プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[画像を見る]
 南米ペルー北部のトゥンベス・カレタラ・クルスで、今月18日、横幅8メートル、重さ1トン以上の-巨大なエイが捕獲されたそうだ。漁師たちが自作の小型木製のボートに乗っていたところたまたま発見したそうで、あまりの巨大さにびっくりしたそうだ。
[動画を見る]
A ray weighng more than one ton was caught by accident in Peru
 このエイはオニイトマキエイ(マンタ)だそうで、あまりの大きさに、捕獲時、漁師らの小型の舟は転覆するほどに揺れたそうだが、なんとかこのエイを捕まえ浜辺に上げたという。
[画像を見る]
[画像を見る]
 浜辺にあげられたエイはクレーン車によって引き上げられていった。エイを捕獲したフランコ・ヴェルガラ氏は、この周辺でよく漁をしていたが、こんなに大きなエイは生まれた初めて見たとのこと。
 このエイは網が複雑に絡まってしまったのでリリースすることはできなかったそうだ。ちなみに下に飛び出ているのは生殖器ではなく総排泄腔のようだ。
[画像を見る]
[画像を見る]
 このエイの引き上げから数日後、ペルーのとなり、チリでは、54年ぶりにカルブコ火山が大噴火するという自然現象があったわけだが、何か関連性があるのだろうか?
●オニイトマキエイとは?
マンタの愛称で知られるオニイトマキエイは、熱帯の海のごく表層を遊泳し、泳ぎながらプランクトンを食べる。毒針は無い。平均的な個体では、3メートル~5メートル だが、8メートルに達することもある。これまでの記録では9.144メートルのものが最大だ。
via:metro

【お、おおきいです・・・幅8メートル、体重1トン超えの巨大エイが水揚げされる(ペルー)】を全て見るfullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8545-8888cb85

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。