プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 20年以上も頻尿に悩んでいた62歳の男性が、病院を訪れて検査を受けた。医者は組織を採取してラボに送って詳しく調べてみたが、なにも異常は見つからない。
 医師がCTスキャンを撮ってみると、その正体が明らかとなった。なんとそこにはまるでゆで卵のような物体が潜んでいたのだ。
 62歳の男性の体内から出てきたものは、長さ10センチ、幅7.5センチ、重さ220グラムの石灰化したタンパク質だった。
[画像を見る]
 
 体内にカメラを入れてさらによく調べてみると、その塊は自由に動き、すべすべしていて、硬いゴムゴムのようなものだったという。その大きさはゆで卵よりも大きく、大きなオレンジくらいで腹膜がはがれたものだという。これが胱を圧迫し、頻尿を引き起こしているらしかった。
 これは、結腸膜の表面にある脂肪嚢である腹膜垂がよじれてはがれ、それが移動してこのような繊維状の塊ができ、時間とともに固まったので、腹腔内遊離体や腹膜ネズミと呼ばれているものだ。日本でも78歳の男性から、5センチの腹腔内遊離体を除去した記録があるが、今回のものはそれよりもはるかに大きい。
[画像を見る]
 
CTスキャン(左)で塊(赤い矢印)が膀胱(青い矢印)を圧迫しているのがわかる。右はカメラの映像。ゆで卵がはっきり映っている。
[画像を見る]
 塊が小さければ、なんの症状も現われないが、大きくなると腸や膀胱の活動を妨げ、この男性の場合のように頻尿などの影響が出る場合があるという。
 結局、手術でこの塊を取り除くと、男性の頻尿は治ったという。医者たちはこの塊を緑色のインクで染め、層の違いを見てみた。石灰化した組織に囲まれた中心部はタンパク質の繊維層になっていたという。
[画像を見る]

via:dailymail・原文翻訳:konohazuku

【人間の男性の体内に卵が宿る?20年以上頻尿に悩んでいた男性の体内から摘出されたものは!?(閲覧注意)】を全て見るfullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8420-6759ef3b

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。