プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 紫外線による日焼けのダメージは、女性にとって計り知れないものがある。若気の至りで日焼け止めを塗らず、きゃっきゃうふふを繰り返していると、経年を経てシミ、皴となり、手当たり次第にお高いクリームに手を出すも、時すでに遅し。簡単には元には戻らない。
 シミ、皴くらいならまだしも、日焼けは最悪の場合皮膚がんを引き起こすことでしられている。米イェール大学のダグラス・ブラッシュ教授らの研究によると、日中にビーチで浴びた紫外線による損傷の多くは、日没後も数時間は継続していることが判明した。同教授らによれば、メラニン細胞という皮膚細胞が太陽から吸収したエネルギーは、夜の間にDNAに伝達され、変形を引き起こすらしい。
 紫外線はシクロブタンダイマーという環状構造を作り出すことで、DNAを損傷させると考えられている。これがあると遺伝情報を適切に読むことができなくなり、細胞の機能不全を引き起こすほか、癌化することもある。
[画像を見る]
皮膚のメラニン細胞内で起きたDNAの損傷(表内ではCPD)は、紫外線の暴露が終わってからも数時間続いた。
 メラニン細胞はメラニンという色素を生成するが、これは紫外線から皮膚を守るとされてきた。皮膚のメラニンが少ない傾向にある金髪や赤毛あるいは色白の人が、太陽光による皮膚癌発生リスクが高いのはそのためだ。しかし、ブラッシュ教授の研究チームは、実はこのメラニンが夜間に起きる損傷の要因であることを突き止めた。
 同チームが実施したマウスと人間のメラニン細胞を使った実験から、太陽光からの紫外線放射によって細胞内の酵素が互いに反応しあう2つの化学物質を生み出すことが判明した。これらはエネルギーを使ってメラニン上の電子を励起する。つまり、メラニンは太陽光が持つエネルギーの一部を効果的に吸収していることを意味している。
 しかし、夜になるとメラニンはこのエネルギーをDNAヘと伝達してしまう。これが昼間に太陽によって起こるものと同じ損傷を引き起こすのだ。
[画像を見る]
太陽光は上皮に損傷(写真は角化症のもの)を与えるが、DNAにも傷を負わす

 「日の光が皮膚に当たったとき、普通なら1兆分の1秒でDNAに傷を付けます。色素を作るメラニン細胞は皮膚を守っていますが、それだけではありません。太陽光を浴びた後、数時間は皮膚で同じようなDNAの損傷が続いています。驚くべきことに、その原因はメラニンで、これが癌を引き起こす可能性もあるのです」とブラッシュ教授。…fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/7983-6214ad1f

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。