プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 無いものねだりなのだろう。「とび色」の瞳の持ち主には、ダニエル・クレイグの吸い込まれるようなブルーアイズ、アンジェリーナ・ジョリーの艶めく瞳に憧れる人が少なくない。なにしろ、青い目をした人間は、地球上に17%しか存在しないのだから無理もない。

 自分の瞳の色を変えたければ、カラーコンタクトをするしかなかったのは過去の話。実は今、ブラウンの瞳をブルーに変える画期的なレーザー手術が話題になっている。いうなれば、「永久カラコン」みたいな感じだろう。美容整形もここまで来たかという気がしないでもないが、美への執念はだれにも止めることができないのだ。

■「どんな瞳の色でもブルーに変えられます」

 英紙「Daily Mail」電子版によると、カリフォルニアに拠点を置く「ストローマ・メディカル」社が開発したレーザー手術では、すでに37例(メキシコ人17名、コスタリカ人20名)が成功しており、生まれつきブラウンアイズの人びとがブルーの瞳を手に入れたと報じられている。

 ストローマ・メディカル社の主任技師であり会長のグレッグ・ホーマー博士は「CNN」の取材に対し「私たちは、どんな瞳の色でもブルーに変えられます。20歳から50歳までの患者さんに施術しています。コンピュータ制御されたレーザーで、椅子に腰かけたまま、ほんの20秒程度で済む手術なのです」と自信のほどを見せている。

 人間の瞳の色を決めるのは、虹彩(こうさい)の表層にあるメラニン色素の量だそうだ。この虹彩のカラーを変える手術は、メラニン色素を眼球の虹彩前層からレーザーで取り除くことが目的だ。除去された色素は、異物を取り除こうとする細胞が活発になることで、自然と体外へ排出されるという。その後、少しずつ虹彩の色が明るくなり、約2週間後にはブルーアイズが手に入る寸法だ。また、費用は5,000ドル(約60万円)ほどとされている。

■安全性に疑問の声も...

 だが、手術の安全性に対しては疑問を投げかける専門家もいる。ロンドン眼科病院のサジャ・カーン医師は「CNN」に対し「手術は、正常な涙道を詰まらせるのではないか」と懸念を示しており、アメリカの専門家たちも「この手術を受けると眼圧が高まり、緑内障を発症する危険性がある」と警鐘を鳴らす。そのため、現在までアメリカでは医療行為として承認されてはいない。

 眼のレーザー手術というと「レーシック」が有名だが、このレーシックを手掛ける「ウルトラレース」のマーク・コロキウィッツ医師は、ストローマ・メディカル社の技術とレーシックは根本的に別物と強調している。…

fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8351-22cd30da

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。