プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 自らが住む惑星「地球」を脅かし続ける人類だが、いつの日がそれが太陽系にまで及ぶかもしれない。ここで紹介するのは、図らずも人類が、太陽系にまで深刻な被害を及ぼしてしまう11のシナリオだ。

■ 1. 粒子加速器災害
[画像を見る]
 粒子加速器から放出されたエキゾチック物質が太陽系を破壊してしまうかもしれない。CERNの大型ハドロン衝突型加速器が建設される前、衝突によって真空の泡、磁気モノポール、極小ブラックホール、あるいはストレンジ物質が生じうると、一部の科学者から懸念が寄せられた。こうした懸念は、センセーショナルな話題が欲しいだけの無知な人間が広めた”馬鹿げた噂”だとされている。
 しかし、オックスフォード大学のアンダーズ・サンドバーグ氏は、粒子加速器災害が起きる可能性は低いとしても、ストレンジ物質が放出されれば「拙いことになる」と警告している。1時間の時間尺度で変換され、0.1パーセントが放出されたと仮定すると、太陽の4200万倍の光度となるそうだ。そのほとんどが強烈なガンマ線である。

■ 2. 恒星工学プロジェクトでの事故
[画像を見る]
 恒星工学プロジェクトが太陽系を台無しにするケースもありうる。未来学者によれば、将来的に人類は恒星管理(Steller husbandry)などの恒星工学を開発するようになるらしい。ヒューストン大学のデビッド・クリスウェル氏によれば、恒星管理とは恒星の進化と特性をコントロールする試みで、延命や物質の抽出、あるいは新たに恒星を誕生させるための技術だ。
 しかし、一度事故が起きればその被害は計り知れない。地球上での地球工学プロジェクトは数々の予測不能な、しかも連鎖的な結果を招いているが、それは恒星工学プロジェクトにおいても同様だ。例えば、太陽の質量を減らし、燃焼を遅らせる試みにおいては、危険なフレアの発生や、生命を脅かすほどの光度の減少が起きるかもしれない。

■ 3. 木星改変の失敗
[画像を見る]
 木星を人工恒星に改変しようというアイデアもある。天体物理学者のマーティン・フォッグ氏は、木星の衛星をテラフォーミングする最初のステップとして、木星の恒星化を提唱した。これを実現するには、エディントン限界から外れないような完璧な精度で小型のブラックホールを作り、木星に種を撒かなくてはならない。こうすることで、「エウロパとガニメデに地球や火星のような気温を作り出すだけのエネルギー」を生み出すことができるらしい。…fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8497-8f803824

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。