プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[画像を見る]
 メキシコ、ユカタン州メリダで暮らしていたマルガリータ・スアレスさんは、とにかく動物が大好きだった。毎朝家の前に立ち寄る野良犬や野良猫たちに餌を与えていた。また、外出の際は、餌入りのバッグを持ち歩き、道すがら出会った動物たちに餌をあげることもあった。
 悲しいことにスアレスさんは、先月上旬亡くなった。だがその葬儀で驚くべきことが起きた。なんと スアレスさんの遺体が安置された葬儀場に、野良犬たちがやってきたのだ。スアレスさんが何かと目にかけ、お世話をしていた犬たちだ。3月15日の葬儀当日、犬たちは霊柩車の後ろに行列まで作り、斎場へと入って行った。そして、火葬の準備が始まるまで、彼らはその場から立ち去ろうとしなかったという。
 犬だけではなく鳥も来ていたようだ
[動画を見る]
Pajarito despide a mujer en su funeral
 犬たちは悲嘆にくれた様子で、悲しげに座っていた。その様子を見た娘のパトリシア・ウルティアさんは胸が詰まる思いだったという。ウルティアさん、犬たちが自分たちにやさしくしてくれたマルガリータさんに別れを告げにきたのだと信じている。
 
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
 葬儀の最中、野良犬たちがやってきた。マルガリータさんの冥福を祈りにきたのだと気がついたスタッフの1人が中へ通すと、犬たちは大人しく彼女の棺の側に寝そべった。その後、野良犬たちは霊柩車の後ろに行列をつくって、一緒に斎場に入ってきたという。
[画像を見る]
亡くなったマルガリータ・スアレスさん(左)と娘のパトリシア・ウルティアさん
 マルガリータさんは本当に動物が大好きだった。邪険な扱いを受けていた野良犬たちにやさしく接し、自宅に招き入れ餌を与えていた。犬たちはマルガリータさんのニオイを覚えていたのだろう。そのニオイに導かれ、葬儀場へとやってきたのだろう。
 犬たちが「死」の意味を知ってるのかどうかはわからない。じっとそこで待っていれば、再びマルガリータさんに会えると思っていたのかもしれない。
 だが、犬は人と気持ちを共有できる。そこにいる人間たちの気持ちを察し、何か悲しいことが起きたということを理解したようだ。その証拠に、どの犬もみな悲しそうだ。
[画像を見る]
[画像を見る]

via:dailymail.・原文翻訳:hiroching

【野良犬だって恩を忘れない。日頃お世話をしてくれたおばあさんの葬儀にやってきた犬たち(メキシコ)】を全て見るfullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8356-842bd2a1

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。