プロフィール

FC2USER708185QHJ

Author:FC2USER708185QHJ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


LINK


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ローマ 30日 ロイター] -先々代のローマ法王、故ヨハネ・パウロ2世の血液が付着した布片がイタリアの教会から盗まれた事件で、警察は30日、布片が入っていた金色のガラス容器を発見した。ただ、布片は見つからなかったという。
遺品の盗難被害に遭った中部ラクイラ近郊の教会関係者は、同市で男2人が警察に拘束されたと明らかにした。警察は、2人が盗品を捨てたとする現場で容器を発見したものの、中に布片は入っていなかった。
警察は2人の取り調べを行い、自宅アパートを家宅捜索。容器とともに盗まれた十字架も回収された。
ヨハネ・パウロ2世は1981年5月13日、バチカンのサンピエトロ広場で銃撃された。教会で保管されていた遺品は、この暗殺未遂事件の際に血痕が付いた衣服の切れ端。fullrss.net]]>
スポンサーサイト


[ニューヨーク 30日 ロイター] -今週末に行われる米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)のスーパーボウルを前に、米捜査当局は30日、偽の関連商品やチケット約2160万ドル(約22億2000万円)相当を押収し、50人を逮捕したと明らかにした。
ブロンコスとシーホークスが対戦する今年のスーパーボウルは、2月2日にニューヨークで行われる。押収されたのは両チームのジャージーやトレーナーで、ほとんどが米国内の港で米入国・税関管理局(ICE)に摘発された。
また、NFLは偽造チケットについて、「毎年、何百人ものファンがゲートで入場を拒否される」と注意を呼び掛けている。
ICEの担当者は、今回の押収品は偽造品の捜査で過去最大規模になるとしており、スーパーボウル当日まで捜査を継続すると話した。fullrss.net]]>

Jan 28, 5:50 PM EST
STUDENTS AT WIS. COLLEGE HAVE COZY WALK TO CLASS

[米ウィスコンシン州メクォン 28日 AP] 米中西部の大学の多くで、学生たちが寒さをこらえながら通学しているが、ミルウォーキー郊外マクォンにあるコンコルディア大学ウィスコンシン校の学生は通学時の寒さ知らずだ。

というのも、学生たちの居住区域と校舎が複雑な地下トンネルシステムで結ばれているため、外に出る必要がないからだ。学生たちは真冬でもビーチサンダルを履き、シャツ姿でキャンパスを歩いている。

同校の200エーカーのキャンパスは1982年にコンコルディア大学が購入するまで、ノートルダム教育修道女会が所有していて、トンネルのいくつかは修道女会時代につくられた。そしてコンコルディア大学が薬学部などの新しい校舎を建てたときに、複雑なトンネルシステムを作り上げた。

同校には米国内の46の州、海外28カ国から約7900人の学生が在籍している。そのため朝の通学時間にはトンネルが渋滞することもあるという。

23ある校舎のうち22棟がトンネルで結ばれていて、その周囲を駐車場などが配置され、道路が走っている。

同大はトンネルを「1月でもシャツ姿で通学できる」と大学の勧誘PRに大いに利用している。

[日本語訳:鈴木満彦]fullrss.net]]>

[米ニューメキシコ州ロズウェル 28日 AP] ニューメキシコで、友人が交通違反の切符を切られるのを防ぐために「コンビニの近くに銃を手にした男がいる」とニセの911番緊急通報をした女が逮捕された。

ロズウェル警察によると、公務執行妨害の容疑で逮捕されたのはサバナ・ジネメス(22)。19日朝、警察がジネメスが助手席に乗っていた車を止め、運転手の身元をチェックしているときにニセの911番通報を行った。強盗事件をでっち上げて通報すれば、車を止めた警察官も現場に急行するだろうと思ったからだという。

ジネメスは、事件をでっち上げたことを認めているという。

[日本語訳:鈴木満彦]fullrss.net]]>

[米カリフォルニア州サンタアナ 30日 AP] 控えめに言っても、サンタアナにあるその家から漂ってくる悪臭は凄まじいものだった。屋内では約220匹のニシキヘビの死体があり、約180匹が生きていた。そして大量のネズミがいたのだ。

サンタアナ警察は、小学校教師ウィリアム・バックマン(53)が住んでいたこの家を「恐怖の家」と命名。全部で5つある部屋には、すでに白骨化したものから蛆がビッシリとたかった腐ったものまで大量の蛇の死骸が転がり、大量のネズミがプラスティックの容器に入れられ、共食いをしている状態だった。

バックマンは飼育動物の遺棄の容疑で逮捕され、29日夜現在、身柄を拘束されている。

悪臭が漂い始めたのは5カ月ほど前からだという。近隣住民は「人間の死体が腐っているのではないか」と疑い、苦情を訴えた。

以前はバックマンと近所づきあいをしていたという住民によると、数年前にバックマンは一緒に暮らしていた母親を亡くし、それ以来、近所づきあいをしなくなったという。住人は「彼の中で何かが変わってしまった。何かが引き金になったんだろう。何が起きているのか想像もつかなかった」と語った。

バックマンは、取り調べに、交配によってヘビの身体の複数の色の模様にする「モーフィング」と呼ばれる飼育法に凝っていたと語った。10年には利益の上がるビジネスだったが今では廃れてしまっているという。

[日本語訳:鈴木満彦]fullrss.net]]>


[トロント 30日 ロイター] -カナダの最大都市トロントのロブ・フォード市長は30日、この1週間で2度の警察沙汰を起こした同国出身の人気ポップ歌手ジャスティン・ビーバー容疑者(19)について「まだ若い」などと擁護した。
ラジオ番組「スポーツ・ジャンキーズ」のインタビューに答えたフォード市長は、司会者の1人がビーバー容疑者を「カナダが海外に送り出した最悪の産物」と呼んだことに対し、「彼はまだ若い。私も19歳の時に彼ほど成功していたかった。自分が19歳だったころを思い返してみればいい」と反論した。
フォード市長は昨年11月、泥酔してコカインを吸引したことを認めて以降、物議を醸している。
ビーバー容疑者は29日、昨年12月にトロント市内でリムジンの運転手に暴行を加えた疑いで訴追された。担当弁護士は無罪を主張する声明を出している。
また、先週には米フロリダ州でも飲酒運転などの疑いで逮捕・訴追され、飲酒やマリフアナ吸引を認めている。fullrss.net]]>


[北京 29日 ロイター] -中国教育部は、政府が進める禁煙対策の一環として、学校での喫煙を禁止することを決めた。国営メディアが29日報じた。
中国は禁煙運動が長年行われているにもかかわらず、依然として世界一のたばこ消費国。学校や病院などを含め、至るところでたばこを吸う人の姿が見られる。
当局は今年、公共の場での禁煙を全国的に推進する考えで、複数の都市では既に喫煙が規制され始めている。ただ、対策が散発的との声もあり、禁煙エリアで喫煙する人も多い。
今回の決定は幼稚園、小中学校、職業訓練学校に適用され、大学も禁煙エリアを設けて、校舎での喫煙を禁止する必要がある。
また、学校長には煙探知機や監視カメラを設置するなどの対策が求められ、学食でのたばこ販売も禁じられる。教育部は、適切な措置を講じない学校には罰則を与えるとしている。fullrss.net]]>


[ロンドン 31日 ロイター] -ロシア人男性のうち、55歳を迎える前に死亡する人が4分の1に上り、死因の多くはウオツカなどのアルコールに関連していることが、英オックスフォード大学などの調査で明らかになった。
調査チームは15万1000人を対象に、ウオツカの摂取量や喫煙の有無などを最長10年にわたって調べた。このうち約8000人は調査期間中に死亡したという。調査結果は医学誌ランセットに掲載された。
それによると、0.5リットル瓶のウオツカを週に3本以上飲む喫煙者の男性は、1本以下という喫煙者の男性に比べ、死亡するリスクが高いことが分かった。死因の多くはアルコール中毒、アルコールによる事故や暴力、自殺のほか、肝臓がん、咽頭がんなどだったという。
調査を行ったオックスフォード大のリチャード・ペト氏は、ロシアでは過去30年の間、異なる大統領の下でアルコール規制や社会が変化するなか、死亡率も変動してきたと指摘。
同じく調査に参加したロシアのがん研究センターのDavidZaridze氏は、ウオツカと死亡率の関係について「健康上の危機」と語り、適量の飲酒で状況は改善するとの見方を示した。fullrss.net]]>


[サンティアゴ 29日 ロイター] -チリの首都サンティアゴにある住宅で、家族が朝食を作ろうと台所に入ると、中に2歳のピューマが迷い込んでいるのが見つかった。
現地の報道によると、この家に住むアマリン・ハダッドさんは、台所で朝食の準備をしていたところ動物がいるのに気付いたという。動物の足しか見えなかったため犬だと思っていたが、それがピューマであるとわかると、ハダッドさんはピューマを台所に閉じ込めて警察に通報した。
警察はペットとして飼われていたものが遺棄されたとみている。実際、このピューマは大人しく、ハダッドさんや家族、飼い犬に危害を加えることはなかった。当局はピューマをハダッドさん宅で保護し、現在、国立動物園で傷の手当てをしている。fullrss.net]]>


[フィラデルフィア 30日 ロイター] -米ペンシルベニア州の警察は29日、マクドナルド<MCD.N>の店舗で、玩具付きセット「ハッピーミール(日本での名称は「ハッピーセット」)」の箱を使ってヘロインの売買を行っていたとして、従業員を逮捕した。検察当局が明らかにした。
逮捕されたのはピッツバーグの店舗で働いていた女性従業員のシャンティア・デニス容疑者(26)。
当局によると、おとり捜査官が購入したハッピーミールの中にヘロインが入った袋10個が見つかったほか、容疑者が50袋を所持していた。
ヘロインの売買は、ドライブスルーで「おもちゃを買いたい」という合言葉を使った客を指定の窓口に案内し、ヘロインの入ったハッピーミールの箱を手渡す手口で行われていたという。
売買が同店舗でいつから行われていたかは明らかになっておらず、店舗オーナーは知らなかったとみられている。
デニス容疑者の保釈金は3万ドル(約307万円)。fullrss.net]]>


[ロンドン 28日 ロイター] -赤ワインの消費量で、中国がフランスとイタリアを抜いて世界一になったことが分かった。ワインと蒸留酒の業界団体VINEXPOが28日発表した。
同団体は、ロンドンを拠点とする酒類調査会社IWSRが発表した統計を基に各国のワイン消費量を集計。その結果、2013年に中国で飲まれた赤ワインは、ボトル換算で18億6500万本、9リットルケース換算では1億5500万ケースとなり、5年間で消費量が136%増加したと明らかにした。
中国で赤ワイン消費量が急増している理由について、VINEXPOのギヨーム・ドゥグリーズ新専務理事は、赤い色が好まれる文化的背景があると説明。「中国では赤は幸運の色で、白は死の色だ」と述べた。ただ、中国のワイン市場が成熟するにつれ、白ワインとシャンパンの消費量も伸びることを見込んでいるという。
VINEXPOによれば、ワイン全体では、米国が2011年から世界最大の市場であり続けており、2017年までに消費量は3億8500万ケースに達する見通し。fullrss.net]]>


[ミルフォード(米コネティカット州) 28日 ロイター] -米コネティカット州のマロイ知事は28日、今年の夏までに医療用マリフアナの販売が同州で開始されると発表した。
マリフアナは米連邦法では違法だが、医療目的の使用については、コネティカット州を含む20州と首都ワシントンで認められている。
記者会見したマロイ知事によると、マリフアナを販売する業者は4社選定された。また、同州の医療マリフアナプログラムで使用が認められた患者は、これまでに約1700人に上っているという。fullrss.net]]>


[ミラノ 28日 ロイター] -イタリアの高級ブランド業界団体アルタガンマとコンサルティング会社ボストン・コンサルティング・グループが実施した調査によると、世界の高級品消費は2020年までに年間8800億ユーロ(約124兆円)となり、現在と比べて20%以上増える見通し。
高級品を購入する消費者の数は、現在の3億8000万人のから2020年には4億4000万人に拡大するという。
調査は、20カ国以上で実施した消費者インタビュー4万件の結果に基づいている。
高級品市場の中核である「コア」消費者による自動車を除く高級品の年間平均消費額は1万ユーロで、市場の40%を占めている。
調査によると、新たなコア消費者のほとんどが中国から生まれる一方、米国、欧州連合(EU)、日本など成熟市場では、約100万人がそうした消費を大幅に手控えることから、関連企業の売上高が40億ユーロ程度圧迫される見通し。
調査では約70%の消費者が、職人技の価値や品質などが高級品の購入で最も重要な要素と回答。また、80%以上の消費者が製品の生産国を確認していることが分かった。fullrss.net]]>


[香港 28日 ロイター] -中華圏では31日に春節(旧正月)を迎える。香港の風水師によると、午年の今年は「火」と「木」の要素に象徴され、紛争や災害などが発生する可能性があるという。
風水では、自然界の森羅万象は、「木」「火」「土」「金」「水」の5種類の要素から成ると考えられている。
世界中に生徒がいる風水師レイモンド・ロー氏は、今年は「火」のエネルギーが強く、「木」がさらに「火」を勢いづかせるという生産的なサイクルだと指摘。また、「今年の午年は『陽木』に当たる」とし、午年と陽木の組み合わせは、60年周期でめぐっていると述べた。
この組み合わせの年には国際紛争が起こる歴史がある。今から60年前の1954年にはディエンビエンフーの戦い(第1次インドシナ戦争)があり、その60年前の1894年には日清戦争が始まった。
別の風水師AlionYeo氏は、特に2月、5月、8月に混乱が起こると予測。その上で「最大の懸念は、釣魚島(日本名・尖閣諸島)をめぐる日中の摩擦だ」と述べた。
一方、「火」の要素は市場心理を好転させ、株価を押し上げる可能性があるという。風水師のライ・ホンファイ氏は、なかでも木に関連する業界が好景気となるとの見方を示した。fullrss.net]]>


[ダラス 28日 ロイター] -米テキサス州在住の女性が16歳になった誕生日を祝って人生初のスカイダイビングに挑戦したが、高度約1000メートルの上空でパラシュートに異常が発生し、地面にたたきつけられるというアクシデントがあった。命に別状はないという。
九死に一生を得たのはマッケンジー・ウェシントンさんで、家族が28日に現地テレビ局に語ったところによると、骨盤や椎骨、肋骨を折るなどして病院に運ばれた。
テキサス州ではスカイダイビングができるのは18歳以上となっているため、ウェシントンさんは16歳でも飛ぶことができるオクラホマ州まで出向いたという。
現地で6時間の訓練を受けたウェシントンさんは、小型機に乗り込んで空に向かい、先に飛び降りて無事着地した父親が見守る中、生まれて初めてのスカイダイビングに飛び出した。
父親のジョーさんはダラスのテレビ局NBC5に対し、「万が一に備えて娘より後に飛びたかったが、飛行機と人間の重量の関係で自分が最初、娘が最後になった」と語った。
パラシュートは飛び降りてから約2秒後に出てきたが、ウェシントンさんはらせん状態で落下し、草地の地面に激突したという。スカイダイビング運営会社は、異常が起きた原因はまだ明らかになっていないとしている。fullrss.net]]>

[ダカール (セネガル) 28日 AP] コートジボワール共和国の森に棲息するマルミミゾウが、環境保護団体によって別の場所に移動させられている。彼らは象に鎮静剤を打ち、クレーンでトラックに積んだ。こうした試みがアフリカの森林で行われるのは初めてのことだという。

コートジボワールは象と切り離せない国だ。サッカーの代表チームの愛称も「レ・エレファンツ (象) 」という。国章にも象がはっきりと刻まれている。そもそも国の名前からして、かつて栄えた象牙貿易にちなんだものなのだから、この西アフリカの国にとって象は極めて重要な存在である。

コートジボワール当局は、国内の森林に野生の象が何頭棲息しているかについて、最近は公式な調査にもとづく数字を発表していない。しかし環境保護運動家たちは、もう2~300頭しか残っていないと主張している。近年、中央アフリカでは、野生の象は密猟によって激減してしまった。

国際動物愛護基金によれば、今回の計画の対象となった象たちは、おそらく2010年から11年の選挙後の暴力に関係する人口移動の影響で、マラウェ国立公園から出ていかざるを得なくなったものとみられている。今週、同団体はダロアの町の外で象に鎮静剤を打ち、箱の中に入れて、自動車で10時間の南の海岸沿いにあるアサグニー国立公園へ運びはじめた。

10頭余りの象は2年前にダロアの近くにやって来て、町を荒らし、作物を台無しにして、2人を殺した。そのうちのひとりは小さな少年で、たまたま子象と出くわしたことから母象に攻撃されてしまった、と国際動物愛護基金は述べている。
同団体によれば、今回移動させられる象の中には子象が1頭いた。月曜日、集まった人々に見守られるなか、象たちは大きなトラックに積み込まれた。

マルミミゾウはアフリカの東部および南部に棲息するアフリカゾウよりも小さい。マルミミゾウはアフリカゾウに較べて耳に丸みがあり、牙はまっすぐで、中央アフリカ共和国からリベリアに広がる密林を縄張りにしている。

国際動物愛護基金のフランス語圏アフリカ局長セリーヌ・シスラー・ビアンヴニュは、象はコートジボワールの国の動物として大切にされており、政府から問題解決のための協力を求められた、と語った。
「この移住計画は、動物と人間の両方の安全と健康に貢献し、保護に関する大きな問題を解決します」

同様の計画はアフリカ南部のアフリカゾウでも試みられている。しかし今週まで、西および中央アフリカのマルミミゾウでは例が無かった、とワシントンD.C.に本部を置く国際動物愛護基金は述べている。

森林での見通しの悪さが象の危険性をさらに高め、象をみつけて近寄ることを難しくしている、とシスラー・ビアンヴニュは言う。
国際動物愛護基金によれば、今回のダロア近辺の象の移動には、およそ1週間の期間と25万ドル (およそ2580万円) の予算がかかったとのことだ。fullrss.net]]>


[サンタアナ(米カリフォルニア州) 29日 ロイター] -米カリフォルニア州サンタアナ在住の小学校教諭の自宅から29日、数百匹のヘビが見つかった。近隣住民から悪臭がするとの苦情が出ていたという。
警察は、この家に住む男性教諭(53)を動物虐待容疑で逮捕した。警察の調べでは、教諭は飼っていたヘビの数が増えすぎて、手に負えなくなったと供述。見つかったヘビの多くが、すでに死んでいた。
教諭は、母親を2011年に亡くした後、一人暮らしをしており、近所付き合いはなかったという。警察は、この家にヘビが500匹はいたとの見方を示している。fullrss.net]]>


[北京 29日 ロイター] -中国の英字紙チャィナ・デーリーによると、30日から同国中東部でスモッグ発生が予想されるため、気象当局は、大気汚染の悪化が懸念されるとして31日に始まる旧正月恒例の爆竹や花火の使用を全面禁止するよう各自治体に呼びかけた。
同紙は気象当局スポークスマンの発言として「爆竹や花火により二酸化硫黄などの有毒物質が大量に発生し、深刻な大気汚染につながる可能性がある」と伝えた。
北京などの自治体は、大気汚染を軽減するため今年の爆竹・花火の使用を自粛するよう呼びかけているが、少なくとも北京では、爆竹などの臨時販売所が閉鎖される動きは見られないという。
ただ同紙によると、大気汚染への注目が高まり、北京での花火の売り上げは横ばいとなっている。
中国の旧正月には幸運を呼ぶとして爆竹や花火が大量に使用される伝統があるが、都市部が戦場のような状態になるほか、長時間にわたり空が煙霧で覆われる。
*見出しを修正し、カテゴリーを変更して再送します。fullrss.net]]>


[ローマ 29日 ロイター] -ローマ法王庁(バチカン)に近い建物の壁に、空を飛ぶスーパーマンならぬ「スーパー法王」の大きな絵が描かれ、話題となっている。
「Maupal 2014」とサインのある絵には、ローマ法王フランシスコがスーパーマンのように拳を突き上げ、「価値」と書かれた黒い鞄を手に飛び立つ様子が描かれている。絵を写真に撮る修道女や、ジャンプして「スーパー法王」と一緒に写真に写る通行人らの姿も見られた。
スーパーマンは真実と正義のために戦うが、ローマ法王フランシスコはバチカンの汚職撲滅や貧困者のためのカトリック教会となることを明言している。fullrss.net]]>


[ロンドン 29日 ロイター] -周囲の人に比べて背が低いと感じる人は被害妄想や劣等感、過剰な不信感を抱きやすい傾向にあるとの研究報告が、29日発行の精神医学専門ジャーナル「Psychiatry Research」に掲載された。
研究では、不信感を抱きやすい成人女性60人を対象に地下鉄に乗っているという想定のバーチャル・リアリティ実験を行った。
実際の身長と、バーチャル技術で実際よりも25センチほど低くした身長の2パターンで実施し、どちらのパターンでもバーチャルの他の乗客は無表情で不安を与えるようにした。
すると、ほとんどの人が身長の差を認識しなかったものの、実際よりも低い身長で行った実験の方が、無力感や劣等感、人から好かれないといったネガティブな感情を抱いた人が多かった。
研究者チームによると、そうしたネガティブな感情が、他の乗客からの視線を感じるなどの被害妄想につながったという。
研究を率いた英オックスフォード大学のダニエル・フリーマン氏は「(実験結果は)妄想症について理解する重要な手掛かりになる。相手に対する過剰な不信感が、自分自身への否定的な感情に基づいていることを示している」と指摘。
「治療の観点からは、自尊心を高める手助けができれば、不信感を抱くことが少なくなることが示唆された」としている。fullrss.net]]>


[ニューヨーク 23日 ロイター] -米アップルがパソコン「Macintosh(マッキントッシュ)」を世に送り出してから30年。Macファンになった人の多くは、同社がその後に発売する「iPod(アイポッド)」や「iPhone(アイフォーン)」、「iPad(アイパッド)」といった製品も購入してきた。
以下に、一部の熱狂的なアップル愛好家がこれまで同社の製品にいくら費やしてきたのか見てみよう。
◎ITコンサルティング会社「テクサーブ」のディック・デメナス氏の場合・・・7000ドル
1987年にアップル製品の修理店としてスタートした「テクサーブ」の共同設立者ディック・デメナス氏は、1984年に2500ドルで初代Macを購入。計1000ドルかけてフロッピードライブやメモリーをアップグレードしたが、初代Macはオリジナルのままの方が収集品としては価値があるので、今は後悔しているという。
その後間もなく、アップル製品はデメナス氏にとって仕事の一部となったため、個人としての購入は1986年ごろに3500ドルで手に入れたMac XLが最後となった。
◎「アンオフィシャル・アップル・ウェブログ」のエディター、マイケル・ローズ氏の場合・・・1万─2万ドル
学割を使って2780ドルで初めてのMac(IIsi)を購入したというローズ氏は、「ばかばかしいほど高かった」と当時を振り返る。プライベートではその後、妻に薄型ノートのMacbook Airをプレゼントしたほか、iPad、iPod、iPhoneを購入した。
◎「マックサムライ・コンサルティング」のオーナー、ローリー・ダンカン氏の場合・・・少なくとも7万5000ドル
Power Mac G4 Cubeのファンサイト(http://cubeowner.com)の設立者であるダンカン氏は1991年、フリーペーパーで中古のMac Classicを1200ドルで購入した後、メモリーを最大にするために1100ドルを費やした。
その後、Mac Portableを経て、PowerBookのユーザーになった。過去10年間はアップグレードのために毎年約6000ドル、計6万ドル以上は費やしてきたとし、「一時はiPodを12台持っていた」と語る。
◎芸能サイト「TMZ.com」のデジタル責任者、ジョシュ・フルーリンガー氏の場合・・・約1万5000ドル
専門の記者でありエディターでもあるフルーリンガー氏にとって「初めてのMac」は中古のApple IIeで、2500ドルで購入。新品だと当時5000─6000ドルはしたという。
その後、Mac SE、PowerBookを経て、Macbook Proに至る。iPhoneは新機種が出るたびに300ドルを払ってアップグレードしてきたほか、複数のiPodを所有。初代iPodはカーステレオの一部としていまだに使用している。また、WiFiのAirMac Time Capsule(1台300ドル)とAirPort Express(1台100ドル)をそれぞれ2台ずつ購入している。
◎アップル・コレクターのクリスチャン・ブレイディ氏の場合・・・少なくとも1万5000ドル
ペンシルベニア州立大学シュレイヤー・オナーズ・カレッジの学部長であるブレイディ氏は、1989年か1990年製のMac SEを初めて購入。その後、大学院で使用するため、夏のアルバイトの全給料3500ドルをはたいてPowerBook 140を入手。以降も学割を利用するなどして多くのMac製品を購入した。
同氏のオフィスには10台以上の旧モデルが残されており、その大半が今でもちゃんと動くという。
◎アップル・ミュージアムの設立者、マーク・アルバー・ペック氏の場合・・・約2万3500ドル
キュレーターのペック氏は、14歳だった2004年にビンテージのアップル製品などを収集し始めた。ほとんどが無料だったが、計約3000ドルを投じてLisaと初代Macに投資したという。
現在23歳でプロの写真家となった同氏はこれまで、ハイエンドなノート型PC6台、iPhone4台を購入している。また、ハードウエアのコレクションは200点以上に上るという。fullrss.net]]>


[27日 ロイター] -フィギュアスケート女子の元米国代表選手、ミシェル・クワンさんの夫で弁護士のクレイ・ペル氏(32)が、ロードアイランド州の知事選に民主党候補として出馬する意向を明らかにした。
ペル氏のウェブサイトには、「クレイ・ペルを知事に」とのメッセージとともに、夫婦の写真が掲載されている。ペル氏の祖父は元上院議員の故クレイボーン・ペル氏。
ペル氏は出馬について28日に正式表明する見通し。同州の民主党予備選は9月に行われる。fullrss.net]]>


[ロンドン 28日 ロイター] -英議会の公会計委員会は28日に公表した報告書で、バッキンガム宮殿の改修が進まないなか、英王室の支出が予算を上回っているとして批判した。
築300年を超えるバッキンガム宮殿は1949年以降、電気配線は変わらず、ボイラーも60年間同じものが使われているほか、アスベストの除去が必要であるなど老朽化が進んでいる。
報告書は、議員と王室の会計担当とのやりとりも掲載。そのなかで、野党労働党議員が「倒壊しそうな環境に住みながら、作業が行われているというのか」と尋ねると、王室の担当者は「倒壊していないことは明らかだ」とやり返す一幕も。また別の議員が「バッキンガム宮殿の正門を抜ける石造りの壁が落ちてくると説明された」と発言している。
一方、報告書は王室の年間支出が2012年─13年予算の3100万ポンド(約52億8300万円)を230万ポンド上回っており、その差額を補うため、積立金に手を付けなければならなかったと指摘。王室と財務当局に対し、経費削減努力に一段と取り組むよう求めている。fullrss.net]]>

[米メイン州グレイ 28日 AP] 凍えるような寒さも彼女を止めることはできなかった。金曜日の朝、アビゲイル・カインさんは産気づいて病院へ向かおうとしたが、結局、自宅の私道で出産することになった。冷風の影響で体感温度はマイナス25℃まで冷え込んでいた。

2度目の陣痛の後、彼女はこの場で産まざるを得ないと心を決めた、と父親のスティーブ・ブロニッシュさんは『サン・ジャーナル』に語っている。彼女は車のドアを開け、座席にもたれかかって、体重およそ3317グラムの健康な女の子ダニカ・アンマリー・カインさんを産んだ。

アビゲイルさんの夫は家の中で病院へ持っていくバッグを用意していたが、赤ちゃんの泣き声を聞いて外へ出てきた。

この夫婦には2歳の息子がおり、彼が救急車を呼んだ。母親と新生児は病院へ連れていかれた。

「外は極寒で助けも無かったのに、まったく驚くべきことです。嬉しいですね」と、ブロニッシュさんは語った。fullrss.net]]>


[ロンドン 28日 ロイター] -赤ワインの消費量で、中国がフランスとイタリアを抜いて世界一になったことが分かった。ワインと蒸留酒の業界団体VINEXPOが28日発表した。
同団体は、ロンドンを拠点とする酒類調査会社IWSRが発表した統計を基に各国のワイン消費量を集計。その結果、2013年に中国で飲まれた赤ワインは、ボトル換算で18億6500万本、9リットルケース換算では1億5500万ケースとなり、5年間で消費量が136%増加したと明らかにした。
中国で赤ワイン消費量が急増している理由について、VINEXPOのギヨーム・ドゥグリーズ新専務理事は、赤い色が好まれる文化的背景があると説明。「中国では赤は幸運の色で、白は死の色だ」と述べた。ただ、中国のワイン市場が成熟するにつれ、白ワインとシャンパンの消費量も伸びることを見込んでいるという。
VINEXPOによれば、ワイン全体では、米国が2011年から世界最大の市場であり続けており、2017年までに消費量は3億8500万ケースに達する見通し。fullrss.net]]>


[ミルフォード(米コネティカット州) 28日 ロイター] -米コネティカット州のマロイ知事は28日、今年の夏までに医療用マリフアナの販売が同州で開始されると発表した。
マリフアナは米連邦法では違法だが、医療目的の使用については、コネティカット州を含む20州と首都ワシントンで認められている。
記者会見したマロイ知事によると、マリフアナを販売する業者は4社選定された。また、同州の医療マリフアナプログラムで使用が認められた患者は、これまでに約1700人に上っているという。fullrss.net]]>


[ミラノ 28日 ロイター] -イタリアの高級ブランド業界団体アルタガンマとコンサルティング会社ボストン・コンサルティング・グループが実施した調査によると、世界の高級品消費は2020年までに年間8800億ユーロ(約124兆円)となり、現在と比べて20%以上増える見通し。
高級品を購入する消費者の数は、現在の3億8000万人のから2020年には4億4000万人に拡大するという。
調査は、20カ国以上で実施した消費者インタビュー4万件の結果に基づいている。
高級品市場の中核である「コア」消費者による自動車を除く高級品の年間平均消費額は1万ユーロで、市場の40%を占めている。
調査によると、新たなコア消費者のほとんどが中国から生まれる一方、米国、欧州連合(EU)、日本など成熟市場では、約100万人がそうした消費を大幅に手控えることから、関連企業の売上高が40億ユーロ程度圧迫される見通し。
調査では約70%の消費者が、職人技の価値や品質などが高級品の購入で最も重要な要素と回答。また、80%以上の消費者が製品の生産国を確認していることが分かった。fullrss.net]]>


[香港 28日 ロイター] -中華圏では31日に春節(旧正月)を迎える。香港の風水師によると、午年の今年は「火」と「木」の要素に象徴され、紛争や災害などが発生する可能性があるという。
風水では、自然界の森羅万象は、「木」「火」「土」「金」「水」の5種類の要素から成ると考えられている。
世界中に生徒がいる風水師レイモンド・ロー氏は、今年は「火」のエネルギーが強く、「木」がさらに「火」を勢いづかせるという生産的なサイクルだと指摘。また、「今年の午年は『陽木』に当たる」とし、午年と陽木の組み合わせは、60年周期でめぐっていると述べた。
この組み合わせの年には国際紛争が起こる歴史がある。今から60年前の1954年にはディエンビエンフーの戦い(第1次インドシナ戦争)があり、その60年前の1894年には日清戦争が始まった。
別の風水師AlionYeo氏は、特に2月、5月、8月に混乱が起こると予測。その上で「最大の懸念は、釣魚島(日本名・尖閣諸島)をめぐる日中の摩擦だ」と述べた。
一方、「火」の要素は市場心理を好転させ、株価を押し上げる可能性があるという。風水師のライ・ホンファイ氏は、なかでも木に関連する業界が好景気となるとの見方を示した。fullrss.net]]>


[ダラス 28日 ロイター] -米テキサス州在住の女性が16歳になった誕生日を祝って人生初のスカイダイビングに挑戦したが、高度約1000メートルの上空でパラシュートに異常が発生し、地面にたたきつけられるというアクシデントがあった。命に別状はないという。
九死に一生を得たのはマッケンジー・ウェシントンさんで、家族が28日に現地テレビ局に語ったところによると、骨盤や椎骨、肋骨を折るなどして病院に運ばれた。
テキサス州ではスカイダイビングができるのは18歳以上となっているため、ウェシントンさんは16歳でも飛ぶことができるオクラホマ州まで出向いたという。
現地で6時間の訓練を受けたウェシントンさんは、小型機に乗り込んで空に向かい、先に飛び降りて無事着地した父親が見守る中、生まれて初めてのスカイダイビングに飛び出した。
父親のジョーさんはダラスのテレビ局NBC5に対し、「万が一に備えて娘より後に飛びたかったが、飛行機と人間の重量の関係で自分が最初、娘が最後になった」と語った。
パラシュートは飛び降りてから約2秒後に出てきたが、ウェシントンさんはらせん状態で落下し、草地の地面に激突したという。スカイダイビング運営会社は、異常が起きた原因はまだ明らかになっていないとしている。fullrss.net]]>

[ダカール (セネガル) 28日 AP] コートジボワール共和国の森に棲息するマルミミゾウが、環境保護団体によって別の場所に移動させられている。彼らは象に鎮静剤を打ち、クレーンでトラックに積んだ。こうした試みがアフリカの森林で行われるのは初めてのことだという。

コートジボワールは象と切り離せない国だ。サッカーの代表チームの愛称も「レ・エレファンツ (象) 」という。国章にも象がはっきりと刻まれている。そもそも国の名前からして、かつて栄えた象牙貿易にちなんだものなのだから、この西アフリカの国にとって象は極めて重要な存在である。

コートジボワール当局は、国内の森林に野生の象が何頭棲息しているかについて、最近は公式な調査にもとづく数字を発表していない。しかし環境保護運動家たちは、もう2~300頭しか残っていないと主張している。近年、中央アフリカでは、野生の象は密猟によって激減してしまった。

国際動物愛護基金によれば、今回の計画の対象となった象たちは、おそらく2010年から11年の選挙後の暴力に関係する人口移動の影響で、マラウェ国立公園から出ていかざるを得なくなったものとみられている。今週、同団体はダロアの町の外で象に鎮静剤を打ち、箱の中に入れて、自動車で10時間の南の海岸沿いにあるアサグニー国立公園へ運びはじめた。

10頭余りの象は2年前にダロアの近くにやって来て、町を荒らし、作物を台無しにして、2人を殺した。そのうちのひとりは小さな少年で、たまたま子象と出くわしたことから母象に攻撃されてしまった、と国際動物愛護基金は述べている。
同団体によれば、今回移動させられる象の中には子象が1頭いた。月曜日、集まった人々に見守られるなか、象たちは大きなトラックに積み込まれた。

マルミミゾウはアフリカの東部および南部に棲息するアフリカゾウよりも小さい。マルミミゾウはアフリカゾウに較べて耳に丸みがあり、牙はまっすぐで、中央アフリカ共和国からリベリアに広がる密林を縄張りにしている。

国際動物愛護基金のフランス語圏アフリカ局長セリーヌ・シスラー・ビアンヴニュは、象はコートジボワールの国の動物として大切にされており、政府から問題解決のための協力を求められた、と語った。
「この移住計画は、動物と人間の両方の安全と健康に貢献し、保護に関する大きな問題を解決します」

同様の計画はアフリカ南部のアフリカゾウでも試みられている。しかし今週まで、西および中央アフリカのマルミミゾウでは例が無かった、とワシントンD.C.に本部を置く国際動物愛護基金は述べている。

森林での見通しの悪さが象の危険性をさらに高め、象をみつけて近寄ることを難しくしている、とシスラー・ビアンヴニュは言う。
国際動物愛護基金によれば、今回のダロア近辺の象の移動には、およそ1週間の期間と25万ドル (およそ2580万円) の予算がかかったとのことだ。fullrss.net]]>

 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。