プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 そこに銃があるから・・・常々、武器を持っている人間はそれを使いたくなるものだと言われてきたが、銃を持つことが合法とされているアメリカの場合どうなのか?こんな研究結果が発表となった。
 新たな研究によると、成人アメリカ人のおよそ9%が、カッとしたはずみで銃に手を伸ばしたことがあるという。さらに、成人のおよそ1.5%の人が衝動的な怒りを感じることがあり、銃器類を家の外でも持ち歩いていることもわかった。
 デューク大、ハーバード大、コロンビア大の共同研究によると、怒りにかられて銃に手を伸ばす人の多くは若者か中年男性で、彼らはカッとして我を忘れると、物をぶっ壊したり、殴り合いの喧嘩をしたりすることがあるという。6挺以上の銃器を持っている者は、1~2挺の銃を持っている人に比べて、外でも銃を持ち歩き、喧嘩っ早い傾向があるという。
キレやすい人に対しての銃の抑制がなされていない
 研究を進めているのは、デューク大医学部で精神医学と行動科学を専門とするジェフリー・スワンソン教授。「精神疾患をもつ人たちに関しては、憲法で保証された人権とほかの市民の安全のバランスをとるために、これまでの法律では、自分では意識せずに犯罪を犯してしまうかもしれない精神疾患の患者には銃器は持たせないようにする措置をとってきた。しかし、精神疾患がなくても危険因子をもつ多くの個人に関しては、現行の法律が銃器を遠ざけているとは必ずしもいえない」。と語る。
[画像を見る]
研究者たちは、2000年代初めハーバード大が主動してできた国の精神疾患調査機関NSC-Rで、5563人の被験者と直接面接して得たデータを解析した。この調査で、深刻な精神疾患を抱える人と、衝動的な怒りにかられて銃に手を伸ばしたことがある人はほとんど重なることはないことがわかった。
 「銃による暴力と深刻な精神疾患は、確かに重要なふたつの要素だが、市民の安全を確保するにはそれだけでは不十分である」。とスワンソンは言う。
 キレやすい人が銃を所持した場合、人格障害、アルコール依存症、不安症、心的外傷後ストレスなどごく一般的な精神症状が原因でその危険性はぐんと高まる。一方で、おもな精神疾患である精神分裂症や躁うつ病のような障害が急性の場合はその影響はごくわずかだ。
精神疾患者よりも危険なキレやすい人
 怒りの衝動で銃に手を伸ばす人で、精神疾患や依存症で入院していたことがあったのは、10人にひとりもいなかった。…fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8461-f6335eb8

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。