プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 脳の損傷は我々の行動や思考に様々な変化をもたらす。これまでの研究で、シリアルキラー(連続殺人者)の70%が、幼少期や思春期に頭部に大きな傷を負っていることがわかっている。また、カナダの研究では、女性受刑者の約40%に外傷性脳損傷(TBI)の病歴があり、しかもその多くが初めての犯罪を犯す前に発症していたことがわかった。
 大脳辺縁系が損傷すると、視床下部や側頭葉に影響を及ぼす。脳のこの部位はホルモン、攻撃性、感情、欲求と関わっている箇所で、ここが壊れると、まるで人格が変わったかのように、衝動的な行動を起こしたり、背徳的な思考をもってしまうのだ。
 今回は脳に腫瘍ができたことで異常行動を起こしてしまった2つのケースを見ていくことにしよう。

■ 1. 殺人者を生む腫瘍 「テキサスタワー乱射事件」
[画像を見る]
 チャールズ・ジョセフ・ホイットマンほどその短い人生のうちのほとんどを模範的な市民として過ごした人はいなかっただろう。礼儀正しく、知性的で、まじめな若者であることは誰もが認めていた。17歳のときに幼なじみの恋人と結婚し、米海兵隊では腕のたつ狙撃兵として活躍し、従軍後はオースティンにあるテキサス大学の建築学の学生となった。
 ところが、1966年7月31日夜、ホイットマンは妻と自分の母親を刺殺し、翌日、銃を満載したバッグを持って、大学構内の建物に登った。そこに向かう途中で3人を殺し、建物に入ってからは高性能ライフルで10人を殺し、33人を負傷させた。臨月の女性は腹を撃たれてお腹の中の赤ん坊が殺され、その傍らで彼女の婚約者も撃たれて死んだ。最後は、警察によってホイットマンは射殺された。
[画像を見る]
 この手の話はよく耳にするし、ホイットマンは銃を所持した若い白人男性という連続殺人魔のプロファイルに当てはまるが、彼がちょっと違うのは、妻と母親を殺した夜に、手記を残していることだ。
 “この頃、自分のことが本当にわからなくなった。自分は道理をわきまえ知的な、ごく平均的な人間のはずなのに、いつから始まったのか定かではないが、異常で不合理な数多くの考えの犠牲者になってしまった”
 “さまざまな思いの末、今夜、妻のキャシーを殺すことに決めた。彼女を心から愛している。ぼくにとっても、どんな男にとっても、彼女はできすぎた妻だ。こんなことをする明確な理由を理性的に(原文ママ)正確に特定することはできない”
 ホイットマンは自分の亡骸を検死解剖してもうらうよう望んでいた。…fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8222-78cd61e5

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。