プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[画像を見る]
 このピットブルの名はカルマという。数週間前に救急車で運ばれたホームレスの飼い主のリックと再会を果たしたところだ。
 カルマがヴィラーロボス救済センターに現れたのは1か月前のことだ。リックは川に落ちたカルマを助けようとして、咄嗟に川に飛び込んだことが原因で、ひどい感染症にかかり緊急入院してしまったのだ。
 ヴィラーロボス救済センターでは、虐待されたり、捨てられたりした犬を保護している。ルイジアナの水が不衛生だった為に、溺れた犬、カルマを助けようとした飼い主のリックは倒れてしまった。
[画像を見る]
 救済センターの職員、ティア・トーレスは救急車を呼び、リックが退院するまでカルマの面倒をみると約束した。このような状況で犬を預かったのは初めてだったが、以前、リックはカルマのエサと診療のためにこの救済センターを訪れたことがあって、トーレスは彼と面識があった。
 そのときトーレスはリックに20ドルを渡そうとしたがリックはこれを断った。リックはホームレスだが、お金が欲しいわけではない。ただ犬を助けてやりたかっただけだったのだ。
 トレースはリックの名字も、今回どこの病院に搬送されたのかもわからないし、いつ退院してくるかは見当がつかなかったが、リックはカルマをとてもかわいがっていたので、きっと戻ってくるという確信があった。「もし、リックにもしものことがあったら、カルマに新しい飼い主を探し始めるつもりだった」。とトーレスは語る。
[画像を見る]
 フェイスブックでトーレスが投稿したカルマの写真を見た人たちが、その苦境を知って、ピンクの首輪やさまざまなものを送ってくれた。おかげでカルマは元気になり、心を開くようになったが、やはり心なしか寂しそうだった。
[画像を見る]
 幸いなことに、2週間ほどでリックが戻ってきた。カルマにとって一日千秋の思いだったことだろう。待ち焦がれていたカルマはリックに飛びついて、これ以上ないほど愛情をこめて大歓迎した。
 ちぎれんばかりに尻尾を振って、惜しみない愛情を表現するカルマの様子に、トーレスはじめスタッフたちも号泣したという。
[画像を見る]
 いつだって情けは人のためならずなのだ。いつかあなた自身が誰かの助けを必要とする立場になる可能性があるのだから。ヴィラーロボス救済センターは、苦難を抱えた人間と動物両方が第二の人生を始められるようにスタッフが全力を尽くしている。
 カルマとリックの固い絆に感動したトーレスは、彼らのために仮住まいを整えてやり、リックに救済センターでのパートの仕事を紹介した。
[画像を見る]
 これは次々とまわり巡っていく愛の力のいい例だ。それが結果的にカルマに巡ってきた。リックはホームレスだが、自分がどんなにお腹がすいていても、まず先にカルマに食べ物を与える。それは互いに愛し信頼しあっている人間とその動物の大親友との間の美しい絆なのだ。
原文翻訳:konohazuku

【命がけでピットブル犬を救おうとしたホームレス男性、感動の再会を果たす。】を全て見るfullrss.net]]>
スポンサーサイト

 10月29日、大学設置・学校法人審議会が、2015年4月の開学を目指していた幸福の科学大学の設置不認可を下村博文文部科学大臣に答申した。

 不認可の理由として、教育カリキュラムの中に宗教法人「幸福の科学」大川隆法総裁の「霊言」が用いられており、普遍性や科学的根拠に乏しい点が挙げられ、審議の過程で大川総裁の著作が委員に送付される事態も起きていた。今後は最長5年間にわたって大学設置は認められないという。

「幸福の科学大学は、ゼロからの開学を目指しました。九十九里浜に近い千葉県長生村に用地を獲得し、2013年10月に起工式を終えています。来年度初頭には竣工を予定しており、施設はほとんど完成している状態だったので、今回の不認可は誤算だったのではないでしょうか? 創価大学、天理大学など特定の宗教団体と関係の深い大学も多く存在しますし、広くとらえれば仏教系やキリスト教系の大学も当てはまりますからね」(教育ジャーナリスト)

 幸福の科学大学公式ウェブに記された概要によれば、人間幸福学部75名、経営成功学部95名、未来産業学部90名の3学部からなり、一年次は原則として入寮生活となる。学費の予定額は入学費30万円、人間幸福学部・経営成功学部は110万円、未来産業学部は140万円となる。そのほかに諸経費が年間4万円、寮費は入寮費5万円、年間の寮費・食費が67万円と記されている。入試科目も告知され、認可が下り次第AO入試も実施する予定であった。
「入試科目を見る限り、人間幸福学部、経営成功学部が文科系、未来産業学部が理科系となります。文系学部は人文科学と社会科学に分かれているのでしょう。学部名にそれほど違和感がないのは他の大学にも、宇都宮共和大学『シティライフ学部』、鈴峯女子短期大学の言語文化情報学科『日本語日本文化(^^)コース』など"キラキラネーム学部"が登場してきているせいでしょうか。学費としては初年度納入金が文系144万円、理系が174万円となる。私立大学の相場よりは少し高いという感じです。寮費は、1人暮らしの値段を考えたら妥当なものといえます」(同)

 さらに大学設置を目指していた学校法人「幸福の科学学園」は、すでに関東と関西に一貫制の中高を設置している。今回の不認可を受けて、今後どのような対策がなされるのか注目される。
(文=平田宏利)

※画像は、幸福の科学 Happy Science 公式サイト

fullrss.net]]>

 まるでファンタジーの世界に迷いこんでしまったかのような並木道。小路の両側に立つブナの木は、互いに絡み合い、自然のトンネルを作り上げている。しかしその写真には、得体の知れない不吉な影も写り込んでいた――。

 英紙「The Daily Mirror」が今月27日に報じたところによると、この写真は北アイルランドのノース・アントリムにある並木道、通称「ダーク・ヘッジズ」で撮影されたものだ。撮影者は、バリーキャッスルに住むゴードン・ワトソンさん。彼は、写真をコンピュータに取り込む際に、この恐ろしい写真に気づいたのだった。

 正体不明の人影は、まるでドレスかマントを着ているかのような姿で空中を漂っている。

 地元では、この並木道「ダーク・ヘッジズ」には、これまでにも幽霊が出没すると囁かれてきたという。音もなく滑るように宙を移動し、最後のブナを通り過ぎたところで自然に消えるその幽霊を、人々は「グレイ・レディ」と呼び恐れてきたようだ。

 この「グレイ・レディ」について、地元住民の間では「近所の家で、数世紀前に謎の死を遂げたメイドの幽霊ではないか」「付近の野原に隠れてしまい、今は誰からも忘れ去られた墓地からやってきた魂ではないか」など、様々な憶測が飛び交っていると伝えられている。

 ちなみにこの場所「ダーク・ヘッジズ」は、樹齢300年のブナが織り成す自然のトンネルに、光と影が絡みつく美しい並木道として知られており、テレビドラマのロケ地としても人気のスポットのようだ。果たしてこれは、地元に伝わる幽霊「グレイ・レディ」を捉えた写真だったのだろうか。恐ろしくも美しい心霊写真である。

※画像は「YouTube」より

fullrss.net]]>


[メキシコ市 29日 ロイター] - メキシコの古代遺跡、テオティワカン発掘に携わっている考古学者によれば、発見された地下トンネルの調査を進めた結果、宗教儀式に用いられたとみられる大量の埋蔵品が見つかった。また、トンネルの先に王家の墓がある可能性も出てきたという。
1800年前のものとみられる地下トンネルが最初に発見されたのは2003年。まず遠隔操作可能なロボットを使って調査が行われ、その後に研究者が発掘を進め、次第にトンネル内の様子が明らかになった。
今回見つかったのは、石の彫刻物や宝石、貝をはじめ4000点におよぶ木製品、黒曜石のナイフ、矢じりなどで、推定で計5万点に上るという。fullrss.net]]>


[ベルリン 30日 ロイター] - ドイツのヴュルツブルク地方裁判所は30日、アウトバーン(高速道路)で大型トラックの運転席から数百回にわたり他の車に発砲したとして、58歳の男に10年半の禁固刑を言い渡した。
男は2008─2013年に700回以上の銃撃を繰り返し、メディアでは「アウトバーン・ガンマン」と報じられていた。発射された銃弾が女性の首に当たるなど複数の負傷者が出たほか、数百台の車両が損傷した。
逮捕された男は警察に対し、運転マナーの悪さに腹が立ってやったと説明。マナーの悪いドライバーを罰したいと思ったが、誰かを傷つけたかったわけではないと話したという。fullrss.net]]>


[ニューヨーク 30日 ロイター] - ハロウィーンを31日に控え、米国の「仮装合戦」はいっそう派手になりつつある。今年の流行は、映画「アナと雪の女王」のエルサや映画「マレフィセント」でアンジェリーナ・ジョリーが演じた妖精のコスチューム。子供から大人まで人気があるようだ。
マンハッタンのレンタル衣裳店「アブラカダブラ」によると、フードのついたマレフィセントの黒い革ドレスのレンタル料は450ドル(約5万円)。エルサのきらきら光るドレスはもう少し高額だという。
これに対し、ドラキュラなどのコスチュームは平均60ドル(約6600円)と若干手頃だ。
同店のコディ・ハドリックさん(26)は「伝統的なハロウィーンのコスチュームはほとんど見かけなくなった。ネットやメディアの影響だろう」と話す。
米全国小売連盟(NRF)は、米国人が今年のハロウィーンにかける費用を74億ドル(約8100億円)と予想。このうち28億ドル(約3100億円)が子供や大人、ペットの仮装にかかる金額だ。中には1人で数千ドル(数十万円)をかける人もいるという。
「アブラカダブラ」には、映画「トロン」で登場人物たちが着用していたものと似た、青い蛍光色の電飾で覆われた衣装もある。ハドリックさんは「文字通り、何でもありだよ」と話した。fullrss.net]]>


[30日 ロイター] - 複数の自然保護団体が明らかにしたところによると、米アリゾナ州のグランドキャニオン国立公園の北側で、ハイイロオオカミとみられる個体の写真が撮影された。間違いなければ、1940年代に1頭が死んで以来の出現となる。
米魚類野生生物局(FWS)は、首輪を付けた「オオカミのような」動物が同国立公園で繰り返し目撃され、写真にも撮影されているとの声明を発表。問題の個体がオオカミなのか、イヌとオオカミの交配種なのかを確認する目的で、捕獲のためチームを派遣するとしている。
FWSによると、この首輪はロッキー山脈の保護区でハイイロオオカミに装着されているものに類似しているという。fullrss.net]]>


[サンフランシスコ 30日 ロイター] - 米大リーグのワールドシリーズではサンフランシスコ・ジャイアンツが見事優勝を飾ったが、対戦した米カンザスシティーの地区連銀総裁が、サンフランシスコ地区連銀の総裁に地元特産のバーベキューソースを贈る計画を明らかにした。
ちょうど最終試合の行われた29日には、カンザスシティーのジョージ総裁、サンフランシスコのウィリアムズ総裁も参加して、米国の中央銀行に相当する米連邦準備理事会(FRB)が会合を開催。量的緩和策の終了を決めた。
カンザスシティー地区連銀の広報担当者は「ジョージ総裁はウィリアムズ総裁に、特選バーベキューソースとニグロリーグ野球博物館のギフトを贈ることにした。カンザスシティーとサンフランシスコのワールドシリーズでの健闘を称えよう」と述べた。fullrss.net]]>


 音楽と踊りがあれば人はどこでも幸せになれる。笑顔になれる。見ている方も楽しくなれるハッピーなどっきり映像が公開されていた。
 電車内でタキシードを着た1人の男性が趣旨を説明して音楽をかけ踊りはじめる。するとそれにつられた乗客たちが次々に踊り出すのだ。
 男性はこう説明した。
今から小さなパーティーを始めようと思う。これはお金目当てとかじゃなくて、ただ少しの幸せをみんなと分けたいだけなんだ。だって、僕らは一人一人がみんな特別で、それぞれにいろんなストーリーがあるはず。僕は、全ての人が他人と共有できるものを持っていると信じているんだ。だから、お互いの距離を縮められるように、これからパーティーを始めるよ。参加したい人は大歓迎だ。見てるだけ、手を打つだけ、それでも大丈夫。みんなが楽しめればいいんだから。
[動画を見る]
Perth Train Party Video 2014!!!
(音楽が始まり踊りだす男性)
[画像を見る]
(1人の女性が立ち上がり一緒に踊りだす)
いいね!そうこなくっちゃ。サイコーだよ。他のみんなも恥ずかしがらないで、体を動かして。そして次々とパーティーに加わる乗客たち。ヘーイ。ようこそ、パーティートレインへ。
[画像を見る]

音楽が変わりさらに勢いづくパーティー
皆ノリノリだ。
[画像を見る]

列車は次の停車駅に到着した。ドアが開き乗り込んでくる乗客たちは最初どっきりしたようだが、みんな笑顔で、それを受け入れ、自然と踊り始めている。
[画像を見る]
人が増え、パーティートレインはますます盛り上がっていく。もはやほとんどの人が立ち上がり一緒に踊っている。主催者の彼もご満悦の様子。
[画像を見る]
こんなサプライズパーティーを一緒に楽しむことができるなら、知らない人と会話を始めることだって簡単だよね。だがちょっと日本ではちょっと考えられない光景だね。
この男性は、列車に乗り込んではこのトレインパーティーを行っている。
[動画を見る]
Why Are We Dancing on a Train!?
なんで僕が電車で踊るかって?
いい質問だね。実は、電車で踊ることが重要なわけではなく、その裏に込められたメッセージが重要なんだ。今回、僕の目的は、みんなが抱えている公共の場というイメージを変えること。他人を恐れたり、遠ざけるような場所ではなく、愛のある場所に変えたいんだ。
今まで電車に乗ってて、こう感じたことはない?空っぽの場所と時間だけがそこにある、って。周りにはたくさん人がいるのに、みんな自分の世界に閉じこもり、「他の人とは何も共有することなんてない」みたいな顔をしている。だから今回の企画で、その意識を変えたいんだ。
もちろん、暴力的なことはしないし、他人に対する尊敬を忘れずにやるつもりだよ。尊敬がなければ人間関係はなりたたないから。ダンスと遊びを織り交ぜて、みんなが今まで見逃していたことに気づかせる。きっと、毎日どれだけ多くのチャンスを逃していたか気づきビックリするはずだよ。
もし君も参加したければ、土曜の11時から始めるから現地で会おう。本番を始める前にちょっとした余興をお見せしよう。音楽には途切れのない、見えない空間がある。この空間の素晴らしさは、実際に体を動かすことができるってことさ。ビートにのせて体を動かそう。これは全貌じゃないよ、パーティートレインで何ができるかって、ちょっとしたアイデアを見せているだけ。さあ、みんなで踊りまくろう!
via:動画翻訳:melondeau

【音楽と踊りがあれば笑顔になれる。電車のなかでサプライズ、パーティートレイン2014】を全て見るfullrss.net]]>


[30日 ロイター] - 米アリゾナ州の教育委員会で、生物学の教科書から避妊方法に関する記述を削除する決定が下された。州法に抵触すると判断したため。
「キャンベル生物学」から2ページ分の内容が削除されたが、問題とされたのは避妊薬の使い方の説明など避妊方法についての記述部分で、自制が唯一の確実な避妊方法とも記されている。
2012年に制定されたアリゾナの法律では、「人口妊娠中絶よりも出産や養子縁組を推進することに州は強い関心を持っており、学校の授業では、望ましい選択肢としてこれらを提示すべき」とされている。
約40校で構成されたギルバート公立学校教育委員会は「これは『検閲』ではなく、『編集』だ」と説明した。fullrss.net]]>

[画像を見る]
 グダグダ考えるな、まず行動しろ。とばかりにアクティブに動いているロシア、行動の人、プーチン大統領(62歳)の写真が特集されていた。プーチンは自ら率先してマスメディアの前でその姿をさらけ出し、写真を撮られることになんのためらいももたないという。
 写真は過去数年間にわたってマスメディアが公表したものなので見たことあるものも多いかもしれないが、とにかくどこかで動いている、それがプーチンであることの証明となっている。
1.射撃練習所でアサルトライフルAK-47のレプリカを的に向けるプーチン(2012年、モスクワ、ロシア鉄道研究センターの展示会)
[画像を見る]
2.シベリアでの休日は狩猟、釣り、射撃に最適だ。プーチンは、南シベリアのクズルの街にて乗馬を楽しんでいる。
[画像を見る]
3.シベリアのヘムチク川の源流での釣り。シベリアのトゥヴァにて。
[画像を見る]
4.トゥヴァ共和国のサヤン山脈の丘陵地帯での狩猟。
[画像を見る]
5.2010年、ハカスへの出張の際、カラタシュ地域で馬の背に乗る。
[画像を見る]
6.ロシアのイジェフスクのカラシニコフ製造工場を訪れカラシニコフを持つプーチン
[画像を見る]
7.シベリアのトゥヴァの山地を旅行の際、バタフライで泳ぐウラジミール・プーチン
[画像を見る]
8.新しく建てられたロシア連邦軍参謀本部情報総局にてピストルを握るプーチン大統領。(2006年、モスクワ)
[画像を見る]
9.青いヘルメット、酸素マスク着用で戦闘機スホーイ27に搭乗しチェチェンの紛争地域への飛行したプーチン大統領。2人乗りのスホーイ27の後部座席に乗り、チェチェンの首都、グロズヌイの北部セヴェルヌイ空港に着陸。クラスノダールの南方の街からのフライトしたそうだ。(2000年、3月20日グロズヌイ)
[画像を見る]
10.青少年組織“ナーシ”の夏キャンプを訪れた際、子どもたちに囲まれ、フライパンを自らの手で曲げようとしているところ。セリゲル湖にて。
[画像を見る]
11.セリゲル若者教育フォーラムを見学中、自ら腕相撲に参加するプーチン。(2011年、トヴェリ・セリゲル湖)
[画像を見る]
12.セリゲル若者教育フォーラムにて、壁を登るプーチン。(2011年、トヴェリ・セリゲル湖)
[画像を見る]
13.設計局にて、半自動式45口径を持ち構えるプーチン(2009年、モスクワ)
[画像を見る]
14.1869年に沈んだロシアのフリゲート艦オレグを視察の為、深海用潜水艇シーエキスプローラ5に乗り込んだプーチン。(フィンランド湾のゴーグランド島付近)
[画像を見る]
15.生態調査のために皮膚を採取しようと鯨にアーバレスト(弓)を向けるプーチン(オルガ湾)
[画像を見る]
16.ダイビングで考古学的遺跡の潜水調査に向かうプーチン(タマン半島ファナゴリア、黒海の古代ギリシャ遺跡)
[画像を見る]
17.スキーとバイアスロンのパラリンピック全国大会でスポーツ銃を試すプーチン。(ソチ市外のローラスポーツ複合施設)
[画像を見る]
18.若い柔道選手に柔道を指導するプーチン(シベリア、ケメロヴォのアリーナの柔道センター)
[画像を見る]
19.総合格闘技大会で米代表ジェフ・モンソンに勝利した、ロシア代表重量級レスラー、エメリヤーエンコ・ヒョードルと握手するプーチン。(2011年、モスクワ大会)
[画像を見る]

via:telegraph

[動画を見る]
Vladimir Putin Epic Compilation・原文翻訳:Erene
 ここで説明するまでもないが、説明しよう。、ロシア連邦の政治家であり現在は第4代ロシア連邦大統領(2012年5月7日 - )を務めるウラジミール・プーチンは、元KGBのスパイであり、柔道八段である。2013年6月6日、妻リュドミラと離婚。現在はシングルなのである。大の犬好きで、2003年5月の日露首脳会談では、当時の首相であった小泉純一郎から犬語翻訳機「バウリンガル」を贈られ、また2012年7月には秋田県より雌の秋田犬1頭が贈られた。
 また、プーチンに対して、明らかになっているだけで過去5度暗殺が試みられたが、いずれも未然に阻止されている。

【世界一行動力のある大統領、アクティブ・プーチンの写真特集】を全て見るfullrss.net]]>

 エボラ出血熱の感染者数が遂に1万人を越えた(10月25日、WHO調べ)。死者数は4,922人で、現在のところ致死率は約50%ということになる。今回の感染拡大の収束に時間がかかれば、今後は感染者、死者数の増加と共に致死率の上昇も予想されかねない。多数の犠牲者を出して猛威をふるう今回のエボラ流行だが、現地で医療作業中に感染したものの見事に回復して再び医療活動に復帰する看護師の"復活劇"が注目を集めている。

■再び活躍するエボラ熱"生還者"たち

 そのうちの1人は、今年8月、西アフリカのシエラレオネで、医療作業中にエボラ出血熱に感染し、母国のイギリスに移送されて治療を受けていたイギリス人看護師、ウィリアム・プーリー氏(29歳)だ。彼女は、入院後に見事に回復を遂げた後、医療活動を再開するため再びシエラレオネに戻ったという勇敢な女性だ。

 8月23日に病院に搬送され、9月3日に退院したというプーリー氏だが、治療には未承認の治療薬「ジーマップ(ZMapp)」が投与されたことがその後の病院の発表で判明している。プーリー氏は「免疫ができた自分こそが医療活動を行なうべきであり、特に状況が深刻なシエラレオネに戻るのが適切だと考えた」と、英「Guardian」紙の取材に応えている。

 また、米「Bloomberg」が10月22日に伝えたところによれば、同じくエボラ出血熱から回復を遂げたアミー・スバーさんは現在、「国境なき医師団」と共にリベリア共和国の首都モンロビアの病院でエボラ患者に食事や薬剤を提供したり、子どもたちのおむつを交換したりする医療活動に従事しているという。

 ここにはスバーさんのように、エボラ出血熱から回復した元患者が11人勤務していて、免疫のある彼らは防護服は着用せずに手術服にマスク、手袋、長靴といった軽装備で患者の世話をしているということだ。軽装備での医療活動については賛否両輪があるものの、現在のところ再感染した者はいない。「国境なき医師団」のアテナ・ビスクージ氏は「彼らに一生免疫があるかどうかはわからないが、少なくとも今回のエボラ流行の間に再び感染することはないだろう」と取材に応えている。

■"生還者"よりも"無症候者"がカギを握る!?

 感染から発症、そして闘病の末に回復を遂げ、エボラに対する免疫を獲得した彼らのような"生還者"がいる一方で現在、エボラに感染していながら何の症状も引き起こさない"無症候者(asymptomatic)"が実は相当数いることがわかりつつある。

 1996年のガボン共和国でのエボラ流行の際、感染地域の多くの人々の血液が研究者によって検査されたが、エボラの陽性反応が出た者の実に71%が病状のない無症候者であったという。また2000年に発表された研究論文によれば、感染地域で看護などによりエボラ患者に接触した者の46%は陽性でありながら無症候であったということだ。

 さらにフランスの研究機関、IRDが2010年に公表した研究によれば、現在のカボン共和国の国民の15.3%がエボラに対する免疫を持っているという。

 医学誌「The Lancet」に先日、小論文を寄稿した研究者、スティーブ・ベラン博士は、生まれながらのエボラ免疫耐性を持つ無症候者を研究することは、治療法の開発を推し進めエボラを収束に向かわせるだろうと述べている。

 現在、エボラ回復者の血液から血清を作り出す取り組みや、エボラ抗体をもとにしたワクチン開発が急ピッチで進められている(いくつかの試薬は実際に投与されている)が、研究者の一部からは血清やワクチンの開発に疑問の声が上がっているという。

 血清は同じ血液型の者にしか使用できず効能がどれくらい持続するのかも不明で守備範囲は狭く、ワクチン開発にしてもエボラウイルスには実に様々な菌種がありしかも刻々と変異していることから、抗体の有効性が保証できないことなどがその理由だ。そこでベラン氏は"生還者"よりも"無症候者"に注目すべきであると主張しているのだ。

「現在西アフリカで行なわれている血清学的調査と共に、無症候性の免疫システムについての早急な研究をはじめるべきです。これによって感染者の症状を抑えられるであろうし、免疫が無い人々をあらかじめウイルスから守ることができます。ワクチンの開発を待つ必要もなくなるのです」(スティーブ・ベラン氏)

 果たしてベラン氏の提案が日の目を浴びて実行に移される日は来るのか、そしてこれによりエボラ治療、収束に向けた新たな活路が拓けることになるのか、慎重かつスピーディな検討が必要とされているのかもしれない。
(文=仲田しんじ)

※画像は、Flickrより。 Credit: NIAID/CC BY 2.0

fullrss.net]]>

 今月28日付『zakzak』(産経新聞社)の記事によると、電気通信大学名誉教授の早川正士氏を所長とする「地震解析ラボ」が、今月31日までに茨城県沖でM6以上の地震が発生する可能性があると発表した。

 電磁環境学(電波理工学)を専門とする早川氏は、電磁気現象と地震の関係などについて研究してきたが、1995年の阪神淡路大震災以降、電磁気的手法による地震予知の研究に従事している。『地震は予知できる!』(KKベストセラーズ)や『なぜ電磁気で地震の直前予知ができるか』(日本専門図書出版)など数々の著書を持つ、地震予知の第一人者とされる人物だ。

 そこで今回は、急遽、早川氏の地震予知手法を解説するとともに、今後数日以内に茨城県沖で強い地震が起きる可能性について検討することにしたい。

■徹底解説:早川氏の地震予知手法とは?

 早川氏によると、現在、信頼に足る地震の前兆現象は10種類ほど認められるが、その中でも電離層の擾乱(じょうらん)現象は、氏がこれまで数百のデータを収集し、地震との相関関係が統計的に確立されたとしている。

 この電離層とは、高度60~500kmの上空に位置する大気の上層部にある領域のことだが、地上から発せられた電波を反射する性質を持つ。この反射が異常を示す(電離層の高度が低くなる)現象が電離層擾乱で、地震の約1週間前から観測されるようになるという。

 メカニズムとしては、地震発生前に地中の岩石破壊により電気が発生、そして地上に放出された電気エネルギーが大気上層部まで達し、電離層に乱れを引き起こす可能性が考えられるようだ。

 早川氏はこの現象をVLF波(超長波)によって観測するが、そのためのネットワークが全国に構築されているという。そして電離層擾乱の膨大なデータを収集した氏は、ついに「マグニチュード6以上、震源が浅い地震、夜間のみを見ることで1週間前に必ず予兆が出る」(『巨大地震はいつ来るのか』、別冊宝島2143、宝島社)という法則を突き止めた。

 この実績により、早川氏は電気通信大学、千葉大学、中部大学の産学連携事業として「地震解析ラボ」を立ち上げ(2010年)、電磁気観測による「短期地震予知」システムを考案、世界で初めて「地震予測情報」の事業化を行った。現在では法人・個人向けに有料で情報提供している(月額600円。スマートフォン用のアプリによる情報提供も含む。情報が制限されるが無料版も有り)。

■近年の予測が続々的中

 さて早川氏は、今年9月11日に、「9月15日から19日までの間に関東内陸部でM5.5程度、最大震度5強」という予測を発表。実際に9月16日12時28分頃、茨城県南部を震源とするM5.6、最大震度5弱の地震が発生し、予測を的中させた。

 さらに、昨年4月13日に淡路島付近でM6.3の地震が発生しているが、その2週間前の4月1日に「近畿・四国(奈良~徳島)で4月4日~14日にM5程度の地震がある」との予測を発表。こちらも見事に的中させた。

 そして今回、氏は「茨城県沖の海底を震源とするM6以上の地震が今月31日までの間に発生する可能性が出ている。内陸型ではないため、それほどの揺れにはならないかもしれないが、津波には警戒が必要だ」(『zakzak』、2014年10月28日、産経新聞社)と最新の予測を発表したのだ。

■早川氏の予測を補強する材料が他にも!?

 では、早川氏の予測に対応する前兆現象が他方面でも観測されているのだろうか。

 筆者が主催するサイト「地震前兆ラボ」の「リアルタイム地震前兆データ」のページでは、ロシアの地球物理学者であるV・N・ヴォスコフ氏による地震予測マップを掲載している。この10月29日公開の予測マップでは、茨城県沖あたりに、M5~6を意味する緑色の丸印が付けられており、これはちょうど早川氏の予測と一致する。

 また、海上保安庁のサイトでは海水温の変化を示す「表面水温偏差図」が毎日提供されているが、29日朝に更新されたマップを見ると、ちょうど茨城県沖あたりは海水温が高くなっていることを示す濃い赤い色となっている。筆者の今までの観察では、海溝型地震が発生する震源付近では、事前にこのような海水温の上昇が見られるようだ。

 今回注目されている茨城県沖では、太平洋プレートが、日本列島が乗るユーラシアプレートの下に沈み込み、さらに茨城県南部ではフィリピン海プレートが上記2つのプレートの間に割り込む形で沈み込んでいるという複雑な構造となっている。そのため、このエリアではプレート活動により毎週のように地震が発生する。だが、M6以上の規模となると、1年に何度もあるわけではないが、今日を含めてあと2日、さて結果はどうなるだろうか。いずれにしても、注意しておくに越したことはないだろう。
(文=百瀬直也)

fullrss.net]]>


 米フロリダ州の海岸近くで撮影された映像だ。ボラの大群がサメやターポン、アカメなどに追い詰められどんどん浜辺近くへと接近してきている。なんとか逃れようとボラたちは水中から飛び出し、水面をジャンプ走行しているように見える。大迫力の映像だ。自然の弱肉強食を目の当たりに見た。
[動画を見る]
Epic Mullet Migration in Florida
 なんとこのダイナミックなクライシスに人間も参加していた
[画像を見る]
 迫りくるサメ
[画像を見る]
 フロリダでは毎年この時期、ボラの大群と捕食魚たちの格闘劇が繰り広げられているという。
[画像を見る]

【どんなパニック映画だよ!サメに追い詰められたボラの大群の迫力映像】を全て見るfullrss.net]]>


[ワシントン 29日 ロイター] - 米ワシントンDCとオレゴン、アラスカの各州で11月4日、マリフアナ使用合法化の是非を問う住民投票が実施される。
オレゴン州とアラスカ州の案は、当局の監督下で販売店網を構築するというもので、コロラド州とワシントン州で実施されている方式と同じ。一方ワシントンDCの案では、所有は認めるが小売りは禁止する。
合法化されれば、他の州でも同様の動きが加速するきっかけとなり得るほか、2016年の大統領選の候補もこの問題について立場を表明する必要に迫られる可能性がある。
ここ数年、マリフアナに対する米国民の意見は大きく変化している。 ロイターとイプソスの世論調査では47%が合法化に賛成し、35%が反対した。fullrss.net]]>


[ダラス 29日 ロイター] - 米テキサス州ダラスで、ハロウィーンにちなんで自宅外装を飾りつけようとした男性が、エボラ出血熱の感染者発生を思わせる装飾を施して、不謹慎だとの批判を浴びている。
「エボラ熱ハウス」の飾り付けをしたのは、ダラス近郊の高級住宅街に住むジェームズ・フォークさん(48)。
青いプラスチック製のたるに、感染性廃棄物であることを示すオレンジ色の「バイオハザードマーク」のステッカーを貼り、「CAUTION(注意)」と書かれた黄色いテープで封印。「隔離」の文字の型抜きもして、板を打ち付けた自宅の周囲に並べた。フォークさんは29日、「子供たちが喜ぶと思った」と話した。
飾り付けは18日に完成したが、その後すぐに、本物と勘違いした近隣住民が警察に通報する騒ぎとなった。
ダラスでは米国内初のエボラ出血熱感染者が10月8日に死亡したばかりで、飾り付けには批判が集中。地元紙には「危険なウイルスを題材にするとは、苦しんでいる多くの人々に対して無神経すぎる」との読者投稿も掲載された。
毎日100人程度の見物人が訪れることから、フォークさんは寄付金を集めてエボラ熱対策に尽力している特定非営利活動法人(NPO)に贈ることを思いついた。だが、寄付をしようとした団体からは「悪趣味だ」として、受け取りを拒否されたという。fullrss.net]]>


[東京 29日 ロイター] - スイスの食品大手ネスレ<NESN.VX>が展開する「ネスカフェ」ブランドの家庭用コーヒーマシン売り場で、ソフトバンク<9984.T>のヒト型ロボット「ペッパー(Pepper)」が接客することになった。
12月から家電量販店内の売り場に順次投入し、来年末までに1000店舗に広げる計画。ペッパーは人間の表情や声の調子で感情を読み取る機能を持つ。接客中にはマシンの説明だけでなく、会話を通じて顧客のニーズに合うマシンを提案するという。
ネスレ日本の高岡浩三社長兼最高経営責任者(CEO)は声明で「この新しい接客の形が日本発で全世界へ広がっていくことを期待する」とコメントした。
ペッパーの一般販売価格は19万8000円だが、ネスレが支払う金額は明らかになっていない。ペッパーはソフトバンクの70店舗以上で既に接客を行っている。fullrss.net]]>


 世界は今、「エボラ・クライシス」に翻弄されている。日本でも今月27日、アフリカに滞在していた男性が羽田空港に到着時、発熱が確認され、そのまま国立国際医療研究センターに運ばれたことで、ついに日本にも上陸か?との報道が相次いだ。
 結局この男性は「陰性」であり感染の疑いがないことが翌日になって発表されたわけだが、主要メディアが煽り立てるように報道することもあり、エボラ出血熱を巡る状況はパニックの様相を呈している。人々は冷静に現実を見るよりも、最悪の事態ばかりに目を向けているようだ。
 当然、国家には十分な情報公開や感染拡大を防ぐための万全な措置が求められるわけだが、それに満足できない人々は、様々な陰謀論や治療法など、とんでもないことを唱え始めた。

■ 10. エボラウィルスはアメリカによって作られた
[画像を見る]
デラウェア州立大学の教授シリル・ブロダーリックは、アメリカ政府がエボラウィルスを製造したと発表した。同教授によれば、エボラはアメリカ政府が生物兵器として開発した遺伝子組み換え生物であり、アフリカでワクチンを配布すると見せかけて実際はそのテストをしているのだという。またカナダ、イギリス、フランスなども共犯として挙げており、WHOや国連も無関係ではないと主張する。

 ブロダーリック教授がしばしば言及するのが、エイズウィルスがアメリカの科学者によって開発されたと主張するレオナルド・ホロウィッツ氏である。さらに、いかがわしい陰謀論記事やリチャード・プリストンの小説『ホット・ゾーン』にも触れている。

■ 9. エボラウィルスなど存在しない
[画像を見る]
シエラレオネの病院で元看護婦が、エボラウィルスなど存在しないというとんでもない発言をした。このアウトブレイクの真相は、医師が病院で人食い儀式を実施するための方便なのだという。
 
 これを耳にした人全員が彼女の与太話を真に受けたわけではないが、同国は病院に対する信頼が低く、外国人の医師や看護師よりも伝統的なヒーラーのほうが好まれる。あるエボラ感染患者などは、家族によって病院からヒーラーの許へ連れ去られたこともあった。

 7月も終わりに近づくと、この看護婦の流言を信じはじめた人々による暴動がエスカレートしてきた。診療所や治療センターを焼き討ちし、力ずくでエボラ患者を奪還しようとしたのだ。この時点において、シエラレオネはエボラウィルスの感染者数が最も多い地域であったため、警官はケネマの病院を警備する必要すらでてきた。結果として、群衆に向け催涙ガスが投げ込まれ、9歳の男の子が誤射の犠牲となる事態まで発展している。

■ 8. 塩水でエボラが治る
[画像を見る]
 ナイジェリアの一部では、塩水を飲めばエボラが治るというデマが流布している。これは脱水症状で死に至る危険性があり、実際少なくとも4人がこの療法を試して亡くなっている。

 WHOでは、医師によるものではない民間療法、特にソーシャルメディアに投稿された情報に気をつけるよう注意を呼びかけている。しかし、感染が拡大した地域では医師に対する不信が募っており、こうした注意喚起にも懐疑的だ。

■ 7. エボラは神の天罰である
[画像を見る]
 7月に100名以上ものキリスト教指導者たちがリベリアの首都モンロビアで会合を開き、エボラ危機への対応を協議した。そして満場一致で、神はリベリアに対して怒っており、住人を罰するためにエボラウィルスを遣わしたのだと声明を出した。彼らによれば、神の怒りの原因は、汚職や同性愛などで、これに対応するには3日間の断食と祈りが必要である。

 リベリアのイスラム僧シェイク・サラ・シェリフもこれに同調し、姦淫、強盗、イスラム教指導者への不敬などの罪が原因であるとして人々を非難した。これについて真意を質されると、彼は感染者は医療機関にかかるべきだと意見を和らげながらも、根本的にエボラ危機を乗り越えるには「ウィルスではなく、神を恐れよ」と述べた。

■ 6. エボラは呪いの魔術によるもの
[画像を見る]
 西アフリカの一部で蔓延する別の流言飛語は、エボラは魔術によって引き起こされたというものだ。適切な処置を行えば感染の広がりを止め、感染者の命を救える場合があるにもかかわらず、噂を信じた人たちは、エボラを助かる見込みのない超自然的な死刑宣告だと見なしている。

 例えば、国境なき医師団がギニア東部で保護した2人の姉妹は回復する見込みがほとんどなく、ただ静かに死を待っていた。しかし12歳の姉ローズは魔術の噂を信じてはいないようで、医師の支持に従えばきっと治るから安心して欲しいと母親とおばに告げていた。そして2人とも回復したのだ。

 またエボラの不合理な恐怖の結果、感染者は村八分に遭うこともある。入院患者は、特に子供の場合、家族の定期的な見舞いが不可欠である。しかし、恐れをなした家族が面会を拒否することは往々にしてある。

 このようなエボラが魔術であるという迷信は、エボラを阻止するうえでも障害となる。病気が魔女や魔法使いの呪いだと信じる人々は、医療を受診することを拒否する。病気の原因がウィルスであるということも信じないのだ。

■ 5. 医師が意図的に人々をエボラに感染させている
[画像を見る]
 いくつかの村では医師が病気に対して無力なのだとは考えない。逆に医師自らが拡散していると信じているのだ。そうした思いに捕われた人たちは手を差し伸べる医師を避け、ときには迫害を加えることもある。この噂が広まったのは、別の要件で病院を訪れた患者が院内でエボラに感染してしまったことが原因だろう。

 極端なケースでは、患者を治療するために訪れた医師や看護師を村人が殺すぞと脅すこともある。ギニアのコロ・ベンゴウ村では道をバリケードで封鎖し、国境なき医師団の侵入を拒むという事件が発生した。その結果、エボラはさらに拡大することになった。

■ 4. 邪悪なヘビが感染源である
[画像を見る]
 こんな話がある。ギニアとシエラレオネの国境付近でバッグを持った女性が見つかった。誰かがそのバッグを開けてみると中にはヘビが入っており、それを見るや否や女性は死んでしまった。そしてバッグを開けた者も次に命を落とし、ヘビは近くの草むらへと逃げ込んだ。こうしてエボラがシエラレオネに侵入した。

 根も葉もない話ではあるが、真実と一致する面もある。実はアウトブレイクはまずギニアで発生し、シエラレオネに拡大したのだと考えられているからである。エボラ・スネークを信じる者によれば、これは病気などではなくヘビの呪いなのだという。

■ 3. エボラは白い悪魔の崇拝者によって拡散された
[画像を見る]
 上の画像は9月にナイジェリアのウェブサイトに投稿されたものである。これと共にささやかれるのは、エボラに関する噂の中で最も危険なものだ。

 そのサイトによれば、ドクロを抱えたアニメ調の看護婦は「エボラちゃん」といい、ヨーロッパやアメリカのカルト教団で崇拝される女神である。信者は祭壇でエボラちゃんに血を捧げ、犠牲者の心臓を喰らう。そして、女神は信仰に応えエボラウィルスをアフリカ中にバラまいたそうだ。教団の医師は患者を治療するフリをして、実際にはエボラの感染を拡大させている。

 だが実際にこの画像が投稿されたのはナイジェリアからではなく、画像掲示板4chanの利用者によってであり、ここではエボラちゃんはミームとして存在していた。4chanの利用者がエボラちゃんを見た場合、「ありがとう、エボラちゃん」とコメントした後、アフリカ人絶滅に関するジョークを残す慣例があったのだ。

■ 2. エボラ爆弾
[画像を見る]
 ケンブリッジ大学の生物人類学者ピーター・ウォルシュ博士は、テロリストなら粉末状のエボラウィルスを充填した爆弾を製造することができると論じている。仮にこれが使用されれば、大勢の人が命を落とすことになるのは間違いない。

 現実には、バイオテロの可能性は確かに存在している。しかし数あるウィルスの中からあえてエボラウィルスを選ばなければいけない必然性はない。エボラは空気感染も、水系感染もしないため、他のウィルスに比べてかなり汚染力が弱いのだ。

■ 1. エボラ危機がニュー・ワールド・オーダーを発動させる
[画像を見る]
 最強の陰謀論は、エボラウィルスはニュー・ワールド・オーダーのエリートが地球の人口を削減するために開発したというものだ。「管理可能な人口」を実現するために、死ななければならない人間の数は50億人らしい。

 このとんでも陰謀論によれば、ニュー・ワールド・オーダーのエリートは人口削減の手段として、非持続可能な開発による飢餓、人為的に引き起こされる戦争、病気の製造という3つの策を持っているらしい。そして病気のワクチンはエリートにしか手に入らない。

 アフリカでのエボラ危機はその地域の人口を削減するためで、別の地域も次のターゲットとして狙われている。アメリカにエボラが上陸し、ダラスで患者が亡くなったというニュースは、この話に油を注ぐ結果となった。

via:listverse・原文翻訳:hiroching

【錯綜する情報、エボラ出血熱にまつわる10の陰謀論・とんでもない噂】を全て見るfullrss.net]]>


[ニューヨーク 29日 ロイター] - 米国で最もチョコレートが売れるのはハロウィンの時期だが、今年はシェール革命という意外な理由から、チョコレートの売り上げが通常より伸びる可能性がありそうだ。
菓子大手ハーシーのビルブレイ社長兼最高経営責任者(CEO)は、シェール革命により国内の原油が潤沢で、ガソリン価格が過去4年で最低に低下するなか、消費者がガソリンスタンドでちょっとしたスイーツを購入する余裕が生まれていると指摘した。
全米コンビニエンスストア協会(NACS)のスポークスマンも「経済が脆弱なときでも、チョコレートは手の届くぜいたく品とみなされる」とし、他の製品に比べて恩恵が大きいと述べた。fullrss.net]]>


[ウィーン 29日 ロイター] - 空飛ぶ自動車「エアロモービル」の最新版試作機が29日、ウィーンの技術コンファレンスで公開された。従来モデルに比べて性能が格段に向上しており、走行時の最高時速は200キロ、航続距離は約700キロに伸びたという。
最新試作機「エアロモービル3.0」は重量わずか400キロで、折りたたんだ翼を広げると全幅は8メートル。燃料はガソリンで、1回の飛行でパリからミュンヘンに行くことが可能だという。
過去30年にわたり研究を重ねてきたという開発者は、実用的な空飛ぶ自動車の実現は目前だとコメント。「われわれの楽観的な計画では2016─17年に最初の製品を顧客に届けられるが、まだどうなるか保証はできない。試作機にはテストに次ぐテストが控えているからだ」と語った。
テストは規制基準を満たして飛行認可を受けるまで繰り返されることになる。
渋滞する道路を避けて空を飛べるというアイデアはコンファレンス来場者の大きな注目を集めたが、将来的に最大のハードルとなるのは滑走路の問題。現行モデルは離陸に200メートルの距離が必要だが、都市部でそれを確保するのは簡単ではない。fullrss.net]]>


 一日に必要なビタミンCを100%摂取するのに、アメリカ人のほとんどがサプリメントに頼っているそうだが、食品でもしっかり取ることが可能である。野菜や果物の中には、免疫システムを支えるビタミンが凝縮されているのだ。これからあげる数字は、それぞれの食物から摂取できる、一日に必要なビタミンC量の割合を国立衛生研究所がはじきだしたものである。
 人工的なビタミンC配合なんていうものがなくても、自然の食品でけっこうビタミンが摂れることがわかるし、しかもおいしいのだ。
 以下にあげるものは食品名とそれに含まれる1日に摂取すべきビタミンCの含有率である。

■ 1. トマト 1個:28% (約4個でOK)
[画像を見る]

■ 2. グレープフルーツ 半分:65% (約1個でOK)
[画像を見る]

■ 3. パプリカ 半分:148% (約3分の1でOK)
[画像を見る]

■ 4. オレンジ 1個:117% (約1個でOK)
[画像を見る]

■ 5. イチゴ 152グラム:89% (約12~15粒でOK)
[画像を見る]

■ 6. カンタロープ(メロンの一種)180グラム:65% (約半分でOK)
[画像を見る]

■ 7. 生のケール 67グラム:87%
[画像を見る]

■ 8. ベイクドポテト 1個:28% (約4個でOK)
[画像を見る]

■ 9. 調理した芽キャベツ80gで70% (約7個でOK)
[画像を見る]

■ 10. ブロッコリ 45グラム:65%(小分けにして6個から7個)
[画像を見る]

■ 11. キウイ 1個:107%(1個でOK)
[画像を見る]

■ 12. 生の紫キャベツ 90グラム:51% (約10分の1個)
[画像を見る]

via:buzzfeed・原文翻訳:konohazuku

【1日に必要なビタミンCが簡単に摂取できる12の果物と野菜】を全て見るfullrss.net]]>


 将来は海外で暮らしたいと願う人も多いだろう。今年で第7回目となるHSBCによる大規模、海外移住者調査(HSBC expat survey)の結果が報告された。
 その結果、移住先はスイスが最適であるということが判明した。アメリカとイギリスに憧れている方がいるのなら、残念ながら止めておいた方がいい。海外からの移住者にとって優しい国ではなさそうだ。

 日本は総合で34ヶ国中18位だったが、子供の育てやすさに関しては4位と健闘している。イギリスとアメリカは、それぞれ33位と30位であり、ここ数年政情が不安定なことから最下位となったエジプトにほぼ並ぶという結果に終わった。
 本調査は、海外移住者に関する世界最大の調査であり、今回は世界中のおよそ9,300人もの海外移住者を対象に生活の質、経済、子供の育てやすさについて意見を述べてもらったものだ。
 海外移住先として、バランスのとれた高水準の生活を希望する海外移住者によってスイスが人気第1位に挙げられ、次いでシンガポ—ル、中国、ドイツ、バーレーンがランクインしている。

[画像を見る]
※画像クリックで拡大表示
 人々が海外居住を決めるまでには、経済的理由、地元コミュニティへの溶け込みやすさ、子供の育てやすさなど、様々な要因が考慮される。経済については、アジア諸国が存在感を増しており、海外移住者の19%が年収2000万円以上を稼ぎ、65%が移住前よりも所得が増加したと答えている。2000万円以上の所得を持つ海外移住者が最も多いのは中国で、その率は38%に達し、76%が移住後に所得が増加したと答えた。
 経済の視点からみると、スイスはよりよい就業機会と健全な給料を得やすい一方、仕事と生活のバランスも保てる国として認識されている。スイス在住の海外移住者の25%が2000万以上の年収を得ており、半分以上が引っ越してきて以来、仕事と生活のバランスが改善したと回答している。47%が地域の経済状況に非常に満足していると答えており、これも今年度の調査で最も高い割合だ。

[画像を見る]
[画像を見る]
※画像クリックで拡大表示
 さらにスイスの海外移住者は空気や環境の良さについても言及しており、75%が母国よりも優れていると答えている。子育てについても81%が子供を安全に育てることが可能で、母国よりよい生活の質を享受し(77%)、より優れた教育を受けされることができる(65%)と回答した。
[画像を見る]
海外移住者の人気トップに輝いたスイス。その理由は想像に難くない

 中東諸国はキャリア志向の海外移住者に人気だ。74%が在住国の経済的な展望に満足していると回答しており、本年度調査では首位の地域だ。また56%が移住後によい就業機会を得ることができ、35%が所得を増加することができたと答えた。その上、例えばバーレーンの62%が仕事と生活のバランスが改善されたと回答しているなど、所得の増加させるために必ずしも私生活を犠牲にする必要はないようだ。

[画像を見る]
イタリアの海外移住者。同国の総合ランクは34ヶ国中31位だ
 ニュージーランドは、生活の質や子供の育てやすさを求める海外移住者に優れた機会を提供する。新しく生活を始めることが最も楽な国で、快適なライフスタイルを求める海外移住者や高齢者に人気だ。こうした人気の秘訣は、温暖な気候や美しい風景(89%)、親切な地元民(75%)、仕事と生活のバランス(71%)のようだ。また健康や福祉の改善(78%)、子供の安全(87%)も特筆すべき点だろう。
[画像を見る]
 
via:dailymail・原文翻訳:hiroching

【海外移住者が最も住みやすい国ランキング。1位はスイス、日本は18位】を全て見るfullrss.net]]>

[画像を見る]
 なんと絵になる人間と犬のイケメン共演。米ニューヨークのイースト・ウィリアムズバーグのアパートの裏庭でイケメン男性に抱かれているのは雑種犬のリンコンさん(オス)。
 リンコンさんは3年前、プエルトリコのビーチ近くの道に箱に入れられて捨てられていたそうだ。生後8週間くらいだったそうである。その地で撮影中だったイケメンモデルであるジュリアン・シュラター氏(25)は、リンコンさんを見かけた瞬間に「ピーン!」ときたのだそうだ。この出会いは必然のものであると。シュラター氏はリンコンと名付けたその犬を即断で飼うことに決め、ニューヨークに連れて行った。
 シュラター氏はモデル仲間である、ブレンドン・ベックとランドン・ファラゴウストと共に共同生活を送っている。彼らもまた、リンコンさんにぞっこんとなったそうで、今では3人と1匹で暮らしているそうだ。
絵になるイケメン3人衆とイケメン犬、リンコンさん
[画像を見る]
イケメンの集まるところにはイケメンが集まる。
リンコンさんのまわりはイケメンだらけ。ある日、友人である俳優のニック・ベイトマン氏を家に招き一緒に撮った写真をインスタグラムで公開したところ人気が爆発。イケメンと犬という構図が世の人々をうっとりさせてしまったようで、フォロアー数が一気に2万6000を突破したそうだ。
[画像を見る]
インスタグラムにはイケメンに囲まれるイケメン犬、リンコンさんの姿がたくさんアップされている。ニューヨークのマッカラン公園に行けば、散歩中の彼らに会えるそうだ。
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
人間イケメンに注目がいってしまいそうだが、リンコンさんも相当にイケメンだ。リンコンさんはそのイケメンさとカメラに動じないポージングが評価されて、イケメン犬モデルとしてデビューする予定だという。
拾った当時のリンコンさん
[画像を見る]
こんなにイケメンに成長しちゃってもう。
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る]
捨て犬からモデル犬というスターダムをのし上がったリンコンさん。
犬を飼ってみて、その素晴らしさに気が付いたというシュラター氏。「犬を飼う人は特定の品種や血統書にこだわるけど、雑種だってこんなにかわいくて、しかも丈夫なんだ。」と語る。シュラター氏はリンコンさんに友だちを増やそうと、またプエルトリコにいって捨て犬を拾ってくる予定だという。
[画像を見る]
[画像を見る]
おふとんでくつろぐリンコンさんの映像
Rinconさん(@rincon_da_bully)が投稿した動画- 7月 7, 2014 at 7:30午前 PDT


via:nypost

【イケメン同士惹きつけられたのか?イケメンモデルに拾われイケメン3人とクラスイケメンな犬、リンコンさんの日常】を全て見るfullrss.net]]>

 悪い魔女に魔法をかけられ眠り続ける『眠り姫』の物語を覚えているだろうか?『眠り姫』はおとぎ話だが、その病気を発症した患者の人生はおとぎ話どころか悲劇であった。

 実在する『眠り姫』たちの病名は、「クライネ・レヴィン症候群(Kleine-Levin)」もしくは、「眠り姫症候群(Sleeping Beauty syndrome)」と呼ばれる。

■眠り姫症候群の主な症状

・ほとんどの患者は症状が思春期に始まる。
・多くの場合、インフルエンザや風邪などの感染症や、何らかの病気の後に発症。
・女性より男性患者が多く、3分の2は男性。
・世界中で患者は千人ほど。
・眠りの発作が始まると1日に22時間近く眠り続け、その過睡眠状態が1週間から3週間続く。
・起きている2時間も夢の中にいるような状態で、子どもっぽい反応を示し不機嫌で音や光に過敏になり、通常とは著しく異なる人格になってしまうことも多い。またその間の事は、その後目覚めた時にはまったく覚えていない。
・多くの患者が平均15歳程度で発症し、10年から15年もの間、症状が続く
・学業や仕事に著しい支障をきたす。
・原因は先天的なもので、の脳の機能の一部に問題があると推測されている。
・治療方法は薬物療法が主体だが、原因が特定されていないため、時間を要す場合がある
・通常、成人すると自然治癒する場合が多い

■壮絶な闘病生活「眠り姫症候群」

 この「眠り姫症候群」の患者である、べス・ゴディアーさん(20歳/英国)が、BBCの朝番組「ブレックファスト」に出演した様子を10月21日に「Daily Mail」が報告した。過去の事例とあわせて紹介しよう。

 べスさんは16歳の時にこの病気を発症した。彼女はだいたい5週間ごとに眠りの発作に襲われ、発作が始まると1日22時間眠り続けるという。その発作は短くて1週間、長くて3週間続く。

 その間、べスさんは学校に通えないだけでなく、食事も摂れなければトイレにも行けない。そして、ベスさんの母親が、医者に言われた通りに無理に起こしてトイレに行かせ、食物を食べさせる...という日々が続く。

 無理に起こされた数時間、べスさんは夢と現実の区別がつかず、年端もいかぬ子どものようになってしまうため、24時間体制の看護が必要となる。

 もちろん、べスさんの母親は仕事を辞めなくてはならなかった。ベスさんは高校を卒業して大学に進学し、一人暮らしをする計画を立てていたがそれがかなわなくなった。自分探しをする思春期も奪われた。治るにはあと10年や15年がかかる...。絶望の淵に立たされたベスさんだったが、「せめて自分が起きている間に何か建設的な事、社会に役立つ何かをしたい」と、気持ちを切り替え、テレビへの出演を決めたという。

 そして、インタビューに答えることで、この病気の認知度を上げて、治療法の確立に役立ちたいと考えているという。

■病名が分かるまで平均で4年間

 この病気は珍しいため、知識のない医者も多く、たいてい何十人もの「専門家」にたらい回しにされるという。この病名にたどり着くまで、患者は平均で4年もの間、病院で検査を受け続けるらしい。

 イギリスに住む別の患者であるリリー(20歳)さんのケースでも、普通の内科医に始まり、神経学者、心理学者、内分泌学者、婦人科、精神科医、脳神経学者、外科医と、続けて診断を受けたものの病名が分からなかった。その挙句「あなたの娘さんは親の注意を惹こうとしてわざとやっている」という"トンデモ"な診断までされたという。

 また親戚からは、親が娘を甘やかすから1日中寝てばかりで学校にも行かないのだという間違った批判を受け、家族も苦しんだ。患者の中には、こうした周囲の非難に悩み、うつ病にかかるケースも少なくない。

 普通の人にとって、眠るのは楽しいひと時だ。しかし、この病気にかかった患者たちにとって、眠りは苦しく辛いものになる。特にティーンエイジャーにとっては深刻だ。学校や試験を頻繁に欠席するので進学ができない、遊ぶ時間がなくて友人が離れていく、家族との旅行中も寝ていてばかりで記憶が無い(!)、などの辛酸を舐める出来事は本当にツライと思う。

 唯一の救いはこの病気が命に関わる病気でなく、いつかは(と言っても最低でも10年かかるが)消失する事だろうか。一刻も早く治療法が確立される事を祈りたい。
(文=美加リッター)

※画像は、Flickrより。Springy./Lauren Hammond

fullrss.net]]>

 10月26日、芸術家の赤瀬川原平さんが、敗血症のため77歳で亡くなった。2011年から胃がんや脳出血をわずらい、自宅で療養中だったという。

 死の一報をめぐり、ネット上ではちょっとした騒動が巻き起こった。26日夜に大分県の地方新聞である『大分合同新聞』が、赤瀬川さんの死を伝える速報ニュースを配信するも、すぐに削除したのだ。

 大分県は、赤瀬川さんが幼少期から高校時代までを過ごした地である。ゆかりのある地方のニュースサイトの記事が削除されたため、「死亡記事はデマ」「赤瀬川さんが仕掛けたジョークでは?」と深読みするネットユーザもいた。実際、赤瀬川さんの活動経歴は、社会に対する"あざむきの精神"に満ちたものだったのだ――。

■世間が拍子抜けした「ハイレッド・センター」

 学生運動の華やかなりし頃の1963年に『ハイレッド・センター』を結成。レッドの名前は共産主義をも連想させ、どんな危険思想集団かと思いきや、活動の実態は「首都圏清掃促進運動」と銘打ち、オリンピック開催中の東京の路上を白衣姿で掃除するなど、名前のイメージとはかけ離れていた。団体名もメンバーの高松次郎、赤瀬川源平、中西夏之から頭文字を取ってつなげ横文字にしただけであった。

■面白がる精神が招いた悲劇・喜劇...

 また、個展の案内状に、詳細にスケッチされた千円札を片面だけ印刷したものを現金書留で送付したことなどで警視庁の摘発を受けたこともある。この千円札は無審査出品で知られる読売アンデパンダン展に、200倍の詳細なスケッチとして発表されたものが原本となっており、赤瀬川さんは「千円札の模型」であると主張した。

 同時期に「史上最高の芸術的ニセ札」といわれていた「チ-37号事件」が発生したという事情もあったのだろう。赤瀬川さんは、「通貨及証券模造取締法」によって印刷業者とともに起訴されてしまう。本家の偽札事件では、警察は偽の千円札を届け出た人間には、三千円の報奨金を払うとしていた。

 裁判においては、本物の紙幣との類似性が争点の一つとなり、おもちゃの紙幣が資料として提出されたほか、濃度を変えた紙幣のコピーを並べ視力検査表に例えた「紛らわしさ検査表」を作成するなどユニークな活動を展開した。裁判の末、判決は懲役3カ月、執行猶予1年の有罪となった。この裁判中、赤瀬川さんらは、「大日本零円札」を作り、希望者は現金と交換できるようにしている。ゼロ円という無価値な数字が記された紙幣らしきものと、現金を交換する行為は、資本主義への皮肉といえよう。

 80年代には、「路上観察」で発見した無意味なものを面白がる「超芸術トマソン」の概念を提唱。90年代に入ると、国語辞典の身勝手な記述に面白みを見出す『新解さんの謎』(96年/文藝春秋)、自身の老いを肯定的にとらえた『老人力』(98年/筑摩書房)を出版。何気ないもの、当たり前に存在するものに魅力を見出す姿勢は終始一貫していた。

 10月28日からは千葉市美術館で、これまでの活動をふりかえる『赤瀬川原平の芸術原論』展を控えていただけに、突然の訃報が悔やまれる。
(文=平田宏利)

※イメージ画像:『老人力 全一冊』

fullrss.net]]>


[ストラスブール(フランス) 28日 ロイター] - 帽子と大きなリュックサック以外は身に着けず、英国内を徒歩で旅行しようとしたことから「裸の放浪者」と呼ばれるようになった男性が、裸になる権利の確認を求めた訴訟で、欧州人権裁判所(ECHR)は28日、男性の訴えを退ける判断を下した。
この男性は公的秩序を乱した罪などで既に約30件の有罪判決を受けているが、訴訟では個人の私的生活および表現の自由に関する欧州の法律によって、好きな時に裸になる権利が保障されていると主張していた。
これに対してECHRは、男性が「故意に繰り返した反社会的行動」を踏まえると法律は適用されないと判断。「自分の意見を表現する方法は他にたくさんあった」と指摘した。fullrss.net]]>


[ワシントン 28日 ロイター] - 米科学誌プロスワンに掲載された調査結果によると、ガラパゴス諸島エスパニョラ島のゾウガメが、絶滅の危機を脱した。
約50年前にはわずか15頭に減少していたが、現在は約1000頭にまで増え、人が手を貸さなくても自力で存続が可能となったという。
調査を率いたニューヨーク州立大学環境科学・森林学部のジェームズ・ギブズ教授は、エスパニョラ島に人間が到達する前は、5000─1万頭いたとみられると述べた。
カメの個体数は、1960年代にエスパニョラ島で発見された14頭を捕獲し、米カリフォルニア州サンディエゴの動物園にいた1頭とともに、繁殖プログラムを通じて回復させた。カメはその後島に戻された。
一方、ピンタ島で発見された近縁種のカメは繁殖がうまくいかず、2012年にこの種で最後の個体となった「ロンサム・ジョージ」が死んでいる。fullrss.net]]>


 野生の世界ではウサギは猫のおいしいごはんになったりするものだが、飼育下における猫とウサギの関係は微妙に立場が逆転していたり、対等だったりする。
 ここではそんなウサギたちと猫たちのチキチキ仲良し喧嘩シリーズを見ていくことにしよう。
1.尻尾がうざいねん!なウサギ
[動画を見る]
Bunny attacks cat
2.こちらのウサギも猫の尻尾に興味津々
[動画を見る]
Funny Bunny chases a cat
3.猫とウサギの追いかけっこ、ウサギ優勢
[動画を見る]
Rabbit attacks Cat
4.猫は仲間になりたそうにウサギをみていた
[動画を見る]
5.ウサギに攻撃をしかけたつもりが・・・
[動画を見る]
Cat Attacks Rabbit Guess what happens
ということで猫とウサギの関係性も徐々に変わりつつあるみたいだね。飼育下においては。

【うわなにをするやめろ!猫に襲い掛かるウサギたちの動画5連発】を全て見るfullrss.net]]>


[28日 ロイター] - 米メリーランド州で50歳の子守りの女が依頼人から約43万ドル(約4650万円)を盗んだとして、3年の禁錮刑を言い渡された。検察当局者が明らかにした。盗んだ金は、ギャンブルやアフリカでの住宅購入に充てたという。
この子守りの女は8月、郵便詐欺と加重ID盗取の罪を認めていた。
検察によると、この女は2011年5月から13年5月にかけ、118回にわたって小切手の署名をねつ造。依頼人夫妻の口座から自分の口座に資金を移していた。女は資金の返済に同意しているという。fullrss.net]]>


[28日 ロイター] - パリでチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」のオープニングを飾るファッションショーが行われ、チョコレートを使って作られた個性的なドレスが披露された。
元プロテニス選手のマリオン・バルトリ(フランス)もモデルとして参加。トルコのデザイナー、オズレム・シュアーとショコラティエのステファン・ボナが製作した優雅な白いウェディングドレスでランウェイに登場した。
祭典の開催期間は11月2日まで。fullrss.net]]>

 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。