プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 南米アルゼンチンでニュース番組の生放送中、偶然にもUFOの姿が見られたとして話題になっている。まずは問題の瞬間をご覧いただこう。

【その他の画像と動画はこちらから→http://tocana.jp/2015/03/post_5914.html】

 大手テレビ局「TN」で、先月28日に放送されたニュース番組。3人のナビゲーターの背後には、街の様子をリアルタイムで映し出す大きなスクリーンが設置されている。UFOの姿は、12時24分ごろ、まさにこのスクリーン上に現れた。

 画面中央左から右に向かって、スーッと滑るように曇り空を移動する謎の影。拡大して見ると、翼やプロペラの類が一切ついていないことが分かるため、鳥や航空機でないことは明らかだ。そして何よりもシルエットが、UFOの型として最も代表的な「葉巻型母船」や「円盤型UFO」に極めて近い。これは、正真正銘のUFOとみなして差し支えないだろう。

 UFO研究家のスコット・ウェアリング氏は、これは決して珍しいことではないと指摘する。彼は「世界を見渡せば、テレビカメラに偶然UFOが映り込んでしまう事例は多数存在する」として、過去にロシア国営メディア「ロシア・トゥデイ」の番組中に出現したUFOを紹介している。また、つい先日は「ペルーのテレビ局が捉えた紫色のUFO」が世界中で話題となったばかりだ。

 さて、日本で今回のようなケースはほとんど報告されていないようだが、テレビ番組の新しい楽しみ方として、"UFO探し"が広く定着することを切に願う。

※画像は「YouTube」より

fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8078-5a9e71b2

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。