プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

credit:Krisztina Tordai/from Flickr CC BY 2.0 親が子どもを殺す。これほど痛ましいことはない。子殺しの事件は、今年に入ってからだけでも5件以上が起きている。だが、ろくに報道されることもなく、すぐに忘れ去られてしまう。

「いたずらを注意したが聞かなかったから」
「言うことを聞かず、泣きやまなかったのでやった」
「イライラして払いのけた」

 これは、加害者となった親たちの言葉。たったこれだけの理由で、殴ったり首を絞めたりして命を奪ってしまう。橋の上から、子どもを川に落とした母親もいた。

「食べ物の好き嫌いが激しかったから死んだのではないか」

 食事を与えずに、3歳の娘を餓死させた19歳の母親は、そう弁明した。もちろん子育ての大変さは、経験した者でなければわからないだろう。育児に疲れ果てて、子どもとともに無理心中を遂げた例も少なくない。

 親が子を殺める現場に、派手さはない。周囲の遺族も早く忘れたいと願う。そんなことから、報道も先細りになっていくのだろう。無残な死を遂げる子どもを1人でも減らすためにも、これから紹介する子殺しの事件に目を通して頂けたらと思う。

【1、目黒5才児窒息ゴミ袋殺害】

 東京・目黒の高級住宅街、碑文谷。中でもひときわ目立つ3階建ての豪邸には、白いイタリア製の高級車が停まっていた。近所でも有名な豪邸には、夫婦と母親、13歳、3人の男の子と長女との7人が暮らしていた。

 事件が起きたのは平成24年9月2日。正午頃、夫が異変に気づいた。2階のリビングで、三男の滉史くん(5歳)が、頭と足から2枚のゴミ袋をかぶせられているのを発見したのだ。袋は粘着テープでつなぎ合わされており、滉史くんは窒息状態でぐったりしていた。すぐに病院に搬送されたが、3日後、低酸素脳症で死亡した。

 発端は事件前日の1日夜。子どもたちが遊んだおもちゃを片づけないことを、母親の重田史都(しづ、当時41歳)が叱り、ニンテンドーDSを取り上げてゴミ袋に捨てた。そして、かねてから睡眠障害に悩まされていた史都は、睡眠剤1錠と焼酎の水割りを1杯飲んで眠りについた。朝までに2度、目が覚めると、そのつど睡眠剤を服用した。

 翌2日の午前11時ごろ、史都が目を覚ますと「おかあ、DS」と言って滉史くんがすがってきた。長男と次男は手のかからない子どもだったが、滉史くんは活発でやんちゃ、聞き分けのないところも目立った。…

fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/8013-e5d74fc3

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。