プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 化石というと、石の表面に刻印された遥か昔に死んだ古代生物の骨というイメージがあるだろう。化石は確かに死んでいるのだが、文字通り現在でも生きている化石もいる。何百万年もその姿や特徴が変わらないまま現在まで存続している植物や動物のことだ。
 これらの生物は、わたしたちが進化の歴史、経緯を理解する助けになってくれる。これからあげる10の生き物は、長い年月変わらずに生き続けている。古風で奇妙に見えるが、実は驚くほど身近な生物かもしれない。

■ 1. ウェルウィッチア
[画像を見る]
 ナミビアの砂漠でこの植物に出くわしたら、枯れていると思うかもしれない。彼らは少なくとも中生代から生きている変わった顕花植物で、中には2000年も生きることもあるという。何枚にも見える葉は単に裂けているだけで実は2枚しかない。

■ 2. イチョウ
[画像を見る]
 扇のような形の葉をつけ、実が独特なにおいを発するこの植物は、いたるところで見られるが、実はどれくらい古くから生きているか知らないだろう。化石からすると、イチョウが最初に現れたのはジュラ紀初期の2億7000万年前頃。その頃と基本的に姿は変わっていない。

■ 3. ヌタウナギ
[画像を見る]
 有史以前の生き物は、たいてい醜いどろどろした生物が多いが、メクラウナギはそれよりは進化しているようだ。このウナギによく似た奇妙な生き物は、頭蓋はあるが脊椎がなく、3億年もその姿を変えていない。細長く、肉付きがよくぬるぬるした粘液のようなものに覆われていて醜い。

■ 4. アメリカオオサンショウウオ
[画像を見る]
 1億6100万年前のジュラ紀中期にまでさかのぼる生き物。今日もその姿をほとんど変えずに生きている。体長76センチにもなるがまったくの無害。横柄なカワウソ(snot otter)とも呼ばれている。

■ 5. ミツクリザメ
[画像を見る]
 現在でも実際に生きて泳ぎ回っているが、1億2500万年前から生きている。原始的なアオザメの仲間。筋肉や骨格の発達からすると、このサメはあまり動かないゆっくりした生活を送っていたようだ。

■ 6. インドハナガエル
[画像を見る]
 このような生き物はすぐに絶滅しそうに思われるが、この希少なカエルは1億8000年ほど前からずいぶん長いこと生きている。ほとんどを地中で過ごし、めったにお目にかかれない。鶏のような奇妙な声で鳴く。

■ 7. ペリカン
[画像を見る]
 早くから化石があることで知られていた、3000万年前から生きている生き物。…fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8424-f4b60f4e

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。