プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 米ミネソタ州にあるリングブロムステン老人福祉施設には小さな天使がいる。この施設にいるおじいちゃんやおばあちゃんは、この小さな犬が神様からの授かりものだと確信して疑わない。
 ティーカップ・プードルのナラさん(メス)は、セラピー犬として訓練された訳でもないのだが、老人福祉施設に住んでいる老人たちに、笑顔と癒しを届け続けている。ナラさんは自発的に、部屋から部屋へとちょこちょこ訪ねていっては、みんなを楽しませているらしい。エレベーターだって一人(一匹)で乗れちゃうのだ。
 この施設で働いているダグ・ダウソン医師は、飼い犬であるナラさんがまだ黒いふわふわ毛玉のように小さかった頃、一緒に職場に連れてきた。すると、施設のお年寄りたちは目を細めて大喜びしたという。こんなにみんなが喜んでくれるならと、今では、毎日一緒に出勤することになった。飼い主のダグ氏が薬を配っている間に、ナラさんはみんなに愛情を処方しているようだ。
[動画を見る]
This teacup poodle rides elevators to visit friends
 ちょこちょこちょこ。施設に出勤したナラさんは自ら動き出す。そしてエレベーターに乗り込む。行先は全て自分で決めているという。
[画像を見る]
 職員A:「彼女はあなたに会いに来たのね、ほら来た来た。」
 住民A:「私はこの子が来てくれるって知ってたわ。私の可愛い小さな娘だもの。」
[画像を見る]
 ナラは、この施設全体を訪れているようだ。どうやら、この施設の誰もが彼女を必要としているようである。そして、これからもずっとそれは変わらない。
 職員A:「さあて、お次はどこかな?」
[画像を見る]
 飼い主であるダグ・ダウソン医師は、ほとんどナラさんを見かける事がないという。たまに廊下ですれ違う程度だ。その間ナラさんが何をしているかと言えば、愛情を処方して回っているのだ。
 ダウソン医師:「彼女を床に放してみると、アルツハイマーの患者さんを見定めて近寄って行ったりする。彼女には、病気の人を見分ける能力があるようだ。」
 彼女は自分のスケジュールを自身で管理しており、いつ、どこへ、行くかを決めている。「自分で(エレベーターの)ボタンを押せるものなら、押しているところだろうね」。ダウソン医師は語る。ナラさんは、右に行くべきか左に行くべきか、ナラには解っているのだ。
[画像を見る]
 だが驚くことにナラさんは、一度だってセラピードックとしての訓練を受けたことがない。…fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8537-4a57f464

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。