プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 米ニューヨーク州バッファロー経営管理大学によってナルシシズムに関する研究が行われた。31年に渡って47万5000人以上の被験者からデータを集めた結果、平均して男性のほうが女性よりもナルシシストであることがわかった。年齢に関係なくあらゆる世代の男性がそうだったという。
 「ナルシシズムは、他人と良好な長期関係を築けない、非倫理的な行動、攻撃性など、さまざまな対人機能不全と結びついている。その反面、自尊心を高めたり、感情的に安定させたり、リーダーとしての才覚を示すこともある」。同大のエミリー・グリヤルヴァ博士はそう語る。
 研究者たちは、355以上の学術論文や技術マニュアルなどを調べ、統率力や権威、尊大さや自己顕示欲、特権などナルシシズムの3つの面の男女差を研究した。
[画像を見る]
 もっとも男女差があったのは特権に関することで、男性は女性よりも他人より抜きん出ていて、特権をもっていると思いたがる傾向にある。次に差があったのが統率力や権威で、女性に比べて男性は自己主張をしたがり、権力への欲求が強い。しかし、男女とも自己顕示欲については差はなく、同じように虚栄心や自己陶酔を見せる傾向にある。
 さらに、研究では1990年から2013年までの大学生のデータも集め、男女ともに時間とともに徐々にナルシストになっていく証拠はないことがわかった。
[画像を見る]
 ナルシシズムのような性格の違いは、男は、女はこうあるべきという、長い時間をかけて染みついた固定観念や期待から生まれる可能性がある。女性に年長者のリーダーシップ的役割が常に欠けている理由の一部は、女性であるということとリーダーシップの固定観念の差のせいかもしれない。
 人は子供の頃から男女の役目の違いを見たり聞いたりして学んでいることが多く、社会の固定観念や期待からはずれると反発を受けることがある。特に女性は攻撃的だったり、権威をふりかざしたりすると、手ひどく批判されることが多く、女性であるがゆえに男性よりも肩身の狭い思いをして、ナルシスト的な行動を見せることを控える。
 将来的には、こうした性差の原因となる社会的、文化的、生物学的な要素がもっと研究されることとなるだろう。
[画像を見る]

via:buffalo・原文翻訳:konohazuku

ナルシシズムとは・・・
強い自己愛のことである。一次性のナルシシズムは人格形成期の6ヶ月から6歳でしばしばみられ、発達の分離個体化期において避けられない痛みや恐怖から自己を守るための働きをする。…fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8205-5a25cee7

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。