プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 先月25日、「USA TODAY」をはじめとする複数の米国メディアが伝えたところによると、ルイジアナ州ニューオーリンズの動物虐待防止協会(SPCA)が、ヤギを"斬首"して遊ぶ少年グループの様子が収められた衝撃的な映像を入手、調査を開始したという。

 裏庭と思しき場所に置かれた、子ども用のプール。そこには、ロープを首にかけられ宙吊り状態となった1匹のヤギが。大きさを見る限り、まだ仔ヤギではないかと思われる。それを笑いながら取り囲む少年グループの1人が、ヤギの首めがけてナタ(もしくは日本刀?)のようなものを振り抜いた――。携帯電話で撮影されたとみられる動画は12秒と短いが、身震いするような光景だ。

 残虐な方法で平然と動物の命を奪った少年グループを罪に問うため、ルイジアナ州の動物虐待防止協会は、地元の警察やテュレーン大学のキャンパスポリスにも協力を要請。少年5人の特定と逮捕につながる情報の提供者に、約155万円を支払うとしている。

 その発表直後には、ある通りに面した家の裏庭にヤギの胴体があったという情報が寄せられ、協会職員や警察が現地に向かったものの、今回の動画と結びつく証拠は何一つ得ることができなかった模様。そして現在も捜査は継続中だ。ちなみに米国では、動物虐待の防止に取り組む一部の民間団体にも、警察と同様に容疑者を逮捕する権限が与えられている。

 命への敬意を忘れ、残虐行為それ自体を楽しむかのような今回の少年グループ。野蛮な行為を放置すれば、これがさらにエスカレートする可能性もある。国家を自称する例のテロリスト集団を真似た可能性も考えられるが、いずれにしても厳しく非難されるべきだろう。

※画像は「YouTube」より

fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8364-5289e586

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。