プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 春本番まであと少し。心をはずませながらレジャーやお出かけの予定を立てている人も多いのではないだろうか。しかし、ウキウキしているのは決して私たちだけではない。数々の病原体を伝播させる「マダニ」も、春から活動期に入るのだ。

 では、あなた自身や大切なペットがマダニの餌食となってしまうと、一体どれほど凄惨な状態に置かれてしまうのだろう。マダニの数々の特徴を解説した、とあるYouTube動画を見ると、その恐ろしい様相に言葉を失ってしまう。

 まるで小豆を敷き詰めたかのように、びっしりと動物たちの身体を覆うマダニ――。人間の場合、そこまで放置してしまうことはまずないだろうが、それにしても、目にした瞬間に思わず鳥肌が立ってしまう衝撃的な光景だ。

 哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類、そして昆虫にさえも寄生するマダニ。クモに近い節足動物の仲間であり、様々な環境に適応できる強い生命力の持ち主だという。吸血の際に媒介する感染症は多岐にわたるが、特に昨年は、「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」が西日本を中心に猛威をふるい、数十人が命を落としている。現在のところ、SFTSに対するワクチンや治療薬はなく、対症療法を行うことしかできない。

 これからの季節、動物を飼っている場合はもちろんのこと、そうでない人も十分な注意が必要となる。野山に立ち入る場合は、長袖・長ズボンを着用し、虫除けスプレーを使用するなど、万全の対策を講じるべきだろう。

※画像は「YouTube」より

fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8161-aa5dc603

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。