プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[画像を見る]
 インド洋に浮かぶモルディブ島の海で、漁師が釣った魚を食べた。食べられる部分だけを切り落とし、残りは海へと捨てたようなのだが、その魚はまだ動いていた。
 ほぼ頭部と胸ビレ、背ビレ、腹ビレだけとなってしまった魚が海の中を泳いでいる姿がダイバーによって撮影されていたのだ。
[動画を見る]
Fish swimming without a body - Fisch ohne Korper schwimmt
 頭部とヒレだけの魚がモルディブの海の中を泳ぐ
[画像を見る]
 この後どうなったかはわからないが、見た目にはまだ生きていて、意思をもって動いているように見える。
[画像を見る]
 YOUTUBEに投稿されたこの映像は大反響を呼び、再生回数は現在180万回を突破している。魚はこのような状態でも生存可能なのだろうか?
[画像を見る]
 日本でも、一流の板前さんは「骨泳がし」というパフォーマンスをすることがある。これは、生きた魚を2枚におろし、骨と頭とヒレだけの状態にして水槽に戻して泳がせる究極の活け造なのだが、この状態でも最長で3日間は泳ぎ続けるという。
[動画を見る]
骨泳がし
 人間が手を下すまでもなく、海の中も弱肉強食は厳しいようで、他の魚に泳ぎながら食べられちゃう例もある。この映像は、イエローテイルスナッパーが他の魚に泳ぎながらオニカマスにぱっくりんちょされちゃうものなのだが、途中まではがんばって泳いでいた。
[動画を見る]
Barracuda Feeding Frenzy

【残されたのはほぼ頭だけ。それでもモルディブの海の中を泳ぎ続ける魚の姿】を全て見るfullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8426-f320970b

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。