プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 刑事司法システムの高潔性は、犯罪現場の証拠分析の信用性と密接に結びついている。容疑者の有罪や無罪を証明するための誠実な取り組みがなければ、刑事司法システムの存在そのものが根底から覆されてしまう。にもかかわらず、誠意のない杜撰な捜査により、故意的な情報改ざん、情報操作が組織的に行われ、有罪が無罪となり、無罪が有罪となる場合がある。
 ここでは、FBI捜査官、スコットランドヤード、ニューヨーク警察、検視官、科学捜査班などが関与した杜撰で悪質な犯罪捜査10つのケースを見ていくことにしよう。

■ 10. 暴行殺人事件について13年間無責任に嘘をつき続けた検視官
[画像を見る]
 フレッド・ザインの学歴を見ると、ビーカーをうまく扱う人間とはとても思えない。ましてやその彼が法医学研究所で働くなどとんでもないことのはずだ。ザインはウェストヴァージニア州立大学の卒業生だが、やっとのことで化学過程をパスしただけで、ほかの教科はことごとく落第している。なぜ、これだけ不適性が明らかなのに、ザインがウェストバージニア州警察所属の化学者として、物的証拠チームのチーフの仕事に就くことができたのかまったくの謎だ。
 だからこそ、ザインが在職していた間に常習的にラボの分析結果を改ざんして、法廷で虚偽の証言をして有罪をでっちあげていた理由の説明になるのかもしれない。
 13年にも渡って、ふたつの州の検察官はえせ専門家であるザインの意見に耳を傾け、でっちあげられた証拠に疑問を抱くことはまったくなかった。これら証拠は絶対的なもので、ほかのラボも手出しができなかった。
 
 ザインの能力を鵜呑みにしたおかげで、数えきれないくらいの無実の人間がおもに暴行殺人の罪で刑務所送りになった。何人かは容疑が晴れたが、ザインの証拠によって影響を受けた事件の正確な数はもうわからない。
 わかっているだけでも、ザインの不正はとてつもない数にのぼるのは明らかだ。ウェストバージニア州だけでも、ザインの不正行為は182件になり、テキサス州の犯罪ラボに加えて、ほかの10の州でも法医学の顧問をしていたため、何百という暴行殺人の公判で虚偽の証言をしていた可能性がある。こうした不正の一掃のための費用は天文学的な数字になる。ザインの不正によって有罪になった無実の人たちへの賠償金は、ウェストバージニアだけで650万ドル、テキサス州は85万ドルにもなった。ザイン本人は、無効審理がなくなり、初めて彼の悪行の責任をとらせようとして、再審が始まる前にガンで亡くなった。…fullrss.net]]>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gyouten613.blog.fc2.com/tb.php/7928-4d641019

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。