プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今年も残りわずか。もう~いくつ寝るとお正月~、と聞こえてきそうだが、初詣の寺社はもうお決まりだろうか? 初詣というと、恋愛・健康・安産・合格など運気を上げる願い事をするわけだが、初詣の祈願では解決されない願望もある。それは「復讐したい」「悪人を成敗したい」という願いだ。

 残念ながら、社会には悪人も多い。今年「詐欺師に騙された」、「身体目当ての男に遊ばれた」、はたまたもっと深刻な事態に巻き込まれたという方もいることだろう。世にはびこる悪に復讐し、成敗したい。2014年の怨みを晴らし、清々しい2015年を迎えたい――。そのような願いを届ける行為こそが"呪い"である。

 そこで本記事では、我が国伝統の"呪術"である「丑の刻参り」について解説した上、「呪詣」が想起される、とっておきの寺社を紹介しよう。

【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2014/12/post_5473.html】

■解説「丑の刻参り」

 丑の刻参りに臨む者は、まず以下のように装うことが求められる。

・ 白い着物をまとう
・ 髪を乱す
・ 顔には白粉(おしろい)を塗る
・ 歯には鉄漿(おはぐろ)を塗る
・ 濃い口紅をつける
・ 口に櫛をくわえる
・ 頭には鉄輪をかぶり、その3つの足にローソクを立てて灯す
・ 胸に鏡を掛ける
・ 歯の高い足駄を履く

 陰陽道では昔から「丑寅」(東北)の方位が鬼門とされ、そこから鬼が侵入して来ると忌み嫌われてきた。この丑寅を時刻に置き換えると「丑の刻」(午前1時~3時ごろ)となる。その丑の刻に合わせ、寺社の古い神木に対し、憎むべき相手をかたどったワラ人形を五寸釘と金槌で打ち込むことが典型的な「丑の刻参り」の作法とされている。ただし、この行為を決して他人に見られてはならない。

■伝統的な呪術スポット

【貴船神社奥宮(京都)】

 水神である高龗神(たかおかみのかみ)を祀る神社で、縁結びの神としても信仰されている。しかし他方では、「元祖 丑の刻参り」の神社としても知られている。

 平安時代の『栄花物語』によれば、藤原頼通の病気は貴船の呪咀が原因だとされている。また、『平家物語』の「剣之巻」に登場する「宇治の橋姫」は、浮気して自分を捨てた男を呪うために貴船神社に7日間篭もった末に鬼となり、宇治川に身を投げたと言う。

 貴船神社では奥社への立入を禁止する立て札を立てているが、夜になると「丑の刻参り」を行うために藁人形と五寸釘を持って訪れる人々が後を絶たないようだ。

【八反坊神社(広島県庄原市)】

 八反坊(はったんぼう)を奉る神社。その昔、八反坊は年貢の割当てや取立てを行う公事人だったが、地主から不当な扱いを受けると取り立てを減らすなどした為、庶民からは大人気だった。

 しかし、それが気に食わず、分限者たちは八反坊に無実の罪を被せて投獄。彼を死に追いやった。生前の彼が遺した「自分に濡れ衣を着せ、投獄した役人の家が見えるところへ遺体を埋葬するように」という遺言の通りに遺体を埋葬すると、その家には不幸が続き、家系が絶えてしまったという。そして、村人は八反坊の墓の上に社を建てた。

 以来、八反坊は「護り神」であると同時に、「祟り神」としても知られるようになり、八反坊神社では「丑の刻参り」が行われるようになった。

【地主神社(京都)】

 大国主を主祭神とし、縁結びの神さまとして若い女性やカップルに人気のスポットである。しかし、ここにも「丑の刻参り」の痕跡を持つ木がある。

 ご神木である「いのり杉」は、別名「のろい杉」とも言われており、江戸時代には多くの女性たちが「丑の刻参り」を行っていたそうだ。しかし、神社の公式HPによると、「丑の刻参り」は、「そもそもは『のろい』ではなく、国土豊潤のため、丑年丑月丑日丑刻に神社の祭神が降臨される折、心願成就に詣でたのが始まり」であるとのこと。

【千代保稲荷神社(岐阜)】

 京都の伏見稲荷・愛知の豊川稲荷とともに、日本三大稲荷の一つとされる。祭神は大祖大神・稲荷大神・祖神で、商売繁盛・縁結び・合格祈願などにご利益がある。

 しかし、ここでも境内の一角に藁人形が打ちつけられる神木があるという。この神木は、「足止めの木」とも呼ばれ、行方不明になった人や、去って行った恋人などの靴下か靴を釘で打ち付けると、その人が帰ってくると伝えられる。

【浅草寺(東京・浅草)】

 ご存知、初詣で大人気の寺である。浅草寺で呪いが成就する、などあまり耳にしないが、浅草寺には悪者を成敗する神様「不動明王」が奉られている。仏法に従わない者を恐ろしい姿で脅して教え諭し、仏法に敵対する物事を力ずくで阻止し、外道に進もうとする者は引っ張ってでも内道に戻すとされる。

 魔女呪術師である筆者自身、「呪い」の依頼を受けるとこの不動明王に祈願する場合も多く、その度に成功している。本記事では守秘義務の関係から詳細は記載出来ないが、「不動明王」は非常に荒々しい神様で、予想以上の恐ろしい効果をもたらすこともある。そのため、ここでは改心不能な根っからの極悪人を呪いたい時のみ祈願する事を勧める。「男女の三角関係」や「ムカつく人がいる」程度の理由で頼んでしまうと、逆ギレされて自らの運気が低下する可能性もあるので、くれぐれもご注意いただきたい。

 さて、2015年初の「呪詣」をしたいと思える神社はあっただろうか? 最後に、ひとつ非常に重要な点を注意しておかなければならない。「人を呪わば穴二つ」である。呪いのパワーを絶対に侮ってはならない。初詣同様に我侭な祈願は却下されるし、祈願も1つに絞った方が聞き入れられる。「呪詣」は、あくまでも現実世界で他の手段による解決方法がない場合のみ、年に一度まで、対象は神様仏様も認めるであろう真の極悪人を1人に限定して行わないと、神仏に見放され、逆に呪いの邪念と自らの生き霊が我が身にも危害を及ぼしかねないのだ。あなたに何が起きようと、筆者は一切責任を負わない。

 読者の皆様にとって、清く正しい2015年となることを、心より祈願する。

(深月ユリア)

※画像は「Wikipedia」より

fullrss.net]]>
スポンサーサイト


 英国の写真家、ピーター・ソープ氏は、年末になると毎年恒例の行事がある。それは、愛犬を犬以外のものに変装させて写真をとり、それをクリスマスカードにするというものだ。
 1990年より初めて、今年で24回目となる。犬もパディーさんから2代目のラグルさんに引き継がれた。ラグルさんも高齢となってきており、おそらくこれが最後の写真となるかもしれない。
 衣装や小道具はすべて本物である。そこにはソープ氏のこだわりがある。成長した子供たちも撮影のお手伝いをする。写真を撮った後はこれをクリスマスカードとして親戚や友人、取引先などに発送する。
2014年、今年最後となるかもしれないラグルさんはネズミになった。
[画像を見る]
[画像を見る]
2013年は鳥
[画像を見る]
[画像を見る]
2012年はBah Humbug(バー ハンバグ)
[画像を見る]
2011年はペンギンとなった
[画像を見る]
2010年は羊に
[画像を見る]
2009年はクリスマスのローストターキーに
[画像を見る]
2007年はロバ
[画像を見る]
2006年はラクダ
[画像を見る]
2001年、ここからは初代パディーさん。少年聖歌隊へ
[画像を見る]
2000年、妖精となってクリスマスツリーのヘッドに
[画像を見る]
1999年、鳥となるパディーさんの舞台裏
[画像を見る]
1994年、バディーさん豚になる
[画像を見る]
1993年、子供たちとともに
[画像を見る]
1990年、真っ赤なお鼻のトナカイさん
[画像を見る]

via:peterthorpephotography

【愛犬を犬以外のものに変身させて記念撮影。これが我が家の年末行事。】を全て見るfullrss.net]]>


[チャドリントン(英国) 29日 ロイター] - 2014年も残りわずかとなった29日、デービッド・キャメロン英首相が、イングランド南部で行われたクロスカントリーに参加し、水にぬれ泥をはね上げながらコースを完走した。
黒と緑のスポーツウエアに身を包んでレースに臨んだキャメロン首相は、他の参加者とともに約1マイル(約1.6キロ)の距離を競走した。
ゴールに到着するとメダルを受け取り、サマンサ夫人とビールを楽しんだ。fullrss.net]]>


 
人間は死後、4時間から12時間の間に筋肉の硬直が始まる。それは首から始まり、四肢がありえない方向に曲がったりする。頭が硬直すると、まるで生きている人間が鳥肌がたつかのように、毛が逆立っていく。
 その後全身の細胞が最後の仕事を成し遂げ、体のメカニズムが徐々に停止する。遺体はこれ以上年をとることはないのだ。
 デンマークのオルフス大学病院の病理学協会の礼拝堂では、死者を受け入れている。服を着せ、髪をとかして、棺の中に彼らを安置すると、残された者は逝ってしまった人に最後の別れを告げることができる。
 ここでは老若男女の区別なく、皆、氷の上に横たわっている。もう彼らは気にすることもない。不運だったかもしれないが、そのときが来たから、ここにいる。この女性は自宅で亡くなっているのが発見された。解剖され、犯罪の被害者ではないことが確認されると、まもなく服を着せられ、棺の中に安置される。
[画像を見る]
[画像を見る]
 これら写真の死者たちは、あえて匿名にされている。デンマークの写真家、キャサリン・エルトマンの写真集 『死ぬことについて』 は、死者それぞれの物語ではなく、死は至るところにあるということを示そうとしている。それがこの一連の写真がとても心を打つ所以だ。
 それぞれが歩んできた人生の物語も含めて、ここまで死者に寄り添い、すべてを赤裸々に写真を撮ることで、エルトマンは、観察者、そして横たわる死者としての見る者にモルグでの居場所をつくる。
 縫合された胸、握り締める途中で止まった手、しみの浮いた頬に、自分を投影しない者がいるだろうか? 遺体袋に入れられ、最後には火葬場で炎に包まれることを考えない者がいるだろうか? 死を見つめずに、わたしたちはどうやって生をまっとうすることができるというのだろう?
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
 このプロジェクトは、わたしたちがめったに目にすることのできないものをあえて見せることによってタブーを打ち破ろうとしている。確かに死は直視しがたいものだが、同時に女性が出産で新しい命をこの世に送り出すときのように美しいものでもある。どうにも理解できない命の終わりという現実となんとか折り合いをつけ、この世界でわたしたちが生きている時間がとても貴重であること、生きている間の本当の問題を、見る人に思い出してもらいたいのだ。
 エルトマンとジャーナリストのリサ・ホーナングがこのプロジェクトを進めることができたのは、オルフス大学病院が写真撮影を許可したからだ。
 この世で絶対的に確実なことは、わたしたちは皆いつか死ぬということだ。まぎれもない事実だし、最大の疑問でもある。それは、死後になにが起こるのか誰もはっきり言えないからだ。だから、死について語ることは難しく、遺体をシーツの下に隠し、病院の地下の冷たい廊下の先にある、専用の霊安室に押し込めて、ひと目にふれないようにするのだろう。自分自身の目で見たら、どう思うだろう? 遺体はすぐに腐敗し始めるため、バラバラになりやすい。まずは冷たく硬くなり、腐り始め、しまいには生きている間にお世話になっていた骨組みだけとなる。
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
 火葬場で棺が燃やされる。花は取り除かれ、カードや写真などはそのまま一緒に巨大な窯の中で850℃で焼かれる。約1時間半ほどで遺体は灰になる。骨のかけらが焼け残っていたら、砕いて細かくされ、壺の中におさめられる。この骨壺は地中に埋められるが、灰は海に散骨されたりすることもある。
 ひとりの母親が、家族に見守られながら棺におさめられる。小さな礼拝堂で儀式が執り行われ、ここではあらゆる宗教がオーケーだ。キリスト教もイスラム教もヒンズー教も皆それぞれ独自の儀式があり、最善の方法で故人に別れを告げる。
[画像を見る]
[画像を見る]
 壁にかかっている垂れ幕にはラテン語で“ここで死者は生者を助ける”と書かれている。遺体が解剖に回され、医師が死因となった病気を特定するとき、この言葉は運搬人たちにその仕事の重要性を思い出させてくれる。解剖は死者が生前に許可を与えていなければ、遺族の同意を得て行われる。
[画像を見る]
[画像を見る]
 遺体の体には青や赤茶の死斑が出る。細胞がその役目を終えた証拠で、全身を流れなくなった血液が体の下になっているほうにたまってしみになるのだ。
 爪先につけられたラベルは、死者の重要な基本情報がしるされている。ラベルがオレンジ色なら、この遺体は救急カンパニーのファルクによって搬送されてきたことを意味し、グリーンならば、病院から運ばれてきたことを示している。いつ死亡したのか、解剖が必要かどうか、氏名と社会保障ナンバーがわかるようになっている。
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
 棺に入るときに身に着けたい服の希望がある場合もあるが、たいていは遺族が決める。なにも決まっていない場合は、礼拝堂が経帷子を提供する。腕の後ろの背中がカットされていて、横たわる死者に簡単に着せることができる。生まれたままの姿でという希望もある。
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
 遺体には毛布がかけられ、死後6時間以内に医師が、呼吸や心臓が完全に止まっているか、死斑や硬直といった臨床的な死のしるしを調べる。オルフスの礼拝堂では、赤い紐は使われることはないが、かつてはあった。万が一、死者が目覚めたら、毛布の下から助けを呼べるからだ。
 解剖のとき、死者は恥骨から喉までメスを入れられる。胸や腹の大きなうつろからあらゆる臓器が切り取られて調べられ、脳も頭蓋から取り出されて同様に調べられる。
 解剖が行われると、台や床はホースの水と洗剤できれいに洗浄される。髪を整えてもらう男性。これからシャツを着せられ、髭を剃られて棺の中に安置される。親戚にその姿を見られなくても、棺の蓋がしっかりとねじ止めされるまでは、びしっと決めておかなくなくてはならない。
[画像を見る]
[画像を見る]
 チャペルで儀式を指示するマイケル・ピーターセンは、本来ならばまだ死ぬべきではない、あまりにも若い人が棺に横たわるのを見るのは忍びないという。まだまだたくさんのことが経験できたはずだし、幼い子どもを残して旅立ったのかもしれない。だが、生まれてくるのと同じように、死はごく自然なことで、見ないふりをして素通りするわけにはいかないのだ。

via:beautifuldecay・原文翻訳:konohazuku

【死者とともに。死体安置所の遺体を記録した写真 『死ぬことについて』】を全て見るfullrss.net]]>


 ゲーム世界よりもリアルな自然のかける魔法の方が威力絶大なのかもしれない。南ヨーロッパ、バルカン半島にあるディナル・アルプス山脈で、2日間にわたる嵐と急激な気温下降により、大規模な氷化現象が起きたようだ。
 広範囲に渡りあたり一面真っ白なカチンコチン状態となり、氷と雪の重みは、最大の樹木の一部を倒すのに十分だったという。
 これらの写真は、写真家のマルコ・コロセック氏が撮影したものだ。厚い氷の層に覆われた樹木や建物は、やかんでお湯をかけたぐらいじゃ溶けそうにないレベルだ。
ホワイトチョコレートでコーティングされたかのような圧倒的氷のヴェール。
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]

via:dailymail

 夏にみたらキーンと涼しくなりそうだけど、今はなんかもう、見ただけで部屋の暖房設定あと1度か2度上げたくなる気分だ。イギリスでは30年来の寒波到来だそうで、なんかここ数年、毎年「去年より寒い」って言ってる気がするパルモだが、それが老化によるものなのか、冷え性が加速したからなのか、心の奥底が冷え込んでいるからなのか、まったくわからないでいる。

【マヒャドなのか?ブリザガなのか?どんな呪文を使ったのかはわからないが強力な魔法であることは確かなようだ。ディナル・アルプス山脈の完全凍結写真】を全て見るfullrss.net]]>

[画像を見る]
 人生を変えてしまうような極上のホットチョコレートの作り方を、パティシエのジャック・トーレスが伝授してくれるという。固形のチョコレートから作るのでちょっと手間がかかるが、手間をかけた分、これまでに飲んだこともない濃厚でビロードのような口触りなめらかなホットチョコレートができる。チョコレート好きなら一度は試してみたくなる一品。材料は日本でも簡単に手に入るものだけだ。
 食のオスカーとも称されるジェームズ・ビアード賞の受賞者でもあるジャック・トーレスは、最高級のチョコレートだけを使った菓子作りに専念するため、2000年にブルックリンに自分だけのチョコレート工場をオープンした。今では、ふたつの工場と8つの店をもち、ペパーミント、ホットファッジなどさまざまなチョコレートを販売している。
[画像を見る]■材料:(約4人分)
・60%~70%のブラックチョコレート(150g)
・コーンスターチ(小さじ1杯:3g)
・牛乳(480cc)
・生クリーム(240cc)
・脱脂粉乳(50g)

■ 1.トッピングするホイップクリームを作る
[画像を見る]
カップ1杯(アメリカンサイズ:240cc)の生クリーム(できれば動物性のもの)をボウルに入れ、それを冷凍庫へ。
シェフのコツ:砂糖を入れない生クリームは泡立てにくいが、ホイップする前に冷凍庫に入れることで簡単にホイップできて、よりおいしくなる。

■ 2.5分後、冷凍庫からボウルを取り出して泡立てる
[画像を見る]
大きな泡だて器で数分間勢いよく泡立てる。時間節約のために、泡だて器を3本使ってもいい。空気がたくさん入って、時間をかけずに手早くふわふわのホイップクリームができあがる。
[画像を見る]

■ 3.生クリームをさらによくかき混ぜる
[画像を見る]
泡立てたあとに尖った山が立ち上がり、ゆっくり崩れるくらいの柔らかさになるまで撹拌する。マシュマロのようなふわふわ加減になったらできあがり。ホットチョコレートができるまで、冷蔵庫で冷やしておく。
[画像を見る]

■ 4.牛乳を煮る
[画像を見る]
ミルク480ccを中火から強火で煮立たせる。
シェフのコツ:これはまったり濃厚なホットチョコレートのレシピなので、もう少しさらりとさせたかったら、ミルクを720ccにする。

■ 5.ミルクを火にかけている間に脱脂粉乳とコーンスターチを混ぜ合わせる
[画像を見る]
脱脂粉乳(50g)とコーンスターチ(小さじ1杯:3g)を軽量カップやスプーンなどできちんと分量を量り、小さなボウルに入れて混ぜ合わせる。
[画像を見る]

■ 6.ブラックチョコレートの分量を量る
[画像を見る]
60%のブラックチョコレートを砕いたもの150g(カップ約4分の3)を用意する。

■ 7.ミルクはかき回しながら煮立たせ、吹きこぼれないようにする。
[画像を見る]

■ 8.鍋にチョコレートをいっぺんに加え、かきまぜる。
[画像を見る]

■ 9.鍋にコーンスターチと脱脂粉乳を混ぜたものを入れる
[画像を見る]
チョコレートが溶けるまでひたすらかきまぜ、完全に溶けたらコンスターチと粉ミルクを合わせたものを加え、さらにかきまぜる。
 

■ 10.すべてが溶けるまでよく混ぜる
[画像を見る]
すべてが溶けて混ぜ合わさったら、驚くほど濃厚なホットチョコレートができる。が、これでまだ終わりではない。

■ 11.更に煮詰める
[画像を見る]
さらに沸騰させると超滑らかで、濃厚な風味のホットチョコレートになる。泡立ち始めたらすぐに火を止める。
シェフのコツ:一度だけだと、口当たりと濃厚さがいまいち。必ず2度沸騰させるのがポイント。トーレスのホットチョコは、指で拭っても、チョコが指に垂れてこない程度の滑らかさ
[画像を見る]

■ 12.すぐにホットチョコレートをグラスに注ぐ。
[画像を見る]

■ 13.大きなスプーンでホイップクリームを上に盛りつける。
[画像を見る]
 トーレスはホイップクリームをただたっぷりと落とすのではなく、きれいなフットボール状のだんごにして盛りつけた。受賞経験のあるシェフのせいか、とても簡単にやっているように見えるが、本当はコツがいる。
[画像を見る]
シェフのコツ:まず、スプーンをお湯にくぐらせて温め、完璧に乾かす。それからホイップクリームのボウルを傾けて、スプーンをボウルの底のほうにあてがい、そのまま自分のほう(上)へ向かってスプーンをすくいあげ、クリームをスプーンの上でフットボール状に丸める。それをホットチョコレートの上にそっと置く。
[画像を見る]

■ 14.さあ!完成だ
[画像を見る]
すぐにお客さまに出そう。もしくは自分で飲もう。
[画像を見る]
 ホイップクリームがうまくだんご状にならなくても構わない。形にはこだわらず、好きなように乗せればいいのだ。なにはともあれ、チョコとクリームの見事な風味の融合には変わらないのだから。
[画像を見る]

via:buzzfeed・原文翻訳:konohazuku

 とても濃厚でクリーミーで、日本で一般的にあるホットチョコレートとかココアとはまた違った、暖かいチョコレートクリームといった感じだね。チョコレート好きならぜひ試してみたい一品だ。ブラックチョコレートには健康効果もあるしね。
 ちなみに明治のブラックチョコレートなんだけど、カカオ86%の方はすごく苦いけど、72%のものより口どけがやわらかで滑らかな気がするのは私だけだろうか?
[画像を見る]明治 チョコレート効果カカオ86%BOX 70g×5箱

【チョコ好き必見!濃厚でビロードのような滑らかさ。世界最高のホットチョコレートの作り方】を全て見るfullrss.net]]>

 中国の海洋進出と周辺国との軋轢、ウクライナ危機、EUの不安定化、イスラム国の台頭、ホームグロウン・テロリスト(単独で居住国で感化、過激化して反社会的活動を実行する)、北朝鮮の核問題など、世界はリスクにあふれている。戦争を知らない日本人にとって、各国の複雑な背景や、絡み合った思惑を読み解くことは難しい。

 そこで、各エリアの現状やリスクなど直面している問題を注目のジャーナリストや研究者たちはどう見ているのかをまとめたのが『第三次世界大戦は本当に起きるのか?』(綜合図書)だ。タイトルこそ煽っているかのような挑戦的なものではあるが、中野剛志、黒井文太郎、小西克哉、福島香織、常岡浩介、廣瀬陽子、高英起、伊勢崎賢治、渡邉啓貴、高口康太、加藤朗(敬称略)といった、第一線で活躍しているにスペシャリストたちが「第三次世界大戦勃発の可能性や、戦争の火種となりうるリスクとは何か」について見解を述べている。
  
 では実際のところ「第三次世界大戦」は起きるのか? 本書の責任編集者に「日本人として知るべき事実と第三次世界大戦」について寄稿してもらった。

【編集者 丸山佑介氏寄稿文】

■現代版の戦争をイメージできない日本人

 まず、終戦後70年が経過しようとしている日本では、直接戦争を経験した人はすでに少数になっている。だからというわけではないが、誤解を恐れずにいわせてもらえれば、この「戦争経験」というものが、国際ニュースを見るうえでも、日本の平和を考えるうえでも具体性を欠かせてしまうのだ。

『第三次......』に登場した研究者たちの意見では、日本人が平和ボケしているというよりも、世界標準の軍事の常識を知らなかったり、極端に戦争情報の摂取を制限している者が多いことに対して、懸念する声が多かった。

 日本をとりまく現状には、「戦争に発展するのではないか?」と懸念される問題がいくつかある。尖閣諸島を巡って関係が悪化した中国との小競り合い、北朝鮮の核開発、韓国と北朝鮮の軋轢(現在は休戦中)、アメリカとの同盟関係であるがゆえの集団的自衛権の行使......。たしかにどれも解決したり対処しなければならない問題ではある。だが、戦争へと発展となったときに日本人がイメージするのは、絨毯爆撃、消耗戦、ゲリラ戦、集団自決、徴兵制といったものが多く、日本国民の大半が太平洋戦争で敗北する前の物資不足で袋の鼠状態を思い浮かべてしまう。圧倒的な"敗戦のイメージ"がいまだに拭いされていない。

 実は、どこの国でも民族でも直近に経験した戦争をイメージしてしまうのだ。そのため日本では現代の戦争をイメージすることが難しくなっている。

■現代の戦争とは?

・高度な兵器を操れる兵

 現代の戦争を具体的にイメージするためには、湾岸戦争以降、白兵戦から兵器そのものの強化が進み、その操作は高度なスキルと訓練が必要になっていることをまず知るべきだろう。代表的なところではドローン(無人機)などであろう。いまや兵士は後方支援がメインである。もちろん、アフガンやイラクでテロ攻撃の対象となって命を落とす兵士も多いが、それでも第一次、第二次大戦の戦闘による死者とは桁が違う。それに徴兵制で無理やり兵士をかき集めても、肝心の兵器を動かすことすらできないのが実状で、兵士たちに求められているのは単独の個の強さよりも、統制された集(チームや部隊)の強さだったり、高度な兵器を操れる経験と技術なのだ。つまり、兵士育成には、日本人が思っているよりも時間も金もかかるようになっているということだ。

・ピンポイントでの攻撃

 爆撃にしても、ターゲットを定めてピンポイントで攻撃するので、街全部をなぎ払うような絨毯爆撃は攻撃側も実行しない。攻撃している側にしても、戦後にガレキだらけの街を支配しても、自分たちの損失になってしまうと考えているからだ。民族的な対立などからの嫌悪、憎悪によるジェノサイドにでも発展して「玉砕覚悟でぶっ殺せ」と叫んでいくような戦闘にでもならない限り、街中を焦土と化すような状態は極めて考えにくい。

 これは拠点への爆撃に終始しているアメリカ軍のイスラム国への攻撃を見ても明らかであろう。奪還した街がガレキだらけの廃墟では意味がなくなってしまう。また、現在の空爆技術ならばピンポイントでの爆撃が可能なので、一面焼け野原にする必要もないという側面もある。

 果たしてこの「現代の戦争」をどれくらいの人が具体的に知っているだろうか? 結局、日本人の多くは戦争と聞くだけで思考停止に陥ってしまう確率が非常に高いのだ。もちろん積極的に参戦することをすすめているのではなく、あくまで現状を正しく理解してほしいための指摘である。

■世界情勢を読み解くキーワード

『第三次世界大戦は本当に起きるのか?』に詳しくまとめたが、今後の世界情勢を見ていくときに意識してもらいたいキーワードがある。それは「覇権」と「リスク」だ。

・中国の狙い

 たとえば日本とも直接関係のある問題として、中国の海洋進出をどう見るのかは重要である。よく言われることだが、中国は世界の「覇権」を狙っているという前提で考える人が多いだろう。だが、中国の現状では「覇権」を狙うにしては汚職問題、経済対策など国内問題の対応に右往左往している印象だ。つまり、国民の不満を外に向けさせるための「リスク」の分散が行われていると考えられるのだ。ほかにもアメリカのイスラム国への空爆対応の遅れは、軍事的な「覇権」を握り続けることよりも参戦による泥沼化の「リスク」を避けるためである、といった感じに二つのキーワードを利用すると読み解きやすくなる。また、まだ起きていない不確定なことを考えるうえでもヒントを示してくれる。第三次世界大戦を考えるうえでも例外ではない。

・世界大戦が起きる可能性は?

『第三次......』のなかで第三次世界大戦の勃発について論者たちの見解はおおむね共通している。「国家間の戦争という意味では可能性は限りなくゼロ」ということだ。なぜなら、「覇権」を狙う国だけの力と欲望がある国は世界中を見渡しても皆無だからである。

 第一次世界大戦は1914年にセルビア人青年が放った一発の銃弾をきっかけに始まったとされる(サラエヴォ事件)。それから100年が経過して人類は多くの戦争を経験した。戦勝国は国連を組織して国家の暴走や独裁にブレーキをかけるようなシステムをつくり、結果として国を滅ぼすような戦争は相互監視のもとに実施できないようになっていった。また、医療技術の発展は多くの兵士の命を取り留めるようになった。その結果、四肢を欠損したり精神を病んだりするなど後遺症のある状態で退役する兵士が増えるという皮肉な状態となった。その数は増加するばかりで、比例して兵士への補償も莫大な金額として累積し、アメリカなどは国家財政を圧迫するほどになっている。このような国民への負担は「リスク」であり、政府が戦争へと踏み出せなくする理由としては十分であろう。

 ほかに、まったく別の理由もある。国境を越えての経済活動のグローバル化は世界を大きく変化させた。経済のグローバル化はまったく別の「リスク」をもたらしたのだ。お互いに資本を投下しているので、戦争してたとえ戦勝国となっても、自国に損害をもたらしてしまうことがある。それが隣国同士であればより顕著だ。世界中で戦争の火種(のようなもの)が生まれるのは高い確率で隣接する国家や地域であることは歴史的に明らかだ。そんな「リスク」を重ねてまで「覇権」を狙いたい国、つまり第三次世界大戦を起こしたい国など、いまのところ見当たらないということにいきつくのである。

■対テロ戦争=第三次世界大戦なのか?

 また、国家ではない組織や集団、対テロの戦いは、現時点でも具体的な脅威ではあるし、イスラム国やシリアをはじめとした中東の各地域では戦闘が泥沼化していき、解決の糸口は見えていない。

『第三次......』のなかでも、中東がどうなっていくのか具体的な予想はできておらず、むしろ「今よりもシンプルになることはない」という。しかも、より恐ろしい事態を懸念する声が多かった。

 以前は戦争地域で実戦経験を積んだテロリストが外国に渡ってテロ攻撃をすることが懸念されていた。ところが、ホームグロウン・テロリスト(国外の過激思想に共鳴した、国内出身者のテロリスト)のような思想に傾倒して、関係のない場所で行動を起こす者まで出現してきたのだから始末が悪い(ボストンマラソン爆破事件など)。これは少なくともテロとの戦いを含めて、これまでの戦争とは違う価値観で動いている。

・日本はテロに狙われやすい国?

 そして、現時点では日本が国際的なテロ組織の標的として攻撃されていないとはいえ、今後、テロ組織の攻撃対象となるリスクは高まる可能性はある。実際、多くの専門家が日本の空港、発電所、公官庁といった施設のセキュリティの脆弱性を指摘している。つまり、テロリストにしてみれば実に破壊しやすいのである。

 すでに世界各地でテロが起きている現在では、日本に限ったことではない。ある意味この状態は十分に第三次世界大戦といえるかもしれない。もしくは、第三次世界大戦はすでに勃発しているという見方もある。ただし、戦争の舞台は、宇宙や電脳世界へと移っていてサイバー戦争や宇宙開発競争といった形になっていて一般市民の目に触れない場所で起きているというのだ。2014年12月にソニー・ピクチャーズが映画公開をめぐって北朝鮮のサイバー攻撃を受けたことは記憶に新しい。また、宇宙開発も火星の探査や小惑星の調査だけではなく、ロケットの打ち上げ技術そのものが大陸間弾道ミサイルの技術に直結したり、人口衛星の利用で位置情報の精度、敵国のリサーチなどの情報戦に圧勝することもできる。そのため、現在では中国やほかの国々も開発競争に参加している。

『第三次......』では、各論者の現状と将来への見方として重なっている部分がいくつかある。言い方は異なるがおおむね次のようなことを述べている。

 後世の歴史家からすれば第一次世界大戦以降、100年間はずっと断続的に戦争をしていたと判断されるかもしれない。それほど、世界は平和ではなく、争いに満ちている。

 日本人の多くが戦争を肌で感じない70年を過ごしたことは奇跡的である。だからといって先入観や偏見で身勝手に読み解いたり、ましてや目を背けるのではなく、戦争を知らず、平和を願う日本人こそ現代の戦争を知るべきなのだ。そうすることで、初めて平和を目指すスタートラインに立てるのだという。
(文=丸山佑介)

※画像は、『第三次世界大戦は本当に起きるのか』(綜合図書)

fullrss.net]]>


 建物を爆破解体している瞬間をとらえた映像を総まとめしたものだ。爆破解体作動画は世界的に人気があるようで、作業現場にも多くの見物人でにぎわっている。1本に10以上の解体映像がまとめられており、ビルによって倒し方が異なっている様子がよくわかる。
[動画を見る]
Подрывы и падения многоэтажных зданий и жилых домов.
[動画を見る]
Подрывы и падения многоэтажных зданий и жилых домов. Часть 2.
 嫌なことはきれいさっぱり粉砕して、新たなる気持ちで年を迎えられそうだ。
 後ろに傾いてからのどーん!
[画像を見る]
 前のめりのどーん!
[画像を見る]
 クシャっとどーん!
[画像を見る]
 2棟同時のどーん!
[画像を見る]
 別件だが最近、ロシア、クリミア半島のセヴァストポリで、高層ビルの爆破解体に失敗したそうで、ピサの斜塔のようになってしまったそうだが、2度目の爆破で無事成功したようだ。その時の映像も合わせてみていこう
1回目、失敗
[動画を見る]
In Russia, building blasts you: High-rise demolition fail caught on camera
2回目、成功
[動画を見る]
Success at last! Third blast finally brings down high-rise in Crimea

【建物の爆破解体作業を総まとめ!崩落ちる建物の様子を1本にまとめた動画総集編】を全て見るfullrss.net]]>

~サイキック芸人・キックが、豊富なスピリチュアル・オカルト知識を生かして、最新ニュースを豪快に読み解く~

【正月】

 まもなく2014年が終わり、新しい年が始まろうとしている。正月と言えば初詣、初日の出、お年玉、鏡餅、凧揚げ......。でも、それらの慣習のすべてが正しいと言えるかどうかは分からない。

 今回は、「サイキック的に正しい正月の過ごし方」についてキックに語ってもらうことにしよう。あなたのお正月の概念を根底から覆す意外な話も飛び出してくるはずだ。

「お正月をどう過ごすかはとても重要です。1年の始まりですから、ここでそれから1年間の運命がほぼ決まってしまうと言っても過言ではありません。私の観点から、お正月のベストな過ごし方を教えましょう。

1. 初日の出に行く必要はない

 まず、初日の出は見に行く必要はありません。初日の出は無条件に縁起がいいと思っている人がいるかもしれませんが、そうではないんです。太陽や月は巨大なエネルギーの塊です。世の中の景気がいいときに太陽を見るとエネルギーをもらえるのですが、景気が悪いときにはその分だけ悪いエネルギーをもらってしまうことになります。自分から悪いものを取り込もうとしてはいけません。よほど好景気の時代でない限り、太陽は見ないのが正解です。

2. 初詣には行かない方がいい

 初詣も行ってはいけません。お正月や年始めに初詣に行くと、大勢の人でにぎわっていますよね。ああやって多くの人が集まるところには、人々の邪気がたまっています。初詣ではそれぞれの人が願い事をしたりして、自分の欲望をむき出しにしますよね。そういう場所に行くと、邪念が強すぎて結果的にあなたの運気を下げてしまうことになります。

 お寺や神社にどうしても行きたいなら、年始の混雑する時期は避けて、人が少なくなってきてから行くといいと思います。

3. おみくじは引いた方がいい

 ちなみに、おみくじを引くのはお勧めです。おみくじは偶然に頼るタイプの占いなので一番当たりやすく、現時点での自分の運勢を知るのに最適です。特に、東京だと浅草寺のおみくじは評判がいいですね。「凶」もたくさん入っていたりして、やたらと結果がシビアなんですよ。でも、厳しいからこそ、リアルに現時点での運気の状態がよく分かります。

4. お年玉はあげた方がいい

 子供にお年玉をあげるのはいいことです。お金をあげて感謝されると、そのエネルギーを自分でも受け取ることができますからね。素直に『ありがとう』を言ってくれそうな子供には、どんどんあげるようにしましょう。

 ちなみに、僕が先輩芸人やお金を持っている人からお年玉をもらうためにやっていることがあります。それは、その人たちの立場になって、目の前にいる自分(キック)がかわいい子供だと徹底的に思い込むこと。ああ、この子はかわいいなあ、お年玉あげたいなあ、って。そうやって強くイメージして、現実と虚構の区別がつかなくなってきたら、そのときにお年玉をもらうことができます。機会があったらやってみてください。

5. 年賀状は縦書がよい

 年賀状は縦書きがいいですね。呪術の世界では、念じたいことは縦書きにして、念を切りたいときには横に線を引きます。気持ちがこもった年賀状を書くためには、ほんの一言でもいいので、縦書きで直筆のメッセージを添えるといいと思います。

6. 正月は動かないほうがいい

 結論としては、お正月にはあんまり動かないでじっとしているのがいい、ということです。年始めから人の多いところにわざわざ出向いて、気持ちの波を作らない方がいいのです。家でおとなしくして、穏やかに淡々と過ごすのが一番です。

 あと、初夢ではそれからの1年を象徴するものが出てくることがあります。初夢の内容はメモしておくとあとで役立つかもしれませんよ」

 キック流の正しいお正月の過ごし方、ご理解いただけただろうか。ちなみに、2014年のキックの初夢は「ボディービルの大会の司会をやってくれと頼まれる」というものだったという。その意味をキックに尋ねたところ、「うーん、あれはどういう意味だったんですかねえ?」という答えが返ってきた。謎の初夢を見た謎の1年。それはそれでキックにとっては文字通り「夢のような1年」だったのかもしれない。

(取材・文=ラリー遠田/お笑い評論家)

fullrss.net]]>


 猫には個体差があるわけで、おとなしい子もいればじっとしていない子もいる。だがここのお宅の猫様たちはどの子もおっとり属性なようで、飼い主にポージングされると無抵抗のままそのポーズを続けることができるらしい。
 で、これはコタツを囲みながら猫缶を賭けてのポーカーゲームの様子って設定なんだそうだ。
[動画を見る]
(龍媽六寶)可愛貓咪 龍少爺~ 5寶們玩牌 之 拍片現場~~~XDD
 白い猫がちゃんと座るところがなくておさまりがつかないようだが、それでも静かに座ってくれる。
[画像を見る]
 ちなみに寝かしつけも5匹並んでなすがままだ。
[動画を見る]
(龍媽六寶)可愛貓咪~ 我家的5寶 躺一起蓋棉被 好萌好可愛
 日本のかご猫さんの家の猫たちのようにおだやかさんだね。

【やらされている感は否めないが、それを拒まない猫たちがすごかった。猫たちのコタツを囲んでのポーカーゲーム】を全て見るfullrss.net]]>


 ちょっと前に2013年のまとめを書いたと思ったらも2014年だよ。って、大人同士の定番挨拶じみた言葉からスタートする2014年のカラパイアの人気記事トップ10。2013年は感動系の記事に人気が集まったが、2014年はライフハック的なもの、科学ニュース的なものの人気が高かったようだ。だがやはり、群を抜いて多くの人に読まれ、シェアされていたのはもふっとした動物系である。
 かわいらしい動物たちに癒しを求めている人は昨年よりも増えたように感じる。逆に昆虫、クモ、カエルなどに関しては前よりも嫌悪感を持つ人が増えたようで、「気持ち悪いから、画像にモザイクを」。という声を数多くいただいた。
 確かに彼らの造形は大多数の人間に可愛いと言われるようにはできていないかもしれないが、それでも生態系になくてはならない存在である。「気持ち悪い」と言われると、なぜか私は自分に対して「おまえの顔にモザイクかけろや、気持ち悪いんだよ」。っと言われているようで薄っぺらい胸にグサグサと突き刺さる。あたしの前世は虫だったのかもしれない。巨大なやつな。でもまあ、愛してくれとは言わないから、その存在価値を認めてあげてほしいと思っている。
 ということカラパイアではあらゆる種類の生き物を紹介し、リスペクトする方向でいくのでこれからも登場するよ。まずは彼らのことを良く知ってほしいんだ。見慣れてくると結構愛せたりもするし、嫌いという感情の裏にはきっと何かがあるはずだから。無視できないのは虫だから。っておやじギャグかましたところで、2014年のトップ10を振り返っていくことにしよう。

■ ■動物部門トップ10
第10位 猫:動画
[画像を見る]ニヤニヤが止まらない。世界最小の猫、クロアシネコの赤ちゃんが一般公開に(米フィラデルフィア動物園)
世界最小レベルの猫、クロアシネコの赤ちゃんのそのあまりにもかわいらしい表情に、世界中がデレデレとなった。
第9位 犬:画像・動画
[画像を見る]「受けた恩は忘れない」。1匹の野良犬との出会いが過酷なレースに挑んだチームの心を動かした感動の物語。
過酷なアドベンチャーレースの途中で出会った1匹の野良犬。その犬はレース中ずっとチームの後をついてきた。5人目の選手となったこの野良犬は選手たちの心と支えとなっていった。
第8位 犬:動画
[画像を見る]お腹を空かした動物たちの為、3年間毎日、自分がもらった餌を口にくわえて運び続ける犬(ブラジル)
 人間が分け与えてくれたエサを、自分だけで食べず、一緒に野良生活をしている犬や猫やニワトリたちに分け与えるため3年間せっせと運び続ける犬。
第7位 猫:動画
[画像を見る]こんなに大きいのに本人はまったく自覚なし。キャットザウルスの愛称を持つ、元野良猫の「ピクルス」が新しい家族の元へ
体長およそ91cm、体重約9.5kgという巨大な体を持つ猫。一度は飼われていたものの保護施設へと戻された。このたび無事2番目となる家族が見つかった。
第6位 猫:読み物
[画像を見る]猫様すげぇ!人間にとって猫が必要な25の理由
猫の魅力を25項目に分けて紹介するコラム。人間をいやすだけじゃなくすごい力を秘めていたようだ。
第5位 猫:画像
[画像を見る]筋金入りの猫好き。有名メタルバンド・メンバーが猫救済のために作った写真集「Metal Cats」
野良猫を救うため、強面のメタルバンドメンバーたちが立ち上がった。彼らは愛猫と一緒に写真を撮り、その写真集を発売。売り上げの一部は猫の保護施設に寄付されるという。
第4位 犬:科学研究
[画像を見る]実際のところ犬は人間のことをどう思っているのだろう?脳スキャンで明らかになった犬の本音は、「それでも人間を愛してる」。(各国研究)
最新の脳撮像技術により、犬の本音を確かめることに成功。その結果、やはり、犬は人間にとって最良の友であることが明らかとなった。
第3位 猫:画像・動画
[画像を見る]運命の出会い。1人のホームレスの人生を救った1匹の猫の物語
生きることに絶望しかけていた1人のホームレス男性。その男性が何の気なしに救った猫は、その後の男性の人生を大きく変えてくれた。そこに芽生えた絆はかけがえのないものとなる。
第2位 犬:読み物
[画像を見る]「なぜ犬の寿命は人間よりも短いのだろう?」 大親友だった愛犬がこの世を去った時、少年が語った感動の答え。
 1人の少年が、愛犬を亡くした時に家族に発した言葉。
第1位 猫:画像・動画
[画像を見る]コードかテープがあればよい。驚くほど猫がホイホイする、猫転送装置の作り方がブレイク中
日本の愛猫家、「guremike」さんのサイトから世界中に発信された猫ホイホイは、愛猫家が次々と後に続き試していく結果となった。個体差もあるが結構釣れるようだ。
パルモチョイス ウォンバット:画像
[画像を見る]世界最大のウォンバット「パトリック」さん、29歳の誕生日を迎える。未だ童貞。
世界最高齢となったウォンバットのパトリックさんのことを忘れてはならない。巨大ながらもわりとシャイ。動物よりも人間になついてしまったウォンバットさん。来年も誕生日をみんなで一緒にお祝いしたいね。

■ ■総合トップ10(動物を除く)
第10位 宇宙:読み物
[画像を見る]この宇宙が仮想現実である10の根拠
”量子的実在論”を用いて、この宇宙の存在をひも解いてみるという仮説。物理世界と量子世界、双方の立場から、物理上の問題をどのように扱っているのかを検証する。
第9位 科学技術:発明
[画像を見る]黒すぎてブラックホール。史上最高の黒さを誇る新素材「超黒」が開発される
「超黒」と呼ばれるこの光吸収素材が開発された。光の吸収率99.965%、つまり光を0.035%しか反射しない、世界一の黒さを誇る。あまりに黒すぎて空洞にしか見えない。まさにブラックホールなのだ。
第8位 脳科学:研究
[画像を見る]人をけなしたり批判するのが好きな「皮肉屋」は脳に損傷をうけ認知症になるリスク(フィンランド研究)
フィンランドの研究者が最新の研究で、皮肉屋で人を信用しない人は、認知症になる危険性が高い傾向があることを発見した。
第7位 料理:レシピ
[画像を見る]かわいくてすごくおいしい。ナッツを抱っこするクマクッキーの作り方
本人コックのMaa(MaaTamagosan)さんのかわいいクマのクッキーレシピは簡単にできてすごくかわいいことから世界中のバイラルメディアで拡散された。
第6位 ライフハック:読み物
[画像を見る]心の知能指数が高い人がやらない9つの習慣
EQ(日本ではこころの知能指数と呼ばれている)にスポットを当てて、幸せをつかんでいるEQが高い人たちが避けている9つの習慣を紹介。
第5位 料理:動画
[画像を見る]目からウロコ。カットしたアボカドが酸化して茶色くなるのを防ぐのに最適なのはこの方法だった!
カットすると表面が酸化してしまう果物、アボカドの酸化を防ぐ方法が紹介されたビデオ。
第4位 脳科学:研究
[画像を見る]8時間が1000年に。薬の服用で脳の感覚を狂わせ、受刑者に懲役1000年を
実際の8時間が、感覚的に1000年に感じさせることができる薬が開発可能であることを英国の科学者らが明かした。五億年ボタンのようなものだ。
第3位 社会実験:動画
[画像を見る]引き寄せの法則が証明された!?幸運な人と不運な人の分かれ道がわかる街頭実験
ポジティブに考え、自分が幸運な人間だと信じることは、実際に幸運になるかどうかに大きく影響する可能性があることがわかった。
第2位 ライフハック:読み物
[画像を見る]幸せな人が絶対にしない6つのこと
幸せになるための考え方が紹介された記事である。幸せはまさに自分が作り出していくものであり、不幸せと感じている人は自らがそれを呼び寄せているという。
第1位 心理クイズ:読み物
[画像を見る]簡単な足し算で驚きの結末が!!98%の人々を驚かすシンプルなテスト。あとの2%は「変人」の可能性あり。
世界中で話題となった面白心理クイズ。尚なぜ皆がそうなるのかの正しい解釈はいまだなされていない。
パルモチョイス 人類:画像
[画像を見る]プーチンとプーチンがてなずけた動物たち、20枚の写真
 これほどまでに自分をメディアの前にさらけ出している大統領はなかなかいないだろう。良い悪いは別にして、人間としてとても興味深い。カラパイアは今後もプーチンウォッチをやめるつもりはない。再婚するまではね。
 ということで2015年はどんなニュースが話題となるのか、ご時世を反映してたりもするので楽しみだ。

【2014年、カラパイアを賑わした動物たち。2014年カラパイア人気記事トップ10】を全て見るfullrss.net]]>

[画像を見る]
 3歳になるモリフクロウ、バーティさんをご紹介しよう。実は彼には広場恐怖症というちょっと内気なところがある。仲間のふくろうともなじめず、現在は飼い主であるピーター・ミドルトンさんと農場の母屋に暮らしている。

 「ここで暮らして3年になりますが、バーティは完全にひきこもりになってしまいました。外に離せば数日以上は生きられないでしょう」。と語るミドルトンさんは、英ノーサンバーランドの有機農家で、フクロウ保護団体のトルーウィトレー・アウル・トラストを運営している。

 ヒナのとき保護されたバーティさんは、フクロウよりも人が好き。外にいるより家の中が好き。ミドルトンさんのそばでお手伝いをするのが大好きという、一風変わった家政鳥へと成長していったようだ。
 同トラストでは50羽ほどのフクロウを保護しており、バーティさんも地元の獣医から託されたそんな中の1羽だ。巣から落ちてしまったのか、母鳥に育児放棄され、泥まみれになった状態で発見されたが、足に感染症を引き起こしており、状態は芳しくなかったそうだ。
 当時は生まれたばかりのヒナで、ほわっほわの毛玉テニスボールくらいの大きさしかなく、最初の2ヶ月は獣医が面倒を見ていた。しかし、徐々に飛び回るようになり、元気が回復した為、トラストに預けられることになったという。

[画像を見る]
 バーティさんを他のフクロウがいるケージに入れたところ、仲間に脅かされ、どうにも馴染むことができない。そこで家の玄関にある犬のケージに一羽だけ入れることになったのだ。「人が来るとホーホーと鳴いて、ちょっとした番犬のような感じでした」とミドルトンさん。とは言え、バーディーさんは非常に穏やかで優しい鳥なのだそうだ。

[画像を見る]
ミドルトンのいるところにぴったりとついて回るバーディさん。皿洗いを学習中。
 「バーティはこの家にすっかり落ち着きました。彼に関してはこの農場が家なのです。ただ空を飛び回るヘリコプターだけは苦手なようです」。

 そんなバーティさんの日課は、犬のボウルでお風呂に入って、キッチンの上の鍋マットで羽を乾かすことだそうだ。また、生まれたばかりのヒナやネズミが大好物というグルメっぷりも発揮している。
 [画像を見る]
犬のボウルで毎日入浴。きれい好きなバーディーさん。
[画像を見る]
何でも器用にこなせるバーティさんは。ヤカンでお茶入れの準備中。
 
[画像を見る]
お風呂の後はキッチンにある鍋敷きで羽を乾かす。外で暮らす気はさらさらないようだ。
 実はミドルトンさんの家には他にもペットのカラスと犬が3匹飼われている。しかし、バーティさんはまだ対面を果たしていない。と言うのも、特にカラスは非常に縄張り意識が強く、バーティさんを見つければ警戒する可能性が高いからだ。
 「バーティは非常に内気なのですが、ソファの背もたれに止まっているとき誰かが座ったりすれば、その人に歩み寄って髪の毛を毛繕いしたりします。人間が大好きなんです。でも犬を離したときは、ホーホーと鳴きます。それ以外は無視していますけれどね。」
[画像を見る]
バーティさんをお風呂に入れて乾かして、ほっと一息コーヒーを飲むミドルトンさん
 バーティさんは人懐こい。ミドルトンさんが椅子に座ってくつろいでいると毛づくろいのサービスをしてくれるという。
[画像を見る]

 毛繕いなどやるべきことが終わってしまえば、お次はミドルトンさんのオフィスで大忙しだ。書類をシュレッダーの如くバラバラにするのが得意なほか、ピカピカ光る鉛筆にも夢中らしい。
[画像を見る]
 ミドルトンさんがいくところにバーティさんあり。とにかくどこでもついて回る。そうこうしているうちに2人はどことなく似てきたようだ。内気なバーティさんが他のフクロウに会うことはほとんどないそうだ。
[画像を見る]
 「オフィスが気に入ったようで、私の肩の上か窓枠が定位置です。そこなら外の風景を眺めることができますから。」フクロウは本来、定住性の生き物だそうで、バーティさんは家の中から世界を眺めることに満足しているのだそうだ。
[画像を見る]

 フクロウとして精一杯生きるバーティさんは、今後15年は生きると思われる。他のカラスや犬たちとともに末永く幸せに暮らして欲しい。
[画像を見る]

via:dailymail・原文翻訳:hiroching

【フクロウの子どもを助けたら、すっかり家になじんで引きこもりに。家のお手伝いが大好きな家政鳥となる(イギリス)】を全て見るfullrss.net]]>


 今月上旬、以下のような内容の記事が世界中をにぎわせた。
 米最高裁は、スミソニアン博物館に対し、20世紀初頭の機密書類の開示を求める判決を下した。この書類は、人間の進化に関する当時の主流な学説を守るために同博物館が数万年前の巨大な人骨を隠蔽したという事実の証拠になると見られている。

 この裁判は米オルタナティブ考古学協会(American Institution of Alternative Archeology “AIAA”)が、同博物館が20世紀初頭に数千もの巨人の遺骸を破壊したとして提訴したものである。また、博物館側も名誉毀損で協会を訴えていた。
 以下は、海外ニュースサイト、worldnewsdailyreportに掲載されていたものを抄訳したものである。
 裁判では、スミソニアン側の内部告発によって、最大3.6メートルに及ぶ巨大な人骨を数千点も破壊した事実が記録されているとする書類の存在が発覚していた。考古学の主流派はそう簡単に認めるわけにはいかないだろう、とAIAAのジェームズ・チャーウォード氏は語っている。
[画像を見る]
 
 同氏によれば、20世紀初頭から西側の考古学協会は、アメリカ大陸に最初に住み着いた人類は15,000年前にベーリング海峡を渡ってきたアジア人だと信じ込ませるために隠蔽工作を行ってきた。
 しかし、実際には大陸の至る所にネイティブがずっと以前からあったと話す無数の古墳が存在したのだ。しかも、これは金属合金を複雑に利用することができる高度な文明の痕跡をも示している。
[画像を見る]

 裁判のターニングポイントとなったのは、巨人の存在の証拠として1.3mの大きな人間の大腿骨が法廷に提示されたときだ。これはスミソニアン側の弁護士にとっては大きな打撃となった。この骨は1930年代にある上級キュレーターによって盗み出されたもので、彼は生涯これを保管していた。彼は遺書の中でスミソニアン博物館の隠蔽工作についても告白していた。

[画像を見る]
2011年、AIAAがオハイオ州で発見した巨人の大腿骨。法廷に提出された証拠と同様のもの
 そこにはこう綴られている。「アメリカ人に対して申し訳ないことをした。人類の祖先についての真実を覆い隠したのだ。かつて地上には聖書や古代の文献に記載されているように、巨人が歩き回っていた。」

 最高裁はスミソニアン博物館に、「古墳文化に関する証拠の破壊」と「際立って身長が高い人骨に関するもの」に関するあらゆる機密情報を公開するよう判決を下した。AIAAが歓喜に沸いたことは言うまでもない。

[画像を見る]
 AIAAのハンス・グッテンバーグ博士は、この公開により、考古学者と歴史家が人類の進化に関する今日の学説を再評価し、アメリカをはじめとして世界中に存在した古墳文化を理解するうえで大いに役立つであろうと評している。

[画像を見る]
 書類の公開は、公平性を期し第三者の科学組織による立ち会いの許、2015年に行われる予定だ。1世紀の嘘を経て、巨人の真実が明らかとなる日も近い。

 これが本当なら、進撃の巨人キテター!っとなるわけなのだが、実はこの「worldnewsdailyreport」は、日本でいうところの虚構新聞のような嘘ニュース配信サイトだったようだ。
 他にも海外系で気を付けなければならない嘘ニュースサイトたくさんある。嘘ニュース配信サイトは海外ではフェイクニュース、ニュース・サタイア(News satire・風刺ニュース)」と呼ばれており、有名どころではアメリカの「The onion」があり、騙される人が続出で、フェイスブックでは今年8月、 the ONION の記事に自動で「Satire」(風刺)タグがつくようになったそうだ。
 他にも、The Daily Currant や、英国系のThe Daily Mash、The poke、The Daily Squibなどが有名だ。どのサイトも一見してみると普通のニュースサイトと変わらず、その記事の内容、具体的なデータとともに信憑性を帯びさせながらニュース化されているものもあるので見分けがつかなかったりする。
 更に問題なのはその記事が、バイラルメディアに取り上げられ、出所が嘘ニュースサイトとわからなくなっている場合もあるからやっかいだ。パルモも何度も何度でも釣られちゃているわけだが、自分だけなら、一時でも甘い夢を見させてくれたものは、「やっべっ、まーた釣られちゃったよ。てへっ。」って済ませることとなるが、「聞いて聞いて!」って拡散させちゃった場合にはオオカミ少年扱いとなるため、収拾のつかないことになったりもするよね。そんなこんなで取扱い注意な嘘ニュースではあるけど、それでもなくならない理由は、複雑な人間心理を巧妙についてくるからなのかもしれないね。

via:worldnewsdailyreport・原文翻訳:hiroching

【かつて巨人は存在した!?スミソニアン博物館が巨人の人骨を破壊していたことを認める?このニュースは本当なのか?】を全て見るfullrss.net]]>

 今月20日から公開中の妻夫木聡(34)主演映画『バンクーバーの朝日』。この映画は戦前、日本からカナダに移民した日系人よって結成された野球チーム「バンクーバー朝日」を事実に基づいて描いた作品で、興行通信社によると、土日2日間で動員12万4191万人、興収1億5773万9300円をマーク、週間ランキングでは4位を記録した。また、カナダでも今年9月バンクーバー国際映画祭で賞賛と喝采を浴びるなど、国内外を問わず評判を呼んでいるこの映画だが、とりわけ、カナダで生活する日本人や日系人にとって感慨深い作品のようだ----。

「私は日本で生まれ育ち、20代の後半にカナダに渡りました。多文化で移民の多いカナダで、自分と同じ日系人がその昔に差別を受けたことを知ったのはカナダにわたってからです。このモザイクを散りばめたような国でそんな歴史があったことを知れば知るほど、新世代の日系人として、この国で子供を育てる親として、当時の日系人が受けた差別と苦難を知らなければならないという義務感がわきました。今回、映画『バンクーバーの朝日』に息子を連れて行ったのは、カナダで生まれ、カナダ人の父親と日本人の母親の間で育つ者として、カナダの歴史や日系人が受けた差別を目で見てほしいと思ったのです」(バンクーバー発行の月報誌 『The Bulletin』)

 上記のように現在、カナダに住む日系人の若者の多くは日系史を知らない。というのも現在の、日系コミュニティはカナダ各地に点在しており、若い世代の帰属意識も薄く、横の繋がりがあまりないからだ。そのため、映画を通して自分たちの歴史を知ると同時に自己アイデンティティの探求に繋がり、日本人以上に心の琴線に触れるのだという。
 
 また、日系人のシニアにとって、この映画は当時のカナダの状況を思い出しノスタルジーな気分に浸れる一方で、悲しい過去を想い出させるという。それは何かと言えば映画の中でも描かれた、カナダ人による日系人差別や排斥運動、そして1941年、太平洋戦争の勃発に伴って起きた日系人の強制収容<>についての問題である。

 強制収容所では、あまりにも酷い生活を強いられたとされるが、それは実際にどのようなことだったのか?
 バンクーバー在住、日系二世の女性に話を聞いた。

「戦前、私の父は大阪からバンクーバーに移住しました。仕事は肉体労働などを生業としていたそうですが、当時の日系人はカナダ人の差別を受けながらも一生懸命に働いていたと聞きます。そして、日本人街のコミュニティーでは、日系人同士の繋がりがとても深く、色々な人達の助けによってて父は所帯を持つまでになりました。しかし、幸せな生活も束の間。太平洋戦争が始まると、アメリカ・イギリス主導の連合国側についたカナダは、日本を敵国とみなし、カナダに住む日系人全員を強制収容所に送りました。冬の強制収容所は氷が張る程の寒さにもかかわらず、住まいとして用意された場所はほったて小屋や馬小屋という劣悪な環境で、多くの人々が亡くなりました。また、日系人は捕虜の印としてハッピのようなものを着ることを義務づけられましたが、そのハッピの背中には赤色の日の丸が描かれていました。これは見張りの門番が銃で狙撃するための目印だったそうです」

 そればかりでなく、カナダ人の一員として生活してきたのに日系人家財を没収された挙げ句、強制収容に連行された彼らは「自分たちは一体、何者なのか?」という精神的なダメージを負ったという。

 戦後は、このような生活から解放され、日系人は全面的に市民権を獲得。カナダ国内を自由に移動できるようになった。しかし、没収された家財が返還されることはなく、カナダ政府が戦中に日系人を強制収容したことを正式に謝罪したのは、強制収容が行われてから実に47年を経過してからのことである。収容所体験者には、2万1000カナダドル(約217万円)を補償。さらに日系社会全体への社会・教育・文化のために拠金したのだった。

 現在、バンクーバーは治安や生活が安定していることから、「世界で住みたい都市」のランキング上位に選ばれる。人種差別もほとんどなく、むしろ日本人というだけで好感を得ることが多々あり、日系人にとって非常に暮らしやすい街となった。これらの背景には映画『バンクーバーの朝日』で描かれたように、日系人が不当な扱いや貧困の中を、必死に生き抜いたという歴史があったことを忘れてはならない。

※画像は「バンクーバーの朝日 公式サイト」」より

fullrss.net]]>

 新年すぐに見る初夢は、さまざまなことを自分に伝えようとしています。

 新年というのは、特別な時間です。仕事が休みになったり実家に帰ったりし「自分の原点に戻る」さまざまな行動をする時期です。

 こうした中で見る「初夢」というのは、普段の夢よりも深く、自分自身の心を映し出し、未来を暗示しやすくなるものです。

■夢判断と夢占い

 初夢の吉夢の代表的なものとして、「1富士 2鷹 3なすび」などとも言われますね。これは徳川家康が好きだったものを挙げただけで、あまり意味はないと言われてますが...。

 自分が見た夢の意味を探る時、最も重要なのが「夢の情景や、環境、全体のかもし出す雰囲気」です。たとえば、風景を見た場合、重要なのは天気だったりするのです。また、動物が出てくる夢なら、その動物の態度が重要です。

 たとえば、吉夢と言われている富士山の夢でも「荒涼とした樹海に雷鳴がとどろいていて、恐ろしい富士山が見える」などであれば、かなり心にストレスを抱えている可能性があります。大きな障害がやってきたり、何か得体の知れないものに呪われている可能性があるなど、あまり"いい夢"とはいえないでしょう。

 あるいは鷹の夢でも、「鷹の大群に襲われる」夢を見たとしたら、相当追い詰められた状況を暗示していると言えるでしょう。

 夢判断・夢占いは様々な見方があるため、なかなか言い切れるものではありません。

 しかし「非常にまずい夢」というものは存在します。

 以下の夢は、夢占いの伝承でも、あまりよくない未来に繋がりやすく、何かを見直す必要があると言われている夢です。

 こうした初夢を見てしまったら、要注意!

■見たらマズい初夢ベスト5

第5位 怖いものに追いかけられる夢

 追いかけられる夢は、重圧を抱えている時に見る夢だと言われています。また、過去のつらい経験やトラウマがよみがえる前触れなのかもしれません。「怖いもの」というのは、自分をコントロールし、害してしまう存在を表しています。厳しい上司や会社の環境・忙しすぎる生活などが、「怖いもの」として姿を現しているのかもしれません。どうやって防げばいいか、考えることが必要であると言えます。

第4位 「水」の危険な夢

 暗い海に恐怖する・お風呂が猛烈に怖く見えるなど、「水」に関わる恐怖の夢というのは、何か自分の根源への不安感を表しているといえます。自分の生活に関わる「お金」などを失ってしまわないか、あるいは、親しい人物がおかしなことに巻き込まれていないか、注意が必要でしょう。また、自分が何か後ろめたいことをしているため、自分の存在価値が感じられなくなり、夢として現れてくるイメージであるともいえます。不道徳な行為(例:不倫・嘘など)がエスカレートして、破滅に至る暗示かもしれません。これも本当に注意が必要な夢です。

第3位 虫の大群に襲われる夢

 自分が腐敗していく、自分の存在価値が感じられなくなっていく時に、「虫の大群が自分を侵す」というイメージが現れます。アフリカの映画などで、大量のイナゴが村を壊滅させる映像がありますが、どうしようもない恐怖感に襲われますよね。自分の存在をおびやかすイメージの典型でしょう。また、覚せい剤などの禁断症状で出てくるイメージだとも言われています。自分の「身体の危機」を表しているので、健康管理をしましょう。

第2位 「何もない」ことに恐怖する夢

「白い世界に穴だけがある」「何もない水平線が広がっている」というような、何もない夢というものが存在します。こうした夢の中で、あまり恐怖を感じなかったようであれば、そこまで大きな問題ではありません。しかし、こうした夢の中で、どうしようもない恐怖感・孤独感・絶望感などを感じたようであれば、かなり危機的な夢だと言えます。大きな喪失をしたことに囚われてしまっているのかもしれません。あるいは、今の生活や自分の存在自体が、無意味だ、という感覚が強くなってきているのかもしれません。人の繋がりの暖かさや、美しさなどに触れることにより、自分を取り戻す必要があります。

第1位 「おかしな自分」が、自分とは別に出てきて恐怖する夢

 今の世界に非常に違和感を抱いていることや、かなり強い「存在への不安」を表しています。心霊的には「魂が自分から離れようとしてしまっている」シグナルであるともいえます。西洋には「ドッペルゲンガー」という、「もう1人の自分」に関する恐ろしい話があります。自分がいるはずのない場所に「あなたがいた」と他人から言われたら、要注意。その「もう1人の自分」がどんどん近づいてきたら、命が危険になるというのです。こうした、「別の自分が出てくる夢」というのは、「これは自分だ」という自分への意識が希薄になっていることを表しています。かなり危険なものだと言えるでしょう。

■見たらマズい夢を見たら、どうしたらいい?

 しかし、マズい夢を見てしまうことはあるものです。見てしまった時はどうしたらいいのでしょうか。

 夢の「マズさ」に共通しているものは、「存在への不安」です。これを和らげるのは、「自分が確かに存在している」という感覚を持つことだと思います。

 まずは、大きく息をして、心を静かに落ち着け、下腹部のあたりをよくよく感じてみましょう。「ああ、確かに体があり、その中に空間がある」という思いと共に、暖かい感じがしたら、それは自分の存在を感じている証拠です。この暖かさをよく感じ、深めていくことで、まずい夢の影響を浄化する、第一歩になると言えるでしょう。

 そして、これを続けていくと、夢の意味が分かる瞬間がやってきます。

「ああ、自分はこの事に困っていたんだ、夢を通じて気づくことができた」など、夢の意味を知った時に、まずい夢の影響から完全に逃れられたと言えます。夢は、必ず、自分に何かを告げようとしているのです。
(文=北澤礼詞)

fullrss.net]]>


[カラカス 27日 ロイター] - 863種類ものフレーバーを展開しギネスブックに登録されたベネズエラのアイスクリーム専門店「コロモト」が、国内の経済危機の影響で休業を余儀なくされている。
同店はフェイスブックで「牛乳不足のため休業する」と明らかにした。
地元住民によると、同店はクリスマスイブから営業していない。
「コロモト」は、ビール味など変わった商品を展開。観光客の間で人気が高い。
ベネズエラでは経済危機の影響で、トイレットペーパーなどの生活必需品が慢性的に不足している。fullrss.net]]>


 今年は生物学者にとってワクワクする一念だったそうだ。ヘビの単為生殖、超珍しいクロアンコウ、ユニコーンの角を持つ鹿など、豊作の1年だったという。ナショナルジオグラフィックで、今年話題となった10の愛すべき奇妙な生態を持つ生き物たちが特集されていたので見ていくことにしよう。

■ 10. 地面の下からメスを誘惑するインドハナガエル
[画像を見る]
 絶滅危惧種に指定されるインドハナガエルはインド西ガーツ山脈の固有種だ。オタマジャクシは100年前から知られていたが、成体が発見されたのは2003年のことである。オスは非常に色鮮やかで、地面の下から叫び声を上げてメスを惹き付けるという変わった求愛行動をとる。

■ 9. 自ら毒を口にし、屈強な体をメスにアピールする鳥
[画像を見る]
 意中の人の心を射止めるためには、あらゆる努力を惜しんではならない。ノガンのオスもそんな健気な生き物である。彼らはあえて毒を持つ甲虫を食べるという求愛行動をするというのだ。ノガンのオスは、有毒のツチハンミョウをメスとは比べ物にならないほどに食べまくり、自分がいかに頑丈であるかをアピールするのだ。

■ 8. まだら模様のロブスター
[画像を見る]
 もし、このロブスターに出会うことができたら、宝くじが当たるより幸運度が高いかもしれない。今年8月、ニューハンプシャー州の漁師が超珍しい”まだら模様”のロブスター(写真)を捕まえた。通常は茶色っぽい緑色をしているロブスターだが、青やツートンカラー、1億分の1の確率で出現するアルビノまで、さまざまな色が存在する。まだら模様のロブスターの場合、見つかる可能性は3千万分の1~5千万分の1の確率だと推定されている。

■ 7. “寿司”そっくりのアルマジロ
[画像を見る]
 まるでサーモンの握りずしのようなこの生物は、アルゼンチンに生息するヒメアルマジロだ。体長84~117mmという世界最小のアルマジロで、絹のような白い体毛とピンク色の鱗甲板を持つ。穴掘りが大好きで、その爪は体長の6分の1まで伸びることもある。

■ 6. 都会で暮らすことを覚えたコヨーテ集団
[画像を見る]
 米イリノイ州シカゴのダウンタウンをえらく気に入ったコヨーテの一団がいる。どうやら、都会の喧噪を生き残る術を身につけたようなのだ。
 最新の調査によれば、なんと約2,000匹ものコヨーテが都会の生活に適応しているらしい。中部アメリカの固有種であるコヨーテは非常に順応性が高く、郊外と野生の餌場を利用することで、過去数十年の間にアメリカ国内のほぼ全地域に分布するまでになっている。

■ 5. 踊るカエル
[画像を見る]
 5月、インド西部の森林の中で、小さな身体で”踊る”カエルの新種が14種発見されたと発表された。足を振りながら求愛するオスに因んでダンシング・フロッグと呼ばれるこの種は、この発見によって一気に24種にまで倍増した。

■ 4. 猫みたいにモフモフなので被害者続出、有毒のネコ毛虫
[画像を見る]
 猛毒があり触れば大変なことになるのだが、それでも触らずにはいられないのは、モフモフとした毛並のせいに違いない。この毛虫のお陰で、今年始めにアメリカ東部では病院送りになる人が続出した。アメリカで最も毒性の強いネコ毛毛虫(furry puss caterpillar、写真)は、可愛らしいネコちゃんに因んで名付けられた。見た目はモフモフしていそうだが、身体を覆うかつらのような毛には小さな猛毒の針が隠されている。

■ 3. クロアンコウ
[画像を見る]
 あんぐりと開けられた口には牙のような歯。実にホラーな形相をしているクロアンコウは、深海魚ならではの造形を誇る。実際、11月に研究者がクロアンコウのメス(写真)の撮影に成功したことで、大きな注目を集めることになった。自然環境下の生きたクロアンコウが撮影されたのは今回が初めてのことである。
[画像を見る]世界初!?激レアアンコウ ”ブラック・シーデビル”が泳いでいる姿を撮影することに成功(米カリフォルニア州)

■ 2. ユニコーンは実在した?でも鹿だった。
[画像を見る]
 おとぎ話に出てくる伝説の生物、ユニコーンは実在する。だがそれは鹿だった。この写真は8月にハンターがスロベニアのツェリェで撮影したもので、奇形の枝角を有した極めて珍しいノロジカだ。おそらく枝角が生える早い時点で怪我をしたことが原因だと思われる。こうした怪我はよくあることで、変わった形の枝角が生えることがある。それでも、こうした”ユニコーン”のような形は非常に珍しく、鑑定を行った研究者も見たことがなかったそうだ。

■ 1. ぼっちでも増える。生き残れる。ヘビの単為生殖
[画像を見る]
 10月、世界最大のヘビが世界初の単為生殖を行ったと発表された。問題のヘビは米ケンタッキー州ルイスヴィル動物園で飼育されているセルマと名付けられた11歳のアミメニシキヘビ(写真)である。彼女はもう1匹のメスのアミメニシキヘビと一緒に飼われているのだが、2012年6月に6匹のメスの子供を生んでいた。そして、彼女が唯一の親であることがDNAによって確認されたのだ。

via:nationalgeographic・原文翻訳:hiroching

【2014年に話題となったへんてこ動物トップ10】を全て見るfullrss.net]]>

 数年前、ドイツ・ポーランド・チェコを結ぶ一帯に『魔女街道』なる道ができた。この一帯には、敬虔なカトリック教徒が数多く暮らすこともあり、かつて「魔女裁判」の件数が特に多かったとされるが、これらの地域をつなぐことで、一種の観光ルート化しようという試みである。実際、ポーランドのニサという町には『魔女博物館』があり、拷問を受ける魔女たちの像をはじめ、「鉄の処女」や釘だらけの椅子など、数々の拷問器具も展示されている。加えてこの一帯では、年に数回「魔女祭り」のイベントも行われており、一般の観光客も参加可能とのことなので、現地を訪れる機会がある人は、立ち寄ってみることをお勧めしたい。

 しかしその前に、この「魔女」について、あなたは一体どこまで正しい認識を持っているだろう? そもそも、魔女とは何者なのか? 筆者自身も魔女であるが、日本では、グリム童話に出てくるような「悪魔と契約する」「子供を生贄にする」「呪いを行う」といった誤ったイメージを持たれること事が多いように感じている。今回は、魔女の実体についてお話させていただこう。

【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2014/12/post_5431.html】

■魔女とは何者か

 基本的に魔女とは、魔術(薬草等による自然療法・占い・悩み相談・ヒーリングなど)を行う女性のことであり、広義にはこれらの能力を持つ男性(魔男)も含まれる。日本でいうところの「巫女」に近い存在なのだ。

 魔女たちは、クライアントの依頼で黒魔術を行うことはあっても、「悪魔と契約する」ことはなく、ましてや「子供を生贄にする」など法に触れた行為に及ぶこともない。また、一般的には自分の欲望のために魔術を使うこともない。

 魔術の儀式形態は各国・地域によって様々だが、簡単に言えば、人間(特に女性)が生まれながらに持つ霊性や"第三の目"、"念の力"により、守護霊や自然霊魂から力を借りようとするものだ。筆者の場合は、魔法陣をきった後に、自然界の力を借りて、白魔術の場合は「愛」「希望」といった"良い念"をターゲットに注入する。逆に黒魔術の場合は、「憎悪」「怒り」といった"悪い念"を、怨みの霊魂の力をもってターゲットにぶつける。

■魔女になるには?

 魔女になるために、特別な学校に行く必要もなければ、特定の団体に所属する必要もない。『ハリー・ポッター』に代表される魔術・オカルト大国、イギリスには、「魔女協会」や「魔術学校」なるのもが存在するようだが、そもそも前述の"第三の目"や"念の力"は誰しもが持っている力であるため、講師の元で長年の修行を重ねずとも、勘が良い女性であれば明日からでもなれるのだ。

 ちなみに筆者の場合、母方がポーランドの魔女の家系、父方の先祖にはアイヌのシャーマンがいたという遺伝的要因もあり、物心ついた頃から、学校の勉強よりも魔術に関心を抱いていた。そのため、自身がいつ魔女に目覚めたのかはっきりとは覚えていない。このように、家系からくる遺伝的要因がきっかけで魔女に目覚めるケースもあるが、要するに魔女になるには、こめかみの辺りにある霊感を掌る「第三の目」と「チャクラ」(気の出入口)を開花させればよい。

 これは、瞑想して自らの雑念を祓ったり、パワースポットに行くことで開花しやすくなる。また、霊能力が強い人間に遭うことで突然開花することもある。しつこいようだが、誰でも"第三の目"や"念の力"を持つ。しかし、現代は地がコンクリートで、空が高層ビルで遮断されているが故に、守護霊や自然霊魂の声が聞きとりにくくなり、その結果、開花しないままになっている人間が多いだけの話である。もし魔女になりたい方がいたら、くれぐれも、高額なツアーやボッタクリ霊能者には騙されないよう注意いただきたい。

■現代の魔女を取り巻く状況

 さて、日本ではどちらかと言えば怖いイメージを抱かれる魔女だが、ポーランドをはじめ、過去に魔女裁判が行われた前述の地域一帯でも、いまだ忌み嫌われることが多い。敬虔なクリスチャンは、キリスト教と異なる価値観(魔女・占い・オカルト等)を許容できないものなのだ。魔女に関するポーランドの言い伝えには、「紐等に身に覚えのない結び目を見つけた時は魔女の呪いが原因である」「晴れているのに雨が降っているときは、魔女がバターをつくっている」等、論理の飛躍が甚だしいものまである。

 2003年、ポーランド南部のクラクフ郊外で、隣人に魔女(魔男)の嫌疑をかけられた男性が、名誉棄損であると訴えた事件があった。隣人が、「彼から牛を買ったその日から、悪いことばかりおきる。彼が魔術をかけたに違いない」とあちらこちらで言いふらしたのが原因だそうだ。悪いことの内容はと言えば、牛乳が出ない等の些細なことだったらしいが、ポーランドの多くの地域では、牛が乳を出さないのは「魔女(魔男)に魔術をかけられたため」という昔からの迷信があり、特に年配のポーランド人の多くが今も信仰している。「魔男」が被告ではなく、原告の立場だったという点は現代的であるとも考えられるが、いずれにしても、魔女を取り巻く現状は、今の時代に至っても偏見と錯誤に満ちたものであると言わざるを得ない。

 今回の記事によって、魔女に関する正しい社会的理解のため、わずかながらでも貢献できれば幸いである。

(深月ユリア)

※画像は「Wikipedia」より

fullrss.net]]>


 ちなみに私は方向音痴である。移動中、「北はどっち?」と聞かれてもどちらかまったくわからない。太陽が出ているときはかろうじて太陽の位置で東西南北を知ることができるのだが、曇りの日の夜となるとお手上げだ。だが、人によっては「え?なんでわかるの?」っていうくらい、いつ何時北はどっちと聞いても的確に答えられる人がいる。
 最近報告された研究結果によると、ヴァーチャルリアリティと脳撮像技術を組み合わせることで、脳内の”帰巣シグナル”の位置が特定されたという。それは脳内にある嗅内皮質だそうで、これによって方向感覚が人によって様々である原因が突き止められるかもしれない。

 どこか目的に到達するには、まず自分が向いている方向と、移動すべき方向を知らなければならない。これまでの研究によって、コウモリなどのほ乳類には”頭方位細胞”と呼ばれる神経細胞がその手助けをしていることが知られていた。
 この細胞は、現在面している方角のシグナルを送るもので、ロンドンのタクシー運転手に参加してもらった実験では、進路を割り出す際に、頭が面している方角を計算していることが明らかとなっていた。
[画像を見る]
 こうして帰巣シグナルの存在が予測されていたものの、それが実際に確認されたことはなかった。そこで、英国、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのヒューゴ・スピアーズ氏は、実際に脳の一部が移動すべき方向を告げているのかどうかを調べるため、16人のボランティアにコンピューター上に再現された単純な四角い部屋を移動してもらうことにした。

 部屋の壁にはそれぞれ異なった風景の画像が貼られ、4隅にも異なる物体が置かれている。この被験者がこの環境に慣れた後、部屋の隅の1つに降りてもらい、特定の方向を向いてもらった。それから別の隅に置かれている物体まで移動するように指示される。この間、脳内の活動はMRIによって記録されている。

[画像を見る]
 スピアーズ氏の狙いは、被験者が別の方向を考えているときに活性化する脳の領域を調べることだったそうだ。「嗅内皮質から送られる脳内シグナルの力と一貫性には驚きました。人間のこうした基本的な動作に明らかに影響を及ぼしています」。と同氏は語る。

 人間が面している方角と、目的地へ辿り着くために移動すべき方角を告げるのは、嗅内皮質であったのだ。すなわち報告感覚が生まれる場所であり、ここで送られるシグナルの質が、方向音痴とそうでない人を分けていたのだ。

[画像を見る]
 環境中を移動する際、体内に埋め込まれた”コンパス”が調整を行っていると説明するのは、研究を指導したマーティン・チャドウィック氏だ。
 「例えば、左に曲がるとき、嗅内皮質はこれを処理して、面している方向を変え、それに応じて目的地の方角を調整する必要があります。」何度も曲がったことで方角が判らなくなったのなら、それはこの動きに脳が追いつかず、方角の調整を失敗したからなのだそうだ。
●嗅内皮質は、海馬の周囲に存在する灰白質の大脳皮質領域である海馬傍回に含まれている組織で、。大脳内側面の脳回のひとつである。この領域は記憶の符号化及び検索において重要な役割を担っている。
via:iflscience.・原文翻訳:hiroching

 てことでパルモの場合には、シグナルの質がかなり悪いらしいので、1度いった場所にもう一度たどり着くことができないってわけだ。脳の仕業ならじゃあもうしょうがないや。

【方向感覚が優れている人、方向音痴の人、その違いは脳内の嗅内皮質にあることが判明(英研究)】を全て見るfullrss.net]]>

 今年も残りわずか。もう~いくつ寝るとお正月~、と聞こえてきそうだが、初詣の寺社はもうお決まりだろうか? 初詣というと、恋愛・健康・安産・合格など運気を上げる願い事をするわけだが、初詣の祈願では解決されない願望もある。それは「復讐したい」「悪人を成敗したい」という願いだ。

 残念ながら、社会には悪人も多い。今年「詐欺師に騙された」、「身体目当ての男に遊ばれた」、はたまたもっと深刻な事態に巻き込まれたという方もいることだろう。世にはびこる悪に復讐し、成敗したい。2014年の怨みを晴らし、清々しい2015年を迎えたい――。そのような願いを届ける行為こそが"呪い"である。

 そこで本記事では、我が国伝統の"呪術"である「丑の刻参り」について解説した上、「呪詣」が想起される、とっておきの寺社を紹介しよう。

【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2014/12/post_5473.html】

■解説「丑の刻参り」

 丑の刻参りに臨む者は、まず以下のように装うことが求められる。

・ 白い着物をまとう
・ 髪を乱す
・ 顔には白粉(おしろい)を塗る
・ 歯には鉄漿(おはぐろ)を塗る
・ 濃い口紅をつける
・ 口に櫛をくわえる
・ 頭には鉄輪をかぶり、その3つの足にローソクを立てて灯す
・ 胸に鏡を掛ける
・ 歯の高い足駄を履く

 陰陽道では昔から「丑寅」(東北)の方位が鬼門とされ、そこから鬼が侵入して来ると忌み嫌われてきた。この丑寅を時刻に置き換えると「丑の刻」(午前1時~3時ごろ)となる。その丑の刻に合わせ、寺社の古い神木に対し、憎むべき相手をかたどったワラ人形を五寸釘と金槌で打ち込むことが典型的な「丑の刻参り」の作法とされている。ただし、この行為を決して他人に見られてはならない。

■伝統的な呪術スポット

【貴船神社奥宮(京都)】

 水神である高龗神(たかおかみのかみ)を祀る神社で、縁結びの神としても信仰されている。しかし他方では、「元祖 丑の刻参り」の神社としても知られている。

 平安時代の『栄花物語』によれば、藤原頼通の病気は貴船の呪咀が原因だとされている。また、『平家物語』の「剣之巻」に登場する「宇治の橋姫」は、浮気して自分を捨てた男を呪うために貴船神社に7日間篭もった末に鬼となり、宇治川に身を投げたと言う。

 貴船神社では奥社への立入を禁止する立て札を立てているが、夜になると「丑の刻参り」を行うために藁人形と五寸釘を持って訪れる人々が後を絶たないようだ。

【八反坊神社(広島県庄原市)】

 八反坊(はったんぼう)を奉る神社。その昔、八反坊は年貢の割当てや取立てを行う公事人だったが、地主から不当な扱いを受けると取り立てを減らすなどした為、庶民からは大人気だった。

 しかし、それが気に食わず、分限者たちは八反坊に無実の罪を被せて投獄。彼を死に追いやった。生前の彼が遺した「自分に濡れ衣を着せ、投獄した役人の家が見えるところへ遺体を埋葬するように」という遺言の通りに遺体を埋葬すると、その家には不幸が続き、家系が絶えてしまったという。そして、村人は八反坊の墓の上に社を建てた。

 以来、八反坊は「護り神」であると同時に、「祟り神」としても知られるようになり、八反坊神社では「丑の刻参り」が行われるようになった。

【地主神社(京都)】

 大国主を主祭神とし、縁結びの神さまとして若い女性やカップルに人気のスポットである。しかし、ここにも「丑の刻参り」の痕跡を持つ木がある。

 ご神木である「いのり杉」は、別名「のろい杉」とも言われており、江戸時代には多くの女性たちが「丑の刻参り」を行っていたそうだ。しかし、神社の公式HPによると、「丑の刻参り」は、「そもそもは『のろい』ではなく、国土豊潤のため、丑年丑月丑日丑刻に神社の祭神が降臨される折、心願成就に詣でたのが始まり」であるとのこと。

【千代保稲荷神社(岐阜)】

 京都の伏見稲荷・愛知の豊川稲荷とともに、日本三大稲荷の一つとされる。祭神は大祖大神・稲荷大神・祖神で、商売繁盛・縁結び・合格祈願などにご利益がある。

 しかし、ここでも境内の一角に藁人形が打ちつけられる神木があるという。この神木は、「足止めの木」とも呼ばれ、行方不明になった人や、去って行った恋人などの靴下か靴を釘で打ち付けると、その人が帰ってくると伝えられる。

【浅草寺(東京・浅草)】

 ご存知、初詣で大人気の寺である。浅草寺で呪いが成就する、などあまり耳にしないが、浅草寺には悪者を成敗する神様「不動明王」が奉られている。仏法に従わない者を恐ろしい姿で脅して教え諭し、仏法に敵対する物事を力ずくで阻止し、外道に進もうとする者は引っ張ってでも内道に戻すとされる。

 魔女呪術師である筆者自身、「呪い」の依頼を受けるとこの不動明王に祈願する場合も多く、その度に成功している。本記事では守秘義務の関係から詳細は記載出来ないが、「不動明王」は非常に荒々しい神様で、予想以上の恐ろしい効果をもたらすこともある。そのため、ここでは改心不能な根っからの極悪人を呪いたい時のみ祈願する事を勧める。「男女の三角関係」や「ムカつく人がいる」程度の理由で頼んでしまうと、逆ギレされて自らの運気が低下する可能性もあるので、くれぐれもご注意いただきたい。

 さて、2015年初の「呪詣」をしたいと思える神社はあっただろうか? 最後に、ひとつ非常に重要な点を注意しておかなければならない。「人を呪わば穴二つ」である。呪いのパワーを絶対に侮ってはならない。初詣同様に我侭な祈願は却下されるし、祈願も1つに絞った方が聞き入れられる。「呪詣」は、あくまでも現実世界で他の手段による解決方法がない場合のみ、年に一度まで、対象は神様仏様も認めるであろう真の極悪人を1人に限定して行わないと、神仏に見放され、逆に呪いの邪念と自らの生き霊が我が身にも危害を及ぼしかねないのだ。あなたに何が起きようと、筆者は一切責任を負わない。

 読者の皆様にとって、清く正しい2015年となることを、心より祈願する。

(深月ユリア)

※画像は「Wikipedia」より

fullrss.net]]>

 12月21日(日)、東京都台東区浅草のマルベル堂のスタジオにてUFOコンタクティー・UFO写真家の武良信行(むらのぶゆき)氏の公開UFO召喚実験トークイベント「UFOを呼べるおじさん武良信行さんとUFOを呼ぼう!?」の第1回が行われた。

 司会はオカルト研究家・作家の山口敏太郎氏、アシスタントは「りなんなん」の愛称で知られるアイドルの井内里菜氏。主催者である山口氏は武良氏と古くからの友人であり「UFO召喚できる」能力を持つという武良氏の力を以前から注目しており「長年温めていた企画である」と語っていた。

【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2014/12/post_5480.html】

 第1部は山口氏が武良氏の生い立ちを中心に、UFOに興味を持った理由などをトーク形式で発表した。

■戦後直後、境港で目撃された謎の「赤い火の玉」

 武良氏は「ゲゲゲの鬼太郎」などの著作で知られる漫画家の水木しげる氏(本名:武良茂)の親戚で、実家は水木しげるの生まれ故郷鳥取県の境港市である。武良氏の「UFO原体験」は4歳の頃、昭和24年ごろに境港市で目撃した「赤い火の玉」であるという。

 叔母とふたりで畑にいたところ武良氏は赤い火の玉のようなものを目撃。当時は「未確認飛行物体=UFO」という言葉はまだ知られていなく、二人は妖怪の一種として見ていたという。武良氏は当時を振り返り「当時のことはあまり覚えていないのですが、火の玉の記憶だけは鮮明に記憶している」と語っている。

 その日から武良氏は「未確認飛行物体」に興味を持つようになり宇宙雑誌などを読みあさるようになる。

 そんなある日、武良氏は昭和後期に発売された「宇宙人の声」が録音されたというレコードを入手。武良氏はそのレコードを毎日にように聞き研究を開始。集めていたレコードや雑誌を資料に自己練習を行い、宇宙人言語の発音、テレパシーの呪文などを独自の方法で編み出すことになる。

■「このままで終われない」UFOに命をかけた第二の人生

 社会人になっても武良氏の頭はUFOのことでいっぱいで、会社でも「UFOを見た」と熱弁するため同僚から怪しまれ、ついには精神科への通院を勧められたという。

「当時、私は魚の調理師をやっていまして包丁など扱うのでアブナイ奴と思われたんでしょう」と当時を振り返る。

 武良氏は退職することなく定年まで勤め上げたが「こんな調子なので最後まで平社員で責任者へのポストにはなれませんでした。だけど『俺の人生このままで終われない』と奮起して、定年後はさらにUFO研究を極めることに決めました」

 武良氏はこれまでの貯蓄を元手にビデオカメラをはじめとする機材の購入を開始。これまでUFO研究に費やした金額は500万円を超えるという。

「もともと無趣味だったのでカミさんも大目に見てくれました。最初は家族も呆れた顔をしていたのですが、最近はスポーツ新聞やテレビ局へもお呼びいただけるので家族も認めてくれています。ありがたいことです」と笑顔で語った。

■宇宙人は「きゃりーぱみゅぱみゅ」の追っかけだった?

第2部では、武良氏は「UFOを撮影しやすくする方法」を受講生にレクチャー。その後に撮影会となる。武良氏曰くUFO撮影において注意すべき点は以下の通りだという。

【UFOの撮影方法】

1. ビデオやカメラはシャッタースピードを限界まであげる。
2. 「5、4、3、2、1」と心の中でカウントしシャッターを切るなどUFOがポーズ(?)しやすいように心がかける。
3. 「キュンキュンキュン」などUFOのエンジン音を唱える。

 また、武良氏曰く「宇宙人は音楽好きが多い」とのことでオススメの曲を伺った。ピンクレディーの『UFO』や演歌(特に野村将希が反応しやすい)、また最近ではきゃりーぱみゅぱみゅの曲にUFOは反応しやすいという。

「きゃりーちゃんの音楽のノリが宇宙人好みらしいです」と武良氏は語る。

 ちなみに、武良氏は研究の一環としてきゃりーぱみゅぱみゅの出演番組を自分で編集しオリジナルDVDも制作するという熱の入れようである。

 また、この日は武良氏が自ら制作した「UFO撮影許可証」のミニシールを全員配布。許可証を持って上記の点に注意すれば、成功率はアップするという。

■ついに激写!? 謎の黒点UFO召喚成功か?

 受講者十数人が全員マルベル堂に集まり撮影会がスタート。アシスタントのりなんなん氏が「キュンキュンキュン」とエンジンになりきり踊りながらUFOを呼び出す呪文を唱える。

 武良氏は「耳鳴りがします。近くに3機ほどいるようです」

 実際、武良氏が屋上に上がりカメラをセッティングした時点で浅草の怪しかった雲行きが消え綺麗な晴天となった。武良氏はさらに追い打ちをかけるよう携帯電話からピンクレディーの『UFO』の着メロを流しUFOへアピールする。

 実験すること10分後、UFOはなかなか現れず若干受講者のなかに諦めムードが漂うなか、講座スタッフのひとりから「UFOらしき黒点が写った」と報告があった。

 今回、掲載している写真はその時に撮影されたものだが、スカイツリーの近くに数点の黒い影が写りこんでいる。黒点は4つあり、武良氏の言っていたUFOの数と一致する。

 山口氏が今回のイベント会場に浅草を選んだ理由は2年前ほど前、山口敏太郎事務所にスカイツリー近辺で撮影されたというUFO映像が持ち込まれたのがきっかけである。夜のスカイツリーに飛行機とは思えない謎の白い物体が発行しながら近づき、夜空へと消えていく衝撃的な映像は各テレビ局が紹介しさまざま議論を呼んだ。

 今回撮影された物体は一般的なUFOの形をしておらず、黒い点なのでレンズの汚れの可能性ももちろんあるが、宇宙人の乗っているUFOの可能性もまだ捨てきれない。

 果たして、この黒点は本当にUFOだったのだろうか...? イベントは宇宙の神秘と武良信行氏の不思議な人柄を胸に頂きつつ無事に終了した。

 また、今回はイベントの第2回は2015年1月9日(金)に大阪で行う予定。ライブハウス「HOURZ ROOM アワーズルーム」で作家・コラムニストの竹内義和氏と山口&武良でUFO召喚実験を行う予定となっているので是非注目していただきたい。
(文=穂積昭雪/山口敏太郎事務所)

■HOURZ ROOM アワーズルーム
〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-4-21 日宝肥後橋中央ビル2F2号(四つ橋線・肥後橋駅 6番出口徒歩1分)
TEL 06-6940-7469
http://hourz.co.jp/
info@hourz.co.jp
営業時間 EVENT TIME+BAR TIME 基本深夜0:00まで

fullrss.net]]>


 いやその発想はオンリー・アメリカとしか言えなくもないし、ただ銃が撃ちたいだけやんとも思えなくもないが、新年を祝い、ハッピーホリデーってことで、50口径のライフルでシャンパンのコルクのみを撃ちぬいてみたのだそうだ。はたしてそんなことが可能なのか?では映像をみていこう。
[動画を見る]
How To Uncork Cristal with a 50 Cal
 結果的には成功したようだが、何本無駄にしたのかはちょっとよくわからない。他にもっと祝い方はなかったのかと小一時間問い詰めたところで、そこに銃がある限りは無理なのかもしれない。
 失敗
[画像を見る]
 失敗
[画像を見る]
 成功
[画像を見る]

【コルク抜きがなければ銃で撃てばいいじゃない?50口径のライフルでシャンパンのコルクのみを撃ちぬくことは可能なのか?】を全て見るfullrss.net]]>


 
 電気自動車はのイメージは、一般的には環境に優しく “クリーン” であるというイメージがあるが、果たして本当にそうなのだろうか?
 今回米ミネソタ大学ツインシティー校の工学科教授ジュリアン・マーシャルが率いる研究チームが行った研究によると、「火力発電によって作られたエネルギーを使う電気自動車はガソリンを使う自動車よりも環境に悪い」ということが断言できるという。
 今回の研究で鍵となったのは電気自動車のエネルギーの源となる資源について深く調査した事だ。もし電気が火力発電によって生み出された物であれば、ガソリンの約3.6倍近いスモッグや有害ガスが生み出される事になる。この発表は「Proceedings of the National Academy of Sciences」誌に掲載された。
 またスモッグ等と同じくして、多くの二酸化炭素が生成される事から、地球温暖化に対する悪影響も強いのではないかと考えられている。
[動画を見る]
The impact of transportation fuel choice on PM2.5 concentration
 米エネルギー省によると、火力発電によって生み出された電力が最も多い州はウェストバージニア州、ワイオミング州、オハイオ州、ノースダコタ州とイリノイ州だ。またアメリカ合衆国全体を見ても、約39%の電力は火力発電によって生み出されている。アメリカでは電気自動車がガソリン自動車よりも86%以上環境破壊と死を招いているようだ。

[画像を見る]
 もちろんこれは、火力発電を使用した場合に限った話である。ガソリンによって動く自動車と比べると天然ガスによってエネルギーを得た電気自動車は約2分の一。水力・風力・波力発電によってエネルギーを得た自動車は4分の一のガスしか排出されない。
 ただし、今回の研究の共著者の一人であるジェイソン・ヒル教授は唯一、エタノールだけは何があっても使うべきではないと警告した。これはエタノールを使用したハイブリッド車が通常のガソリン自動車よりも1.8倍程の大気汚染を行ってしまうからだそうだ。

[動画を見る]
Life cycle air quality impacts of light-duty transportation: Video abstract
via:dailymail/

原文翻訳:riki7119

【電気自動車は環境に良くない?少なくとも火力発電を利用した電気自動車はガソリンを使用する自動車よりも汚染をもたらすことが判明(米研究)】を全て見るfullrss.net]]>

[画像を見る]
 異種愛が炸裂する種の違った動物たちが仲良く寄り添う写真や動画は、これまでも何度かお伝えしてきたが、まだまだたくさんあるようだ。同じ種族でいがみ合うことの多いヒト科の我々にとって、これらの動物たちの種を超えた友情、愛情は見ていて心が癒される。
■1.スロベニアのとある農家に迷い込んで生きたというコグマ。どうやら母親を失って孤児となってしまったようだ。そこでラッキーという名をもらい、この家で育てることに。飼われている犬のアイカと大の仲良しになった。
[画像を見る]
[動画を見る]
Lucky the bear cub playing with his dog friend Aica
■2.犬と猫はもう定番だね。ラブラドール・レトリバーのヘッセルさんと猫のハンネスさんのナイスツーショット。
[画像を見る]
[画像を見る]
■3.子猫を猫かわいがりしながら育てているのはマカクザル
[画像を見る]
[動画を見る]
Monkey adopts orange kitten
■4.オオカミと熊の友情、超かっこいい!
[画像を見る]
■5.馬のモンティー、ラブらドールのタイラー。この馬と犬はアフガニスタンで戦死した女性兵士の娘が残していった忘れ形見で、今は父親が大切に育てているという。
[画像を見る]
[画像を見る]
■6.マレーシアの動物園で鹿にぺったりんこしているマカクザル。鹿はほかにもたくさんいるが、この鹿にぞっこんなんだそうだ。
[画像を見る]
■7.アカギツネに守られながら眠るウサギ
[画像を見る]
■8.白いシャイアー馬のガリバーさんのそばを離れないのはミニチュアロバのアポロさん。踏まれたら大変!って思うわけだが、これが結構大丈夫なんだそうだ。
[画像を見る]
■9.カナダ北部で友情を育てているのはホッキョクグマとハスキー犬
[画像を見る]
[画像を見る]
■10.鶏のグラディスさんと猫のスノーウィさんの魅惑のツーショット
[画像を見る]
■11.ミーアキャットをだっこするライオンの赤ちゃん。このライオンは母親に育児放棄されていたところを南アフリカのプレデターワールド動物園に保護されたそうだ。
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
■12.崖から落ちケガしていたところを救助されたゾウの赤ちゃん。そのゾウに心を惹かれそばに寄り添うのは2匹のダチョウの赤ちゃんだ。
[画像を見る]
■13.米サウスカロライナ州のマートルビーチサファリパークで友情をはぐくんでいるのは、グリスリーベアのバムバムとチンパンジーのワリー。2匹はいつもひっついて追いかけっこをしたりプロレスごっこを楽しんでいるという。今のところは互角のようだ。
[画像を見る]
[画像を見る]
■14.中国のトラの動物園では、1匹の赤ちゃん猿がライオンの子に夢中。
[画像を見る]
■16.ジャーマンシェパード犬が大好きになっちゃったコアラの赤ちゃん
[画像を見る]
■17.猫と犬が仲良しならば、トラと犬も仲良しになれないわけはないようだ。
[画像を見る]

via:viralnova

【姿かたちは違っても、ずっとそばにいたいんだ。種を超えた動物たちの友情・愛情物語(動画あり)】を全て見るfullrss.net]]>


 ブラジル、タグアチンカで、ホームレス男性が突然てんかんで倒れた。通報を受けた救急隊員が男性を救急車に乗せ病院へと搬送していたところ、後ろから1匹の犬が必死に追いかけてくる。
 この犬は男性が倒れた時もずっとそばにいた犬だ。犬は救急車を全力で追いかけ、速度を落としたときは、自分の姿がわかるように前に来たり、横に来たりと、とにかく救急車のそばを離れない。
[動画を見る]
Cachorro persegue ambulancia em Taguatinga
 運転手はバックミラーに写る犬の姿に気が付いた
[画像を見る]
 速度を落とすと車両の横に回って車に乗りたそうにしている
[画像を見る]
 この犬は男性が倒れたときにそばにいたあの犬だ。
 追いかけてきていることに気付いた救急隊員らは犬を中に入れてあげることに
[画像を見る]
 ストレッチャーに乗せられた男性を心配そうに見守る犬
[画像を見る]
 犬は病院でも意識を失っている男性のそばを離れなかったという
[画像を見る]
 これは今年3月に撮影されたものだそうだが、飼い主を気遣う犬の姿が感動を呼びフェイスブックなどでシェアされた。また、救急車がこの犬を受け入れたことに関しても英断であるとして一部称賛を浴びたそうだ。

via:9news

 この犬は男性が意識を取り戻したのち男性と一緒に帰って行ったそうだ。

【救急車で運ばれるホームレスの主人を必死で追いかける犬、やっと気が付いてもらい救急車でともに病院へ(ブラジル)】を全て見るfullrss.net]]>

■1978年、農夫がエイリアンに拘束される

 5月のことだった。ポーランドの首都ワルシャワの南東およそ145キロの小村エミルツィム(Emilcin)で、1人の老農夫がエイリアンに一時身柄を拘束されるという出来事があった。

 当時の内外メディアはこれをほぼ完全に無視した。しかしその後、この記憶はゆるやかに共有されて、現在では拉致現場に1つのモニュメントが建立されるまでに至っている。

 5月10日の午前8時頃。森の小径で牛の引く荷車を操っていた当時70歳のヤン・ヴォルスキー(Jan Wolski/1907年~1990年)は突然、2人のヒューマノイドに遭遇した。身長およそ5フィート(1.5メートル)ほど。頭は小さく、灰色だった。顔や手は緑がかった色で、背中のコブが眼についた。かれらは時折、唇の端をゆがめて、しかめ面をしてみせた。猟師かと思ったが、全身にダイバー・スーツのようなものをまとっていた。

【その他の画像と動画はこちらから→http://tocana.jp/2014/12/post_5469.html】

 やり過ごそうとしたヤン爺さんだったが、そのおかしな〈存在〉は、さっと荷車に飛び乗ると、ちゃっかり彼の隣に座りこみ、奇妙な言葉で話しはじめた。 連中の「釣り上がった目と突き出た頬骨」のせいで、ヤン爺さんはかれらをてっきり外国人と思い込んでしまったというのだが、筆者は心の中で思う。「それ、モウロクでっせ」。

 さてヤンは言われるまま(?)、森の中の開拓地に荷車を向けた。するとそこには、大きな物体がホバリングしているではないか! その物体、つまり純白に輝くUFOは、長さ約16.5フィート(5.0メートル)、高さ約14.75フィート(4.5メートル)の「寸胴のバスと同じくらい」の代物で、小屋のように屋根が付いていた。それが約16フィート(4.9メートル)の中空に浮いていたのだった。

 船には、目立った外装(ライトやジョイントなど)は見当たらなかった。ヤン爺さんによれば、船体の四隅には黒い素材で作られた物体が付いていて、ドリルのように見えるそれは、うなるような音をたてていたという。また、宇宙船には地面にまでとどく、エレベーターらしき装置もあった。 

 それからヤン爺さんは、浮遊物体の近くで出会った新たな2人のヒューマノイドとともに、その中に乗り込んだ。船内には8~10席ほどの椅子がすえてあり、みな1人用の大きさだった。ドアの前には、足と翼をばたつかせるカラスやキジ、カササギなどが何羽がいたが、なんらかの力でその場に固定されているように見えたという。

■UFO内でヤン爺さんがされたこと

 ついでヤン爺さんは、2枚の大皿に似た用具で検査を受けた。それが済むと、今度は、身振り手振りで「服を脱ぐ」ように指示された。その時になってはじめて、爺さんはクラフト(船)に、窓も照明もないことに気がついた。陽の光がドアを透過して差し込んでいるらしかった。

 やがてヒューマノイドたちは食事をはじめ、ヤンにもその氷柱(つらら)のような食物をさし出したが、彼は拒んだ。船の内部はかれらの服装と同様、灰色がかった黒で整えられていた。

 家に戻ったヤンは、家族に不思議な体験を伝えるとともに、宙に浮いたクラフトを見にゆくよう促した。彼は息子を近隣の家々に走らせ、集った数人のメンバーを率いてふたたび現場に向かった。

 船が浮いていたと思われる真下の草は「踏み固められ、その上にはあらゆる方向に小径が走っていた」。爺さんの息子たちの言によれば、人間のものより大きいか小さいかは見定めなかったものの、そこには確かに、なんらかの〈存在〉の残した足跡が多数みとめられた。

■20人が宙に浮く不思議な物体を目撃していた

 ヤン爺さんは警察に事件を通報した後でも、ヒューマノイドたちがマスクに手袋姿の外国人だと思うと語っている。後に、このとき、6歳の少年を含む20人あまりの地元民が、空を舞いながら高く上昇し、納屋のむこうに消え去ったバスのような物体を目撃していたことが明らかになった。

 ヤン爺さんは、事件後2カ月たった1978年7月、ヘンリク・ポモルスキーとクリスチナ・アダムチェクによるインタビューの中で、自身の体験を実直に物語った。この記録は長い間、個人のアーカイヴにしまいこまれていたが、現在では一般に公開されている。

 2005年、事件の舞台となった現場に、ヤン爺さんのアブダクションを記念する?「エミルツィムUFOメモリアル」が建立された。その碑文にはポーランド語で次のように刻まれている。「1978年5月10日、エミルツィムにUFOが着陸した。この真実は未来において私たちを驚かすことになるだろう」と。

 ...と、ここまで書いてきて、筆者はひょっこり、あの方舟伝説を思い浮かべたりするのだが、この「現代の民話」に、はたして読者はどのような感慨を抱かれただろうか? 最後に1つ、耳寄りのお知らせを─。「UFO W Polsce(ウフォ・ポルサ)」=UFO in Polandで検索すると、ポーランドのその手の情報がたくさん手に入りますよ。
(文=石川翠)

※画像は「YouTube」より

fullrss.net]]>


 なぜそれを考え付いた?というように、ギネス記録には思わぬ記録が多数存在する。今年も様々な記録がギネスレコードとなった。年の瀬の今、ありそうでなかった世界一を動画とともに振り返ってみることにしよう、そうしよう。

■ 1.過去最大級の花火(日本)
[動画を見る]
New world record for the heaviest firework in Japan
 重量:464.826キログラム、直径にして800メートルの花火が、埼玉県「こうのす花火大会」13周年記念で打ち上げられた。
 

■ 2.世界最速のタイピング(ブラジル)
[動画を見る]
Fleksy Keyboard Breaks the Guinness World Record for Fastest Texting
 ブラジル出身のマルセル・フェルナンデス・フィルホという17歳の少年は、11月7日、以下の文章を7秒で打ち込んだという。「The razor-toothed piranhas of the genera Serrasalmus and Pygocentrus are the most ferocious freshwater fish in the world. In reality they seldom attack a human.(訳:SerrasalmusとPygocentrus属であり、鋭利な歯を持つピラニアは世界で最も獰猛な淡水魚だ。実際、彼等は稀ではあるものの人間をも襲う)」 ちなみに彼がギネスに挑戦する前の自己ベストは18.19秒と18.44秒であった。

■ 3.二輪を地につけた状態で一台の車の周りをドーナッツ状に回った(中国)
[動画を見る]
Most donuts (drift spins) around a car driving on two wheels in one minute - Guinness World Records
 チャン・ショウシュンという人物がBMW M4 クーペでハン・ユエさんが乗るミニ・クーペの周りで二輪を地面に着けた状態で回った。

■ 4.ゲーム「マインクラフト」で最も長い徒歩距離が記録された
[動画を見る]
Minecraft Far Lands or Bust - #334 - 1479940 Monument
 3月6日、カルト・J・マックは自身がゲームのスタート地点から147万9940ブロック移動していた事に気付いた。このゲーム上で1ブロックは四方1メートルなので、約1479.9キロメートル移動したことになる。(ちなみに彼がマインクラフトの世界の果てへ行って、一周するまでにあと22年かかる) この旅に必要なものは、剣・ツルハシ・コンパス(コンパスは常にスタート地点を指す)だったそうだ。

■ 5.最大のピローファイトイベント(アメリカ)
[動画を見る]
Largest Pillow Fight: Super 8 Hotels breaks Guinness World Records' record
 米サウスダコタ州ブルッキングスのサウスダコタ・ステートとサウスダコタフットボールチームの対戦が行われたアラムナイ・スタジアムで4201人による枕投げ(ピローファイト)が行われた。

■ 6.最もライトアップされた住宅(アメリカ)
[動画を見る]
World record residential light display
 60万1736個のライトが使われ、コールドプレイの「A sky full of stars」という曲とシンクロするようにライトが点滅する仕掛けとなっている。ちなみにプログラミングにかかった時間は35時間。

■ 7.ビッグ・リグスで最長のジャンプ
[動画を見る]
EMC Jump a Truck over a Lotus F1 Car & #RedefineRecords
 約25.30メートルのジャンプで、その内17.78センチはF1が真下を通っていた。マイク・ライアンがトラックを運転し、マーティン・イワノフがF1を操縦した。

■ 8.世界最速のバック・ホー(オーストラリア)
[動画を見る]
World record: JCB digger hits 72mph
 その速さはなんと時速116.82キロメートル、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州のバツルスト空港にてマシュー・ルーカスが運転した。

■ 9.バスケットボールで背を向けた状態でのバックワード・ショットの最長記録(アメリカ)
[動画を見る]
Guinness World Records Day 2014 - Longest backwards basketball shot
フェニックスのUSエアウェイズ・センターでハーレム・グローブトロッターズのスター選手「サンダー・ロウ」は、25.04メートルのバックワード・ショットを決めた。もちろん3点である。

■ 10.世界最長のファッションショー(アメリカ)
[動画を見る]
Longest Fashion Show: Cotton breaks Guinness World Records record
 24時間と28秒という1日以上をかけたファッションショーがマイアミビーチで行われた。

■ 11.人間の両手足を地面に着けた状態での競争(100メートル走)で最速(日本)
[動画を見る]
Guinness World Records Day 2014 - Fastest 100m on All Fours
 東京駒沢オリンピック公園陸上競技場で玉腰活未さんは、両手足を地面に着けた状態での100メートル走で15.86秒を記録した。

■ 12.「後ろ足だけで10メートル走を最速でゴールした犬」と「前足だけで5メートル走を最速でゴールした犬」(アメリカ)
[動画を見る]
Jiff - The fastest dog on two paws - Guinness World Records 2015
ポメラニアンの「ジフ」君は、後ろ足だけ、前足だけで最速だった。その速さ、6.56秒(10メートル走)・7.76秒(5メートル走)

■ 13.最も狭い隙間ドリフト駐車を行った記録(中国)
[動画を見る]
Tightest Parallel Park Record Broken by China’s Han Yue - Guinness World Records
 ハン・ユエさんが重慶オリンピックスポーツセンターにて8センチしかスペースが無い場所へ駐車した。

■ 14.世界一長い舌(アメリカ)
[動画を見る]
he world’s longest tongue - Guinness World Records 2015
 カリフォルニア州に住むニック・ストーベルは、舌の先端から上唇まで10.1センチメートルもある。

■ 15.世界最速のタイピング、ただし鼻を使っての。(インド)
[動画を見る]
SPOTLIGHT - Fastest Typing With The Nose!
インドのアーンドラ・プラデーシュ州ハイデラバーのカールシード・ハッサインは、「Guinness world records have challenged me to type this sentence using my nose in the fastest time(ギネス記録は私にこの文章を鼻だけで最速でタイピングするよう、挑戦してきました)」という文章を47.44秒でタイピングした

via:mentalfloss・原文翻訳:riki7119

【動画で振り返る、2014年のクレイジーなギネス記録15】を全て見るfullrss.net]]>


[ニューヨーク 27日 ロイター] - 米ニューヨークの中心部タイムズ・スクエアでは、毎年恒例の大みそかの風物詩「ボールドロップ」の準備が行われている。
このイベントでは、つりあげられたクリスタルのボールが年越しのカウントダウンに合わせて落下する。今年もボールの落下を見ようと世界中から数百万人が訪れるとみられている。
このボールは直径約3.7メートル、重さ約5.4トンで、クリスタルのトライアングルパネルでできている。fullrss.net]]>


[26日 ロイター] - クリスマス当日の25日、米ペンシルベニア州フィラデルフィアの地下鉄車内で乗客の女性が突然産気づき、駆け付けた男性の鉄道警察官2人が手伝って無事に出産した。
地上にいた警察官の1人は午後6時頃、地下鉄を出る乗客から産気づいた女性がいると知らされた。もう1人の警察官も無線で緊急連絡を受け、女性のいる車両に向かった。
2人は車内の座席で、赤ちゃんの父親とともに女性を手伝い、赤ちゃんは無事に産まれた。その後救急医療隊員らが到着し赤ちゃんと母親を病院に搬送した。
警察官の1人は26日、「緊張したり怖がったりしている暇はなかった」と語った。fullrss.net]]>


 2014年、今年も科学・宇宙の分野ではいろいろなことがあった。無人探査機が初めて彗星に着陸を果たし、移植した子宮から子供が生まれ、化石化した貝が人間の文化について再考を求めてきた。
 海外サイトにて2014年度の20の偉大な科学的達成、革新、進歩がまとめられていた。こういった科学技術が、更なる発展的未来へとつながっていくのだ。

■ 1. 現生人類登場以前に描かれた貝の模様、世界最古の芸術作品であることが判明
[画像を見る]
 2007年、博物館が収蔵していた貝の化石を調査していた考古学者が偶然、意図的に掘られた抽象的なパターンを発見した。この貝は50万年以上前のもので、1890年にヒト科の祖先ホモ・エレクトスの最初の化石が発見された場所で、道具に加工された貝とともに発掘された。このことから、ホモ・エレクトスはこれまで考えられてきたよりも、ずっと洗練されており、表象的思考が可能であったことが推察されていた。

 今年、それから7年間の調査に基づき、出土した貝は世界最古の芸術作品と道具であることが確認されたと発表された。この遺物の本来の目的について反論する学者も存在するが、この発見により、人間の認知機能、すなわち文明が非常に長い期間をかけて発展してきた可能性が投げかけられた。

■ 2. ビッグバンの証拠に待ったをかけた宇宙ゴミ(スペースデブリ)
[画像を見る]
 2014年3月、あるプレスカンファレンスを視聴しようと世界中からアクセスがあったため、ハーバード大学のサーバーがダウンするという事態が発生した。そのカンファレンスのテーマは重力波についてである。しかし、まったく新しい事実を知るチャンスなど滅多にあるものでないのだから、それも当然だったかもしれない。科学者たちはついに宇宙マイクロ波背景放射において、Bモード偏光という特定のパターンを観測することに成功したのだ。これはビッグバンから10~34秒経った原初の宇宙でピークに達すると予測されていたものである。

 しかし、この発表から間もなく、この発見は実験によるノイズである可能性が高いことが明らかとなった。そして、その数ヶ月後に、観測されたBモード偏光の原因はどうやら宇宙塵であることが確認される。科学において大発見が定着するまでにはしばらく時間がかかるものだが、この事例では塵が全てを台無しにしたのだ。科学者たちは、真のBモード偏光を検出すべく、既に次の観測を予定している。

■ 3. 移植した子宮から生まれた世界初の赤ちゃん
[画像を見る]
出産直後の赤ちゃん(出典:Brannstram et al.)
 9月下旬、世界で初めて子宮の移植手術を受けた女性が赤ちゃんを出産した。このことは、子宮の問題で悩む女性に大きな希望を与えることになるはずだ。見事出産を果たしたのは、先天性障害のために子宮を持っていなかった36歳の女性で、2012~2013年に生体子宮移植を受けた9人のスウェーデン人女性のうちの1人だ。子宮のドナーは、既に7年前に閉経を迎えた61歳の女性だったそうだ。

■ 4. 若い血液によって若返った年老いた脳
[画像を見る]
 数年ほど前、スタンフォード大学の科学者が若いネズミの血液を注射することで、老ネズミの認知機能の衰えを回復できることを発見した。この時点においてその仕組みは不明であったが、今年発表されたいくつかの研究により、若返りのメカニズムの解明が進んだ。

■ 5. 宇宙船オリオンが懐疑論者を一蹴
[画像を見る]
2014年12月5日7時05分、オリオンを先端に乗せ発射するデルタIVヘビー型(出典:NASA/Bill Ingalls)
 NASAが深宇宙へ人類を送り込むと発表したとき、多くの嘲笑と懐疑論の洗礼を受けた。オリオンの開発にあたっても、そのような嘲りが止むことはなかった。この宇宙船が月のその先へ人類を送り込む性能を持つと信じる者であっても、莫大な予算やスケジュールの遅れなど、失敗に彩られた政府プロジェクトとなると見ていたのだ。

 12月、NASAはこうした懐疑論が誤っていることを証明した。最初で最後となる無人飛行テストでオリオンは、フロリダから完璧な打ち上げを成し遂げ、ヴァン・アレン帯まで上昇した後、太平洋に着水した。これはただのテスト飛行に過ぎないが、それでも夢が現実へと変わった紛れもない瞬間であったのだ。次回のオリオンの打ち上げは有人飛行であり、その次には小惑星への有人飛行が待っている。

■ 6. 史上最大のロボットの群れ
[画像を見る]
大規模な自律的スワームを作り出し、プログラムすることが可能。限定的かつちょこまかした個々のロボットが協調することで、総体として複雑な挙動を示す
 8月、マーク・ルーベンシュタイン氏らのチームが史上最高に印象的なロボットスワームを発表した。低コストで製造される、数センチほどの大きさしかない”キロボット”と呼ばれる1,024体が自律的に集合し、様々な2次元パターンを描き出すのだ。それは迅速とは言い難いが、互いの側をカタカタと動き回りながら、全体で複雑な行動を成し遂げる。しかもこれは自律的に行われるのだ。アリが1億匹以上のコロニーを作り出すことを考えれば、1,024体のキロボットは非常に恥ずかしがり屋と言えるかもしれないが、群衆ロボット工学においては大きな一歩である。

■ 7. 居住可能地帯に地球とほぼ同じ大きさの惑星を発見
[画像を見る]
ケプラー186fのイメージ(出典:NASA Ames/SETI Institute/JPL-CalTech)
 4月、ケプラー186fが発見されたと発表された。地球とほぼ同じ大きさであり、親星との距離も液体の水が存在しうる適切なものだ。NASAと共同で研究を進めるトム・バークレー氏によれば、本研究の究極の目的は、「我々は孤独な存在なのか?」という疑問に答を出すことだそうだ。その目標の前段階として、「地球のような惑星は他にも存在するか?」という疑問に答える必要がある。そして、答が「イエス」である可能性は非常に高くなった。

■ 8. 地球の奥深くに海に匹敵する水が存在?
[画像を見る]
 数々の実験を経て、地質学者は衝撃的な結論を下した。地球の地下深く、液体金属殻とその外部地殻の間にある高圧のマントル層には、海に匹敵する水が存在するというのだ。過去数十年間、地球の膨大な海の水の発生源は大きな謎だった。通説では、氷の彗星が地球に衝突し溶けたことで、海が形成されたとされている。
 しかし、地球が形成された時点で既に水が含まれていたという説もあり、今回の発見で信憑性が高まることになった。この説によれば、塵と岩石が結合して地球が作られる過程で、地殻の内側に存在する岩石に水が閉じ込められたらしい。

■ 9. ラニアケア超銀河団
[画像を見る]
 我々が存在する超銀河団は、これまで考えられていたものの100倍の体積と質量を持っていた。革新的なマッピング技術により作成された超巨大な区域は、ラニアケア超銀河団と名付けられた。この研究が超銀河団同士の境界を明確にしたことで、銀河をとりまく環境をまったく新しい視点から見ることが可能となったのだ。

[動画を見る]
Laniakea: Our home supercluster

■ 10. 99.999%の精度でリチャード3世の遺体を確認
[画像を見る]
 史上最古の法医学検査と呼ばれていた案件に決着がついた。最新の遺伝子分析法により、英レスターにある王族領地であった土地の駐車場から発見された人骨に、疑問の余地のない証拠が突きつけられた。これによってリチャード3世の容姿や一族に関する新事実が明らかとなったのだ。

■ 11. エンケラドゥスに隠れた海が存在。生命は存在するのか?
[画像を見る]
 2005年、NASAの探査機カッシーニが土星の衛星エンケラドゥスの表面にある、”タイガーストライプ”と呼ばれるひび割れから水蒸気が噴出していると思われる映像を撮影した。今年4月、カッシーニによる重力測定を分析した結果、氷の衛星の地下には大量の水が存在することが確認された。さらにエンケラドゥスは、氷の外層とケイ酸塩の岩石殻という2つの層で構成されていることも判明した。

 これらの事実から推測すると、エンケラドゥスはどうやら生命が存在する可能性を秘めているようなのだ。それから4ヶ月もしないうちに、カッシーニのチームはエンケラドゥスの間欠泉は地下の海と直接繋がっていることを示す証拠を見つけた。まさに記念すべき発見である。現在、同チームは太陽系内に第二の生命の故郷があるのか調査を進めている。

■ 12. 水中洞窟で発見された頭蓋骨が示すアメリカ大陸最初の移住者の手がかり
[画像を見る]
 アメリカ大陸先住民の祖先パレオ・インディアンはおよそ15,000年前にアメリカ西海岸へ進出したが、インカ帝国やマヤ文明のような長期間に渡って隆盛した文明を生み出すことはなかった。

 パレオ・インディアンとネイティブ・アメリカンが有する顔の特徴から、これまで両者は異なる祖先を持つと考えられてきた。しかし、今年、メキシコ沿岸の水中洞窟で発見された頭蓋骨から、ベーリング地峡に住んでいた共通の祖先を持つことが明らかとなっている。両者の顔つきの違いは、どうやら生活習慣の違いがもたらしたものらしい。

■ 13. 超巨大恐竜ドレッドノータス
[画像を見る]
 ドレクセル大学の古生物学者ケネス・ラコバラ氏のチームが草食性ティタノサウルス類竜脚類と推測するドレッドノータス・シュラニは、体長26mに達すると推定されている。尻尾は9mあり、90cm以上ある椎骨が連なる首は11mの長さだ。ラコバラ氏の子供が並んで写る写真の肩甲骨は、1.7mの高さを持つ。まさに最大のティタノサウルス類である。

 1.8mある大腿骨を分析した結果から、ドレッドノータスはおよそ7700万年前に生きていたと推測されている。生前の体重は65トンであり、これまで最大だった47トンのエラルタイタンを大きく上回っている。まさに空前絶後の巨大さと言えよう。

■ 14. 木星の衛星エウロパが活発な地質構造を持つ証拠
[画像を見る]
北半球に線が走るエウロパのフォールス・カラー画像。沈み込み帯の存在が推測される(出典:NASA/JPL/University of Arizona)
 エウロパで実施された最新の地質調査では、惑星上で20,000km2もの表面が消失していることが判明している。9月、エウロパのプレートテクトニクスが隣接プレートの下にある表面の古い部分を動かしていることを示唆する証拠が発表された。これが事実であれば、エウロパは地球を除けば、太陽系で唯一活発なプレートテクトニクスによって未だに形作られている天体であることになる。 

■ 15. 糖尿病1型治療に光を当てる肝細胞
[画像を見る]
β細胞から抽出された肝細胞(出典:Douglas Melton)
 β細胞はインシュリンを産生する細胞であり、血糖値の調整を助ける膵臓で発見された。糖尿病1型の患者のβ細胞は、自身の免疫によって破壊されてしまう。そこで破壊された細胞を人工的に培養した細胞で置き換えることによって、この治療が行えるかもしれない。10月、ハーバード大学の研究者が未発達の肝細胞を、細胞移植が可能になる量のβ細胞に転換させる手法を発表した。この合成細胞を自己免疫から守る方法はまだ明らかではないが、細胞由来のβ細胞を使った動物実験は既に開始されている。

■ 16. 遺伝子アルファベットが拡張された生物
[画像を見る]
 あらゆる生命の遺伝情報は、アデニン、チミン、グアニン、シトシンの4種類で構成されている。A、T、G、Cで表されるこの構成単位には無数の組み合わせが存在する。ところが今年5月、世界で初めてATGC以外の文字を生きた大腸菌の遺伝子に組み込むことに成功したと発表された。この再構成された大腸菌は2つの人工DNA構成単位を持っている。当然、DNAであるために次の世代に遺伝されてゆく。

■ 17. 人工酵母染色体をゼロから作成
[画像を見る]
 世界初の人工ウイルスが作られたのは20年前のことだ。それから8年後、バクテリアの合成ゲノムが作成された。2012年までには、完全な生体コンピューターモデルまで開発されている。そして、今年3月、国際チームが完全に機能する合成酵母染色体を再現することに成功した。この7年越しのブレイクスルーは、将来的に人間の器官も含めた、カスタム有機体の作成を可能とするだろう。

■ 18. 新種の生殖器官 ”Gynosome” を発見
[画像を見る]
 ブラジルの科学者ホドリゴ・フェレイラ氏は、スイスの昆虫学者チャールズ・リーンハルト氏に数匹の昆虫標本を送った。後にこの昆虫は完全に新しい属に属することが判明し、トリカヘチャタテ(Neotrogla属)と名付けられた。この昆虫のメスは”陰茎状”の交尾器を有しており、これは”Gynosome(メスの陰茎)”と命名された。
 洞窟を主な生息地とするトリカヘチャタテのメスはこの生殖器をオスに挿入して、精子を受け取る。動物界では初めての例であり、従来の性淘汰理論に大きな難問を突きつけるだろう。

■ 19. ストーンヘンジで2つの大発見
[画像を見る]
 考古学者は長い間、ストーンヘンジに建てられた新石器時代の巨石はかつては完全な円環形だったのではなかいと推測してきた。これまで、この説を証明する決定的な証拠を欠いていたが、この9月、ストーンヘンジが円形に並べられていたことを示す乾いた草の区画が見つかった。

 それから2週間もしないうちに、地中レーダーによる調査で、未発見の古墳や祭壇らしきものが検出された。特筆すべきは、およそ330mに渡ってC字に並べられた50個以上の巨石からなる記念碑である。この発見によって、ストーンヘンジが何もない辺鄙な土地に作られたという説は完全に覆された。

■ 20. 彗星探査機フィラエが彗星に着陸
[画像を見る]
 今をさかのぼること10年前、欧州宇宙機関の科学者は無人着陸機フィラエを搭載した彗星探査機ロゼッタをミッションに送り出した。このミッションはチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星のデータを収集することである。
 今年11月、ロゼッタは彗星周囲の軌道に到達し、フィラエは彗星に向かって切り離された。想定外のバウンドを2回繰り返した後、フィラエは崖の影が差す地点に着地した。これは人類の宇宙探査史初となる、無人探査機が彗星表面に着地した瞬間である。ここから得られたデータによって、宇宙の理解はさっそく塗り替えられている。

via:io9・原文翻訳:hiroching

【2014年に成し遂げられた偉大な20の科学的前進】を全て見るfullrss.net]]>

 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。