワの赤の広場にある霊廟で、20年以上一般公開されていたが、今年、赤の広場は閉鎖された。レーニンの生誕145周年記念の遺体公開に向けて、科学者たちが準備をするためだ。
 ユルチャクの著書には、レーニンの顔にできたカビのしみをとるのによく行われた軽い漂白のやり方が書かれている。この漂白作業に携わったイリヤ・ズバルスキーによると、もし、レーニンの頬にできたしみが取れないと、殺されかねないと恐れる風潮が科学者の間にあったようだ。
 レーニンの肌の状態は、毎週きちんと調べられている。…fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8547-4e31483a

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。