プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[画像を見る]
 「世界で最も悲哀に満ちた仕事」 として海外サイトで特集されていたのは、日本のものだった。高齢化社会が進んでいる日本では、孤独死で亡くなる人は年間約3万人とも言われている。2015年のひとり暮らし高齢者は約600万人とも言われており、公営住宅 4分の1が単身高齢者である。
 特に隣家との接触のない都市部などは、誰からも看取られることなくひっそりと亡くなり、死後数日から数ヶ月(長いケースでは1年以上という事例もある)経って発見されるケースが多い。
 そんな孤独死した人の部屋を片付け、遺品処理を行うのが、「特殊清掃業者」と呼ばれる専門の業者である。腐乱した遺体は警官がすでに搬送した後であるが、汚れたままの洗い物、未開封の郵便物、数年前のカレンダーなど、主人のいなくなった部屋には生活の痕跡が生々しく残されたままだ。
 今年3月、東京の下町にあるアパートで85歳の老人の遺体が発見された。死後1ヶ月は経過していた。隣人は老人の不在には気がつかなかったという。家賃は銀行口座からの引き落としで、家族が訪問することもなかった。ようやく遺体が発見されたのは、下の階の住人から変な臭いがすると苦情があったからだ。
ゴミが散乱した部屋に湧いたハエを駆除するために、殺虫剤を散布する業者
[画像を見る]
窓にはびっしりとハエがたかっている。この部屋には85歳の老人の遺体が1ヶ月以上放置されていた。
[画像を見る]
部屋に上がる前に合掌し、供養する処理業者の増田氏。
[画像を見る]
汚れたバスルーム。処理業者は孤独死のあった部屋の清掃の専門家だ。
[画像を見る]
警察がすでに腐乱屍体を運び出した後であることが唯一の救いである
[画像を見る]
 高齢化社会が深刻化する日本では、人口の4分の1が65歳以上の高齢者で、誰にも気がつかれずに死亡する人が急増している。家族とのつながりが薄いことも、こうした事態に拍車をかける。
 こうした背景を受けて、遺体が放置されていた部屋の清掃を依頼する家族や大家が増えているそうだ。「世界でも一般的になりつつあり、この仕事も認知されてきました」と処理業者の増田氏は語る。同氏によれば、腐敗が早く進む夏になると、週に3、4回は依頼があるという。
[動画を見る]
Clean-Up Crews Called In To Japanese 'Lonely Death' Homes
取り残された腕時計と手紙。…fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8366-955cadf5

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。