プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 約3億年前から2億年前、世界は1つの巨大な大陸だった。だが次第に超大陸パンゲアは複数の大陸へ分裂し、それぞれの大陸もまたより小さなものへと分かれてゆく。今日、こうした地球の大陸の成り立ちについては誰もがよく知るところとなった。だが、それは海の上に浮かんだ土地に関してでしかない。

■ 10. ニュー・ムーア/サウス・タルパッティ
[画像を見る]
 インドではニュー・ムーア島、バングラデシュではサウス・タルパッティ島と呼ばれるベンガル湾の小さな岩は、1970年のボーラ・サイクロン襲来の後浮上したもので、すぐに紛争の種となった。国境を分かつハリアパンガ川河口のすぐ側にあったため、両国がその領有権を主張したのだ。
 豊富な原油が埋蔵されている可能性があり、同島をみすみす手放すわけにはいかない両国の外交協議は間もなく頓挫した。インド沿岸警備隊が島に国旗を立てるために足しげく上陸する一方で、バングラデシュ側もこれを直ぐさま撤去するといったやり取りが行われた。最終的にはインドの国境警備隊まで動員されている。

 だが、2010年に島が再び海中へ没したときには、どちらも驚きを禁じ得なかっただろう。

■ 9. グラハム島/フェルディナンデア/ユリア島
[画像を見る]
 いくつも名前があることから、この島にもまた国家間の領有権争いがあったことが伺えるはずだ。この島はシチリア海岸沖に4回(5回という説もあり)も出現と消失を繰り返しているが、1831年に4度目の浮上を果たしたときは4ヶ国が領有権を巡って火花を散らす事態に発展した。
 
 最初に領有権を主張したのはイギリスであり、国旗を立てると、ジェームズ・グラハム卿にちなみ”グラハム島”と名付けた。しかし、シチリア島の王も国旗を立てると、”フェルディナンデア”と呼び始める。1月後、フランスも国旗を携え、”ユリア島”と命名する。さらにスペインも領有権を主張するが、国旗の掲揚や呼称を決めなかったところを見ると、それほど真剣ではなかったようだ。

 フランスが国旗を立ててから間もなく、同島はまたもや海中へと沈み、6ヶ月間に渡って浴びせられたスポットライトの中から消えてしまった。それでも同島は現在水面からわずか8mの海底にあるため、いつ再浮上してもおかしくないと見られている。領有権争いを見越したイタリア政府が既にダイバーを送り、国旗を掲揚済みだ。

■ 8. ロハチャーラ島
[画像を見る]
 本リストの中では最も最近沈んだ島の1つであるロハチャーラ島は、2006年に姿を消した。…fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8137-f7570e8d

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。