プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[画像を見る]
 アメリカのとあるファストフード店。トレビス・サットラーはこの日ここのレジで働いていた。そこへ1人の男の子がやってきた。その子は、お金を握りしめながらソワソワしていた。ミント味のオレオ・アイスクリームが欲しいのだがお金が足りるかどうか心配していたようだ。
 持っていたお金をすべて差し出したのだが、それでも2ドルほど足りないようだ。でもどうしても食べたそう。トレビスは、ポケットに入れた自分の財布からクレジットカードを取り出すと「僕のおごりだよ」と言って、男の子にアイスクリームを買ってあげた。男の子の顔は驚きと喜びで満ち溢れていた。
 この行為がその後50倍返しとなって戻ってくることとなる。
[動画を見る]
$2 act of kindness toward little boy leads to $100 tip
 握りしめたお金を心配そうにレジで差し出す男の子
 やはり2ドルほど足りないようだ。
[画像を見る]
 その様子をずっとみていたトレビスは、自らのお財布からクレジットカードを取り出してすっと会計を済ませた。「僕のおごりだよ」。そういってアイスを渡すと、男の子の目はまん丸になって、おっきな笑顔を浮かべた。
[画像を見る]
 その笑顔を見て幸せな気分になったというトレビスだが、話はここで終わらなかった。
 30分後、その子がレジの前にふたたびやって来ると、トレビスにくしゃくしゃに丸まった手紙を渡し、その後母親と一緒に帰って行った。
 その手紙を開けてみると中には100ドル札(12000円)が!
 手紙にはこう書かれていた。
[画像を見る]
さっきはアイスクリームを買ってくれてどうもありがとう。おにいちゃんみたいにやさしい人がもっといればいいな。(スマイルマーク)
 これには驚きを隠せなかったというトレビス。トレビスはこの親子の好意をありがたくいただき、このお金は自身が通っている看護学校の学費にあてるという。
 あの男の子はトレビスの顔をいつまでも忘れないだろう。
 さらに幸せの連鎖は続く。トレビスの上司は、この出来事をとても誇りに思い、ファストフード店の役員たちはトレビスにさらにボーナスとして100ドル(12000円)を支給することを決めたという。
 また、ファストフード店では、この男の子の家族を探し出し、彼らにギフトカードを贈呈したいと発表した。すべては、小さな1つのアイスクリームから始まった純粋なる小さな親切がきっかけだ。…fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8425-9e8b3926

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。