プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 現在、インドの小さな村に「神が降臨した」として人々から崇められている赤ん坊がいる。というのも、その赤ん坊は4本の腕と4本の足を持ち、ヒンドゥー教の神である「ガネーシャ」に瓜二つだったようなのだ。

 今月23日、英国の複数メディアが伝えたところによると、話題の赤ん坊はDumri-Isriという村で生まれた。まだ名前すらない、生まれて間もない男の子だが、誕生日や健康状態など詳しいことは報じられていない。

 しかし、噂を聞きつけ「再来したガネーシャの姿をひと目拝みたい」とする熱心なヒンドゥー教徒たち数千人が、一気に村へと押しかける事態へと発展し、地元は祝祭ムードで大騒ぎとなっている模様。約120km離れた場所からやってきた男性(72)は、地元メディアの取材に対して、次のように答えている。

「最初写真を見た時、加工された画像だろうと思いましたよ。でも友人が実際に現地で赤ん坊に会って確認してきたため、現実なのだと確信し、私もすぐに会いに行くことにしました」

 ちなみに、ガネーシャとはヒンドゥー教の神々の中でも最も有名なシンボル的存在であり、その姿はゾウの頭部、そして4本の腕と4本の足を持つとされる。

 写真を見る限り、今回の赤ん坊は結合双生児である可能性が高そうだ。これまでもインドでは結合双生児の話題が多数報じられてきたが、どのケースも、同様に新生児がヒンドゥー教の神に例えられ、人々から崇められていた。信仰の深さには感心するが、果たして周囲の大人たちは、赤ん坊の今後の人生と幸せを真剣に考えているのか、疑問に感じざるを得ない。

※画像は「YouTube」より

fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8516-cfbf0624

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。