プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 よく動く眉毛、頰のシワ、部屋にいる人間を見やる目など、最新技術を搭載したロボットの頭部は、不気味なほど人間じみている。
 ハンと名付けられたヒューマノイドは、香港アジアワールド・エキスポのグローバル・ソーシズ・スプリング・エレクトロニクス・ショーで展示されたものだ。豊かな表情を作り、基本的な質問に答える能力を備えるこのロボットは、医療現場でのシミュレーションをはじめとする多様な可能性を示しており、大勢の観客から注目を浴びていた。
[動画を見る]
○The many moods of humanoid Han. Seen at the Mobile Electronics show, Hong Kong
 ハンさんを開発したのは、アメリカ人ロボット設計者であり、ハンソン・ロボティクス社の創始者でもあるデビッド・ハンソン氏だ。軟体機械工学とナノ技術の結晶であるハンは、フラバーという柔軟な素材で作られており、表面にはわずか4~40ナノメートルほどの孔が開いている。特殊なソフトウェアが組み込まれているため、様々な人間の表情を認識し、自然に反応することもできる。
[画像を見る]
 ハンソン・ロボティクス社のウェブサイトによれば、ハンは実際に人の顔を見ており、アイコンタクトを図れるほか、話を理解し「機知に富んだ会話」をすることができるという。
 同社はハン以外にも人間型ロボットを製作している。ハンの初期バージョンには、豊かなヒゲと長い白髪を特徴とするアインシュタインそっくりの顔をしたものもある。これは2009年、アメリカで開催されたテクノロジー・エンターテイメント・デザイン・カンファレンスで公開されたもので、複数のモーターが口や目の周りを微妙に調整することで、表情を作ることができた。
[画像を見る]
[画像を見る]
 現在、香港はアメリカよりも低コストで新技術開発が可能な生産拠点として、ロボット工学の専門家が大勢押し寄せているところだ。
[画像を見る]

via:globaleconomicanalysis・原文翻訳:hiroching

 コメント欄にてマツコロイドについて言及しろという意見があったので、一応メンションだけしておこう。いるよ、日本にも、おっさんのヒューマノイド。
[動画を見る]
マツコロイド登場 !知ってる?生マツコとアンドロイドマツコ夢の共演

【いよいよ超飛び?不気味の谷。表情を察知し会話もできる最先端テクノロジーを駆使したヒューマノイド「ハン」さんがお披露目(米研究)】を全て見るfullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8487-83f0ff8f

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。